民主制なんて要らない

民主制なんて、要らないです。
要らないどころか、むしろ害悪でしかない!!

 

なんて言ったら、北朝鮮に行けとか言われてしまうんでしょうか(笑)?

民主制が要らないというのは、なんの話かというと、バンド内の話です。

 

店主個人の意見に過ぎないので、許して下さいね!

 

バンドって、メンバーみんなの意見を聞いて、民主的にやろうとする人いるじゃないですか。

それが、ろくな結果を生まない、って思うんです。

 

バンドはどうあるべきかというと、中心人物の強烈な個性と魅力とエゴがあって、他のメンバーはそれを形にする役目を担えばそれでいい、と思うんです。

 

まぁ、例えばですけど、いいボーカルがいて、その人の魅力を引き出すことがバンドにとっては大事なんです。
その人のやりたいことを、みんなで支えて実現する、みたいな裏方仕事が求められているんです。

 

船頭多くして船山に登る、って言いますよね。

複数の意見を聞いていたら、物事は進まんのです。
バンドは、独裁制でいいのですよ!

 

と、思うんです。

 

民主制の何が悪いかっていうと、バンドの方向性が決まらないことがある、っていうことなんです。

ありがちなんですが、メンバーそれぞれのやりたい曲を出し合うと、B’zやって、ビートルズやって、ミスチルやる、みたいな、何をやりたいかわからないバンドになってしまうんですよ。

 

そういうバンド、実際にいます。

一貫性がない。
観てる方はかなりつまらない。
だから集客もできない、みたいな。

まぁ、初心者レベルのコピバンの話ですけどね。

 

こなれた人たちのバンドでもこういう感じの人たちがいて、それって観る方にとってはわかりづらいし、観たいと思ってもらえないんだろうなぁと思うんですよ。

 

美味しいカレーを求めてカレー屋に入ったら、餃子も寿司もピザもやってます、みたいな店だったら、え?って思いますよね。

美味しいカレー、期待ですないですよね?
そんな店、あまり入りたくないですよね?

 

なので、バンドは独裁制で行きましょうよ!

船頭は1人でいいのです。

 

でね、さらによろしくないのが、まぁ民主制そのものではなく、平等みたいな観念によって起きる大事故です!

どんな事故かって?

それは、メインのボーカルさん以外のメンバーに華を持たせるために、歌わせちゃうっていう事故です(笑)。

 

メインのボーカルさんだけで、いいんですよ、歌うのは!
つくづくそう思っています。

平等に華を持たせなくていいんです。

その人が歌うことで、観ているみんながガッカリするんです。
これ、大事故ですよ!!

歌が上手いならいいんですが、そうじゃないならもうやめて!!

 

ってことをね、日頃から思ってるんですよ(笑)。

 

平等って、全く大事じゃないんです。
一つの目的のために、不平等や独裁は、必要なんです。

JAM SESSIONとはどういう店なのか

どうも、店主の村田です。
この度は、改めて店の紹介の文章を書いてみました。

自分がなんで店やってるのかなぁ、なんでセッション主催しているのかなぁって、改めて考えたんですよね。
そして、得た結果を書きます。

なぜ店をやっているのか、なぜセッションをやっているかというと、それは自分が楽しかった体験をみんなと共有したかったんだなって、わかったんです。
自分がいい思いをしたから、だからみんなにもこれどうですか、っていうことです。

僕は20代の時にセッションに出会いました。
当時とある社会人向け音楽サークルに、参加してみたんです。

それまであまり音楽活動もせず音楽とドンドン離れていってしまっていたのですが、そのサークルに参加するようになって一転、音楽友達を作って楽しかったし、音楽的にも成長できたし、セッションがきっかけで音楽の仕事もいただける様になったんです。

自分にとっては、とてもいい経験でした。
楽しかった経験。

これが、自分の原体験ですね。

そして、30歳になる直前に、そのサークルとは別で自分でセッションのサークルを立ち上げたんですよね。
それが18年続いてます。
自分がいい思いをした分、これを人にも味わって欲しかったんです。

そんな、純粋に「提供」している立場だったから、サークルも盛り上がったし、立ち上げるセッション(沢山セッション主催してました)も軒並み成功したんです。

それが40代になって、自分が店の店長(前職はとあるライブバーの店長)という立場になり、音楽活動がビジネスになってしまったんですよね。

そうなると、自分では意識してなかったので気づいてなかったんですが、なんだか最初の志というか、元々の目的とは変わってきてしまったんですよね、やってることが。

さらに独立して自分が経営者になると(JAM SESSION 開業)、もうみんなのために何かを提供できる時間も労力も残っておらず、ただサークルやらセッションやらをやってお金を稼ぐだけになってしまったんです。

これはさすがに、よくなかったですね。
もう、なんのためにやってるのか、意味不明です。

自分の生活のため??

自分の生活のためだったら、サークルじゃなくても、セッションじゃなくても、いいじゃない。
もっと稼げる仕事は、いくらでもありますよ。
むしろ、ライブバーなんてやめてもっと違う店にするか、就職してサラリーマンになるかした方が、確実に稼げます。

でも、やっと気づいたんです。
自分がなんで店やってて、なんでセッション主催しているのかってことに。

僕は元々、みんなに仲間を作れる場を提供したかったんです。
そして、音楽的に成長できるセッションを提供したかった。

だからかつては、持ち出しをしても、時間を犠牲にしても、サークルとセッションを頑張ってこられたんです。
その結実が、今の店なんですよ。

だから本来は、その目的のための店なんです。
なので、改めて、それを提供することを意識することにしました。

「仲間に出会える」
「ステージで成長できる」
 

これです。

このコンセプトを持って、これからの店作りをしていきます。