PAオペレートに対する考え方

私村田は、JAM SESSIONの店主であり、ライブの時のPAオペレーターでもあります。
うちのライブの音作りは、今のところ私の腕と頑張りで、決まります。

私が普段、PAオペレートに関して、どの様な思想を持ってどの様にしているのか、ということを説明できればと思います。

個人的には、PAオペレートって、ライブの良し悪しを左右する、結構大きな要因だと思っています。

そんなの当たり前だろ、って、思います?
本当に思います?

だったらあなたは、何ですげーテキトーなオペレートしかしていないライブハウスで、ライブをやっているんですか(笑)?
ネームバリューとか、ブランドですか?
広くてステイタスがあって、見栄を張れるからですか?
店長さんやブッキングマネージャーさんと、仲がいいからですか?
「音がいい」と、「誰か」が言っているからですか?

正直、色んな方のライブを観に、色んなライブハウスに行きますけど、まともにPAオペレートをしているところはかなり少ないです。
皆さん、まず音の良し悪しでは、出演するライブハウスを選んでないなぁ、という印象です。

まぁ、いいんです。
音じゃないなら、それはそれで。

うちなんかどれだけ音をよくしても、あんなショボいところじゃライブなんてできない、って思われていますので。
音とかじゃなく、大きい有名なところでやることで見栄を張れることの方が大事な人も、たくさんいるんです。

逆にうちは、会場も小さいし歴史もないしブランド力もない、だから、「音」という実質の部分で頑張っているし、そこで頑張るしかないのです。
楽器メーカーが、立ち上げ時には良質の楽器を一生懸命作って、売れ初めたらこれまでよりもちょっと質の低いものを大量生産して高値で売っていく、というのを想像していただければわかると思います…(笑)。

別の記事でも書いてますが、音が良くない原因は、まず、PAさんが出演者とコミュニケーションを取ってないから、ということです。

私も楽器をやります。
他店でライブもやります。

そしてそのライブの時のリハで、PAさんが何も言ってこないことが多いです。
音のバランスが悪くても、何も言ってこない…。

他の記事でも書いてますが、何で何も言ってこないと思いますか?

それは、出演者には「オレはお客様だぞ」という態度の人が少なからずいて、「ギターさん、音がデカいので下げて下さ〜い」なんて要請しようものなら反発されるから、何も言いたくないんです。

昔だったらPAさんの方が立場が上だったってこともあって(苦笑)、「下げろ」とか「上げろ」とか結構ガンガン言ってきたと思うんですけど、今は出演者が会場使用費を払って「使ってやってんだぞ」っていう時代でして、自分的には「お客様」なので、何か言われるとプライドが許さないという人が多いんですね。

だから、不要なトラブルを避けるために、音のバランスが悪くても何も言わないPAさんばかりになってしまったんです。

これじゃ、まともな音作りなんてできる訳ないんですね。

そして、人間の耳なんてかなり曖昧でして、音のバランスの良し悪しがわかる人が、割合としてかなり少ない。
だから、テキトーなオペレーションでも、みんな気づかないんです。

そして、誰かが「あそこは音がいい」と言ったのを聞いて、自分ではそれを感知できていなくても「あそこは音がいい」ということにしてしまうんですね。
ラーメン屋の行列に並んでる人のほとんどが、実はラーメンの味がわかってないのと同じ現象です。

ちなみに、これらの話って、テキトーに決めつけてるんじゃないですよ。
人間の味覚がいかに曖昧かは、色んなブラインドテストで実証されているんです。
美味しいんだよ、と事前に情報が与えられているものを、皆さんおいしいと言うんですね。

耳も、そうです。
プロからすればわかることも、そうじゃない人にはずんぶんと曖昧にしか感じられてないんだなぁ、っていうのは、いつも感じているんです。

まぁそう言ってしまえば、大事なのが音じゃないとすれば、うちの店がいかに音を良くしようとも、全く意味ないと言えば意味ないんですけどね(笑)。

ただ、私が言いたいのは、私は常に真摯に音作りをしており、そこにはテキトーにやる的な「裏切り」は絶対にないんだよ、ということなんです。
見えてなくても盗まない、的な話です。
100万円落としても返ってくる日本、的な、そういう正直さをいつでも絶対に提供しているんですよ、ということです。

