アーティストはいかにして事務所と契約をしたのか。その決め手は? 〜アーティストとの契約時エピソード〜

プロミュージシャンを目指す人は多い。
貧乏生活に耐え、明日のスターを夢見てステージに上がる。
 
しかし残酷にも、スターダムにのし上がれるのは、ほんのごく一部だけ。
 
多くは、デビューすらかなわない…。
 
 
 
デビューする、ただそれだけでもかなえたい、そう思っている人も多いはず。
スターダムなんて望まない、人に認められて世に出たい、ただそれだけを切に願っている。

一発屋でもいい、三流で終わってもいい、ただただ、認めて欲しい。

 
 

なのに、認めてもらうことすらできない人がほとんどなのが、音楽業界。

どうすれば認めてもらえるのか??
自分には何が足りない?
何が必要?

そんなことを自問自答していても、答えにあたるのはかなり難しい。
だって、経験も知恵もないんだから。

 
 

P1010006.JPG
そんなみなさんのお悩みに応えるトークイベントを、開催しちゃいます。
どうしたらいいのか、選ぶ側の人たちに聞こうじゃないですか。

業界の人たちに、何が必要なのか、どうすればいいのか、何を見られているのか、ガチの答えを聞いてみましょう。

 
 

世に出るには、「大人」の力が必要です。
バイトして稼いだ金では、世の中には出られません。

宣伝広告費、ノウハウ、人脈、営業能力。
これらは、業界の誰かに認められないと、使うことができないんです。

これらがなくても、戦えると思いますか?

 

無理です。

 

武器を持たずに、戦術も知らずに、物資も届かない中、戦争に行く様なもんです。

音楽業界もしのぎを削り、アーティストの売り出しには必死です。
そこにあらゆるものがつぎ込まれているのです。

なのに、予算もノウハウもない素人が、勝てるはずはないんです。

 

だから、レコード会社や音楽事務所に、まず認められましょう。

認められるには、何をどうしたらいいのか、それを聞こうというのが、今回のトークイベントです。

ミュージシャン育成的なブログやメルマガもありますが、それらをやっている人たちは必ずしも業界の人ではありません。

どちらかというとネットで稼ぐプロ、であって、業界で働いているプロではない可能性が高いです。

 

プロの世界では実際はどうなのかは、やはりプロに聞いてみるのがもっとも参考になると思います。

 

音楽事務所やレーベルの担当者は、アーティストの何を見て「この子ならイケル」と思うのでしょうか?

演奏能力?
曲?
外見?
オーラ?

それとも、人と也?

 

私(村田:JAM SESSION経営者)も、どうしたら売れるミュージシャンになれるのか、それがメジャーレーベルデビューじゃなくても、どうしたら人々の目に留まる様な、ファンを獲得できるミュージシャンになれるのかを、見聞きしたことやマーケティングの観点からまとめてみたこともありました。

ただあくまでもライブハウスレベルの話であり、私自身はメジャーの世界を知らないし実際のメジャーの現場で起きていることはわからないので、憶測でしかありませんでした。

私自身も、どうしたら上に上がっていけるのかを、知りたかったんです。

 

だから、自分の人脈の中で、業界の人にたまに聞いていたんです。

「あの子、どこがよかったんですか?
何を基準に、あの子を選んだんですか?」

私自身、とても知りたいのです。

 

そんな話をしていたら、このトークショーの実現に至りました。

 

ある人は「その子の発しているものを見ている」、ある人は「ライブを観てときめくかどうか」と言いました。

その担当さんによって見るところは違うのだろうが、どこかに根源でつながる大事なことがあるはず!
どうしても聞いてみたい、そんな願望を実現する時が来ました。

ここを読んでいるみなさんも、知りたいはず。
なぜなら、私もこんなにも知りたいのだから。

 

今回は、キャプテン和田誠、村上克文(Poppin Records)、山本香苗子(A-Line Music)、矢部敦志(絵夢株式会社)、清水彰彦(ソニーミュージックエンターテインメント)など、メジャーレーベルの現場で経験を積み、現在もプロデューサーや各会社の代表などとしてプロの現場で働き続けている各氏をパネリストとしてお呼びし、私(村田)が色々と聞いていきたいと思います。

  

各氏にお聞きすることで、初めて知られる様なことも多いでしょう。
なぜなら、こういったことがつまびらかにされる機会というのは、今までほとんどありませんでしたから。

でも、多くの人たちが望んでいたはずなんです。

待望のイベントです。

 
 
 

アーティストはいかにして事務所と契約をしたのか。
その決め手は?
〜アーティストとの契約時エピソード〜

日程 6月30日(木)
時間 19:00開場 19:30開演
入場 2,000円(1ドリンク付き)
場所 御徒町JAM SESSION
   山手線御徒町駅から徒歩3分
   文京区湯島3-40-11 オレンジビルB1

要予約
ご予約はメールにてお願いいたします。
お名前と当日連絡のつくお電話番号をお教えください。
名称未設定 1

<パネリスト紹介>
キャプテン和田誠
『爆音!BAKU-ON.ca』プロデューサー、『Q.C.F』アドバイザー
担当アーティスト:BRIDEAR

村上克文 
Poppin Records代表 プロデューサー
担当アーティスト:Rie a.k.a. Suzaku 他

山本香苗子 
(株)A-Line Music代表取締役  プロダクション・レーベル経営
担当アーティスト:Vorchaos Amiliyah 他

矢部敦志 
絵夢株式会社
キングレコード、キティ、バップ、マーキュリーミュージック、BMG~アリオラ、等の レコード・メーカーで一貫して制作畑を歩む。
J-POP、テクノ、アイドルの他、アニメ音楽やアニメ製作にも数多く携わる。
海外レコーディング現場では、現地でアーティストとの契約書を取りまとめるなどの貴重な経験も多数。
現在は絵夢株式会社にて、アニメーションのプロデュースを担当。

清水彰彦(しみずあきひこ)
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント監査役
1980年CBSソニー(現ソニー・ミュージック エンタテインメント)入社。
エピック・ソニーに配属され、洋楽の制作・宣伝を担当。
1990年以降国内制作に転じ、東京パフォーマンスドール等を担当。
その後、ソイツァー・ミュージック、キューン・レコード、ブルーワン・ミュージック で制作、音楽出版、マネージメント等に従事。
2012年株式会社ソニー・ミュージックダイレクト代表取締役社長を経て、 昨年から現職。

Top