想定通りに行かないから迷走するのだ

うちの店も今年の7月で2周年だった訳ですが、おかげ様で今はやっと順調な感じです。
それまでは支払いができるかできないかの瀬戸際なんてこともあり、ものすごく憂鬱な時期もありました。
もう、2周年を迎える直前までは、そんな感じでしたよ。
今はね、だいぶ余裕が出てきました。
今年の店主の収入は、やっとサラリーマンの平均年収並みになる予定です。
去年一昨年と、2年連続で所得税免除されたくらい収入なかったのよ、40代のオジサンが、子供もいるのに!
この感じだと、やっと来年からは開業の時の借金を返し始められそう。

思えば、ここまで店の営業内容は迷走を極めて来たなぁと。
今は、平日はセッション、休日はライブ、みたいな感じで統一させつつあるんだけど、つい最近までは何の店かよくわかんない感じだったからね。
開業当時は、こういう店にしたい、こういうことをやるんだ、って色々と想定していた訳です。
それらの多くが、結局実現せずに方向転換を余儀なくされました。
つまり、今の店の状態は、最初に思い描いていたのとは違う姿なのですよ。

まず最初は、常連客でにぎわっている飲み屋で、そこにステージがあって、次世代を担うであろうミュージシャンが出演していて、お客さんもそのミュージシャンを応援する、みたいな営業内容を想定しておりました。
営業の主体は、あくまでも「飲み屋」「ダイニングバー」って感じで、一般客が普通に流れ込んで来ることを想定し、年度の変わり目や年末年始は宴会がたくさん入って、その宴会をやっている前でミュージシャンのステージもやってる、みないなね。

店の名前は「JAM SESSION」だけど、平日はセッションをやる予定なんかなかったんですよ。
土日祝日に貸し切りでセッションやライブが入ればいいと。
店主の想定だと平日は、クオリティの高いミュージシャンが常にステージをやっていて、お客さんはそれを目当てに飲みに来る!みたいなね。

でもね、全く想定通りにはなりませんでした…。

まぁ、店の入り口のところの説明書きとかがわかりづらかったっていうのもあるかとは思いますが、ステージがあるということは、一般のお客さんはもう入って来ない訳ですよ。
「飲み」に来るお客さんは、ステージなんかないお店をお望みなのです。
ステージがあるということは、そのステージがあることを好む特殊な人しか呼び寄せず、一般の人を追い払ってしまうのでした。

それでも、前からの音楽仲間が来てくれました。
音楽仲間なら、音楽のことを理解してくれるはずだと、次世代を担うミュージシャンのステージを喜んでくれるはずだと、思ったんです。
でもね、自分が演奏したい、他のヤツの演奏なんか観たくない、という人がほとんどだったんですねぇ(苦笑)。
その中の誰かは知らないんですけど、別のところで、「あそこの店は聴きたくもない音楽を聴かされて、ミュージシャンにチップを払わされる」などと不満をもらしていたそうです。
ガッカリですね…。

まぁ、みんな結局は、自分が演奏したいんですね!
ということでうちの店は、お客さんが演奏したい願望を満たせる営業内容に方向転換した訳です。
店名の通り、平日はジャムセッションできる店、ということで統一しつつあります。
で、土日祝日はセッションを減らして、貸し切りライブを中心に営業しております。
2年経って、その方向で決まりつつありますよ。
IMG_5575

最初の想定とは、全然違う訳です。
ビジネスは、何が当たるのか事前にはわからないものです。
だから、当たるかな?と思ってやってみて、ダメだったら改善、方向転換して、当たるものが見つかるまで試し続けていかないといけない訳ですよ。
前にもブログで書きましたけど、営業内容を間違えている経営者に対して「信じて貫けば必ず報われるよ」的な、あまりにも無責任な激励をしている人がいたんですが、それは絶対に違うから(笑)。
間違っているものは、修正しないとダメ。
その修正の結果、うちは想定とは全く違う形になりました。

ある人に、「たまたま来たお客さんで、店の方向は決まるから。何が当たるかはわからない。」とアドバイスされたんですが、まさにその通りでした。
あとにも先にも、これ程適切なアドバイスを受けたことがありません。
あの人は、すごい人だ!
そう思ってます。

そう思ってますよ、飯原けいせいさん(笑)!! 