まぁそれも、そんなの要らねーよ、って思われたら結局は意味ないんですけどね(苦笑)。

でね、話は何も「テキトー」だから、ばかりじゃないんですよ、音のバランスが悪い原因は。
PAさんの考え方、もしくはPAさんに指示を出している人の考え方に由来するものも、あるんです。

まぁロック系の話なんですが、ギターの音に対する考え方、っていうのが影響しています。

ロック系の曲って、ギターのリフが印象的なものが多いんですね。
バンドの中でも、ギタリストがその曲の作曲をしている割合もかなり高いので、ギターのリフから作りました、この曲はこのリフだからいいんです、っていう曲ばかりだったりします。
イントロとかも、ギターのリフがかなり重要だったりします。
このギターメインのイントロが流れれば、この曲だ〜〜、ってすぐにわかる、みたいな。

だからね、ギターの音を上げがちになるんですよ。
印象的なリフを、聞かせようとする、聞こうとする、んですね。

だから、まだギターの音量を上げられる、みたいな感じで、ギターの音を目一杯飽和させようとするPAさんとか、PAさんに指示を出している店長さんとか、イベンターさんとかが、少なからずいるんです。

でもね、ギターの音って、飽和させる必要なんてないんですよ、私から言わせれば。

歌ものの場合は、歌がメインです。
ギターは、伴奏です。
ギターのリフをしっかりと聞かせるよりも、歌がちゃんと聴こえる様にしましょうよ!

っていうのが、私の思想です。

ここを、知ってもらいたい!
村田というPAオペレーターが、どの様な思想でオペレートしているのか。

正解不正解じゃないです。
思想の違いです。
ギターの音を飽和させたい人と、歌がしっかりと聞こえなければ意味がないという私と。

イントロはね、確かにギターが飽和していてもいいんですよ。
まだ上げられる、もっとギターを上げて!!!ってのでも。

でもね、その音量のままだと、確実にボーカル消えるぜ、って話です。

そのバンドの専属のPAさんでね、どこから歌が始まるのか、どこで歌が終わるのか、曲のサイズは、とか全部把握できている場合は、イントロを飽和させてもいいんですよ。
歌が始まるタイミングでギターの音量下げればいいんだから。

でも、出演者がコロコロ変わるし、どんな曲かも把握してないし、って場合は、ギターの音量はそんなに変えられないでしょ、PAさん。
タイミングを把握してないんだから。

だから、ギターソロとかじゃない限りは、音量をそのまま放置なんですよ。
そしたら、歌が聞こえることを優先して、イントロのギターリフの音量が飽和してないのは、仕方がないよね、ってことです。
この音量のままで歌が聞こえる様にするためには、イントロのギターの音量的にちょっと物足りなくなってしまうものなんです。

ここを、もっと上げられるからギリギリまで上げる、とやってしまうと、歌がはじまった時に歌が聞こえないってことになってしまいますよね。

私も、ギタリストなんですね。
しかも、元メタル好きの(笑)。
だから、ギターのリフも大事だってわかってます。

ですが、自分がライブをやる時には歌の方が大事だって思っているので、自分のリフなんて歌の伴奏でしかないんだから、ガッツリ聞こえる必要なんて全くないって、思ってます。

その代わりギターソロは大事なので、ガッツリ音を出したいです。
そこら辺がわかってないPAさんには、伴奏は小さく、ソロは大きく、と指示を出します。

そうしないと、歌が聞こえないくらいにギターがうるせ〜のに、ギターソロ始まったらソロが聞こえね〜、ってなことになるからです(ソロの時は単音だから音量が減る)。

実際に他店で聞くのは、そんなライブだらけです(笑)。
ギターのバッキングデカすぎて歌が聞こえない、ソロは音が小さすぎて何弾いてるかわからない…。

だからさ、ギターの音を飽和させ過ぎなんだってば!!!
それに対するソロの音量が、全く足りてないんだってば。
って、自分では思うんです。
思想の違いではあるけれど。

そこら辺のバランス、皆さんどう思います(笑)?
まぁ、わからない人にはわからないから、気にもならないのかな。
私は、気になって仕方がない。

Top