JAM SESSIONのセッションについて

JAM SESSIONでは、平日を中心に月イチの定期セッションを開催しています。
第何何曜日は〇〇セッション、といった感じで、毎月同じセッションをやっています。

このセッションって、何なの?
というところから、説明していきましょう。

このホームページを訪れている人は、原則、セッションというものが何かがわかって来ているのでしょうから説明は必要ないかとは思いますが、いまいちわかってない人や、全くわかってない人もいるかも知れないので、説明しておきます。

セッションって、正式には「ジャムセッション」のことです。
そう、うちの店の名前が「JAM SESSION」ですが、まさにこのジャムセッションのことから名付けました。

この「ジャムセッション」、日本では「セッション」という言葉で意味が通じますが、セッションの本場アメリカでは「ジャム」と言わないと通じません。

ジャムっていうのは、アフリカ由来の言葉でして、まさに、音楽をみんなで楽しむといった様な、そんなニュアンスの言葉だった気がしましす(笑)。

つまり「ジャム」こそが、このジャムセッションの意味の部分なんですね。

うちの店でセッション、といえば、知らない人同士がステージに上がって、一緒にできる曲をにわかに演奏して楽しむ、的な意味です。
ジャムっていう言葉は、そういう意味の言葉なんです。

そのジャムをする時間、空間、シチュエーションが、ジャムセッション、ということなんです。
英語の「セッション」という言葉を調べると、わかると思います。

つま〜り、ですね、うちの平日のセッションに来るお客さんというのは、みなさん楽器経験者とかバンドマンとか、ってことです。
すでに色んな曲を知っていて、「あの曲できる?」に対応できる人たちです。
そういう人たちが集まって、お客さん同士でステージで、曲を楽しむんです。

もちろん、その場で曲を決めるのがセッションの基本ではありますが、「決め曲セッション」という部類のセッションは、事前に参加予定者が決まっていて、リクエストにより曲も決まっていて、誰がどのパートを弾くかも決まっています。

うちの平日のセッションは、その場で曲を決める普通のセッションと、事前のリクエスト曲とが、入り混じっています。

ただ、セッションによっては完全に決め曲セッションとなっていて、宣言なしに当日店に来られても、演奏には参加できない場合があります。
ので、要注意!!
今のところ、第四金曜日の「昭和歌謡セッション」と奇数月第二日曜日の「コレアルROCKセッション」は、完全に決め曲セッションです。
これらは、ボーカルは全部事前に決めていますので、エントリーなしには演奏に参加できません。
楽器隊は若干の空きがありますので、当日参加でも演奏できることもあります、という状況です。

なお、「演奏」云々というと、ボーカルはダメなんですか、とか超絶面倒くせーことを言ってくる人がごくごくごく稀にいますが、歌うのも楽器の演奏も全部まとめて「演奏」と言っているだけです。
歌で参加するのもセッションですから、こういう面倒くさいことを言ってこないで下さいね(苦笑)。

そして、JAM SESSIONのセッションは、どんな感じなのか、とか、どの様に参加したらいいのか、っていう質問をよく受けます。

前述した通り、基本はその場で曲を決める普通のセッションと、事前のリクエストと、混ざった感じになっています。
なので、全曲が「決め曲セッション」になっていないセッションでしたら、来てみたら演奏に参加できるのが普通なので、意を決して飛び込んできて下さい。
事前のエントリー、事前の参加宣言なしで、大丈夫です。

どんなパートの人がいますか、とか聞かれますが、それはその日にならないとわかりません。
来るお客さん次第です。
とにかく、来てみること。
こちらもわからないんです。

楽器は、お店にあります。
手ぶらで来ていただいて、大丈夫です。

が、常連さんは、自分の楽器を持ってこられる人も非常に多いです。
やはりご自身の楽器じゃないと、弾きにくいっていうのがあると思いますので。

このホームページのスケジュールを見て、来るセッションを選んで下さい。
Facebookをやっている人は、Facebookにイベントが立ち上がっているセッションがほとんどですのでそこでチェックしてもらいたいのですが、残念ながらこのホームページからのリンクは、ほとんどのセッションで、ありません。
なぜなら、毎回のイベントごとにリンクを貼っていられないから、です。

そのセッションがグループなりページなりを作ってあって、そこにイベントを立ち上げている場合は、ここのスケジュールからリンクが貼ってあります。
グループやページを作ってないセッションは、リンクを貼っていません。

このセッションによる状態、扱いの違いというのは、誰がセッションの主催になっているか、によるんです。
うちの店で主催しているセッション、外部の誰かが主催しているセッション、の両方があります。
外部の人が主催している場合は、そのやり方はお任せしているので、セッションごとに状況が違ってきます。

ということです。

ただ、どのセッションもほとんどが、月イチの定期セッションです。
第何何曜日は〇〇セッション、と覚えておいて、参加して、主催とかホストとかと顔見知りになってみて下さい。
そうすることで、色々とお誘いがあると思います。

まずは、来てみること!!

Top