やはりオレはもってなかった…。

不幸は重なるものです。
不幸と言うか、不具合と言うか、不運と言うか…。

8月の暑い最中、店のエアコンの調子が悪かったんですよ。
2機あるうちの1機が、途中で止まっちゃうんですよねぇ。
でも、しばらく電源切っておくと復活するので、まぁ涼しくなってエアコン要らなくなったらメンテすればいっかなぁ、って思ってたのね。
うち、夏は暑いからエアコン必要だけど、冬はあまり要らないんですよ。
だから稼働が少ない時期が来るまで待とうと思ったの。

そしたらなんと、先週の土曜日から頻繁に止まる様になっちゃって、お客さんが30人もいるもんだから、暑いとか言われちゃってヤバかったんですよ。
そして更にその翌日の日曜日は40人弱のイベントだったんだけど、もう暑い暑いと言われましてねぇ…。
エアコン調子悪いんすよ〜、って切り抜けられるレベルじゃなく、マジで「あの店もう行かねー」とかなってるかもっつーくらい、暑かったっす。
んで、もういよいよこりゃダメだなとメーカーさん呼んで、本日応急処置。
今後のメンテで改善できるんだけどね、修理とメンテと合わせて痛い出費ですよ。
IMG_5640

そんでね、話はこれで終わらないのですよ…。

エアコンヤバい、ってなってるのと同時に、なんと、厨房の冷凍庫が止まってるよ、オイ…。
この店に入居した時に新品で買ったこいつも、2年経ってへそを曲げやがりました。
中のもの解けました。
電源入れたり切ったりした結果、今現在は動いてますが、こいつもメーカーさんのメンテ呼ばないとダメなのかなぁ。
居抜きで入った時に始めからあった冷蔵庫たちはみんな元気なのに、なぜ新品で買ったあなたが具合悪くなるのよ…。

そしてさらにね、うちに2台あるRoland JC-120のうち、以前に修理した1台が、また同じ症状でダウン…。
なんで一度に全部来るんだーーーーー!!!!!!!!!
JC-120は需要が高く、お客さんも同時に2台使うことがよくあるので、どぎゃんかせんといかん。
一応いつもの方に診てもらえる様に頼んではみたものの、やはりこやつはもう限界なのかも。
今、何故かヤフオクは何でも安値なので、新たなJC-120を買ってしまうのも手なのだが、今まで騙し騙し使ってた諸々の機材の入れ替えの時期が来ていて、ギターアンプヘッド、ベースアンプヘッドとキャビネット、を買ったばかりなんですよね。
ここでまた買うとなると、もういくら金かかるんだよと…。
開業の時に借りた借金も全く返せてないのに、ほんと金がドンドン飛んでゆく(泣)。

まぁ1つ勉強になったのは、中古楽器は買う時は安くていいけど、その分寿命が短いのね、ってこと。
当たり前だと思ったろ?
当たり前だけど、機材を揃えなきゃいけない経営者側は、安い方がいいと思う訳よ。
だからヤフオクとにらめっこで、お買い得なヤツを選びたいのですよ。
で、結果、ヘビーに使って時間が経つとこうなる。
新品で買ってりゃ、メンテや修理はまだ先だったろうに…。

店始めた時はね、機材のメンテ代として月に50,000円くらい考えとかないとな、とか思ってたのですよ。
でもいざ経営を始めてみると、思う様に利益が出ないからメンテ代なんて計上できない訳です。
もう、月々の支払いが間に合うかどうか、っていう戦いです。
でも、今後はやっぱりメンテ代をちゃんと確保していかないと、ダメなんだろうなぁ。
機材あっての、うちの営業ですからね。

ちなみにこの度入手したベースアンプの上下がこれです。
IMG_5641
ampeg SVT-2PRO と、ampeg SVT-810Eです。
アンペグ、みんな使いたいかなぁと思って(笑)。
前のハートキーのヘッドもあるから、お好みで選べますよと。
アンペグとハートキーがあれば、ほとんどのベーシストは納得でしょ。
ギタリストにとってのマーシャルとJC-120みたいなもんだからね。