MurataMakoto のすべての投稿

再開と誤解とライブハウス問題と

ここでのブログを再開しますよ。
前回が、2015年の10月だそうな。
その間、アメブロに書いたり、Facebookのページ内に書いたりしたけど、やっぱここに戻りますわ。

 
 
 

これまで書いてきた云々が、実は誤解されて伝わってた事実を知りましてね、ここは改めて説明し直さないとな、ということで書きます。

バンドさんがライブで集客するためには、これこれこういうのが必要だって書いてきたんだけど、それがどうもいけなかったらしい。

「否定」されてる、って感じる人がいるらしいと。

全バンドを対象にして否定しているのではなく、集客したいならこうしなきゃね、ってことです。
集客したくないなら、別にそうする必要はないです。
ノルマ払って観客ゼロでライブやって、それで満足なら全く問題ないです。

 
 
 

あ、ライブハウス問題、ネットでもたくさん挙がってますね。
ライブハウスは、バンドにノルマを課して儲けやがって許せない、集客はライブハウスがやるべき、バンドは演奏さえすればギャラを貰えてしかるべき、的なね。

まぁ、いちいちここでは論じません。
今回はこれが主題ではないので。

ただ、多くの人達が「ヘタクソはライブハウスでライブするな」ってなことを言っています。
店主はそんなことは言ってません。

だから、勘違いしないでね!
ワシが言っとるのではない。

ワシは、集客したいならまず上手くないと話にならんだろ、ってなことしか言ってない。

 
 
 

で、まぁうちの店の場合は「ライブハウス」ではなく「ライブバー」だから、運良くライブハウスを批判している人達の矛先からは逃れてるんだけどね。

どういうことかというと、ヘタクソはライブハウスではなく、より小規模なライブバーなどでライブをやるべき、だそうな。

ヘタクソは、うちでライブやるのは許されるらしい。
でも、ライブハウスでやるのは、ダメらしい。

 
 
 

まぁ、わからなくはない(笑)。
否定は、しないです。

うちの場合は、演奏の機会を差し上げている立ち場。
だから、使用料を払ってね、ってことです。

そんなの貸しホールと一緒だ、って批判があるけど、前にも書いた通り、貸しホールと一緒ですが、ナニか?

 
 
 

つまり、うちは色んなバンドさんに利用していただいて構わないですよ。

ただね、ライブするなら集客はしたいでしょ?
だったら、集客のために必要なことを、やりましょうよ、っていう提案をしただけなんです。

というか、みなさん集客に苦戦している様なので、多くの出演者を見ている立ち場から、こんな感じだと集客できるんじゃいですかー、的な文章を書いたまでですよ。

 
 
 

まぁ、こちらが期待する様には、人は文章をじっくりとは読んでくれないということですな。

読み流して、誤解したまま終わる。
そんなもんですわ。

だから、誤解されない様に気をつけないといけないし、誤解が生まれたなら何回も訂正していかないといけない、つーことなのね…。

 
 
 

今回は久々なので、こんなところで。

次回以降はまた、コアな話をしていければと思いますよ。

オレのことを気に入らないと思っている人たちに朗報です(笑)

今日は持病のための通院でして、いつもよりも早起きして実家の方のでっかい総合病院に行ってきましたよ。

でね、いつもなら横須賀線から総武快速乗り入れで、うちの最寄り駅から1本で行けるんだけど、なんと人身事故で横須賀線止まってまして…。
仕方ないから秋葉原まで出て黄色い総武線に乗ろうとしたら、中央線が人身事故で総武線も遅れてると…。
なんとも幸先悪い感じで始まりましたよ、本日。
まぁ、総武線の遅れはそれ程問題なくて、いつもよりも時間がかかったものの実家の最寄り駅まで何とかたどり着きました。

なんかね、もうこの時点で運の悪さの兆候が出てたよね…。

でね、駅からバスに乗った時に気づいたの。
保険証、昨日で期限切れてる…(汗)。
うわ〜、実費払いかよ(泣)。

まぁ、カードで払っちゃえば問題ないんだけどさ。

で、病院に着きました。
採血の前に、尿を取れと言われまして、トイレ行ったら個室が埋まってて、待たされることに。
こんなの待ったことないのに。
で、いざ採血。
いつもの通りに腕を差し出したらグサッと!!
「痛くないですか〜?」
「い、痛いです…(泣)」
始めての痛さ!!
ナンじゃコリャ!!!
「あ〜ごめんなさい、痛点に刺しちゃったかな、もっと下に刺せばよかった。
村田さん、ごめんなさいね〜!」
IMG_5763

こういうこと、あるのね。
針を抜く時も痛かったし、抜いてからもしばらく痛かったっす。
病院行くたび採血してるからもう慣れてるはずなんだけど、この痛さは始めてでスタよ。

で、病院終わってから外に出たら、雨降ってた…。
雨降るの知らなかった、傘持ってない…。
しばらく雨宿りして、少し濡れて歩きました。

これが本日の店主の不運です。
どうだ、ワシのこと気に入らんと思ってるヤツは、溜飲が下がったろう(苦笑)。

そもそも、ここんところ忙しくて、不眠になったりとか、不幸な感じは続いておったのですよ。
疲れが全然とれてないから、今日起きるのは辛かった…。
その流れか、月末までに家賃払わないといけないの忘れてて、支払い遅れちゃったりとかね。
ロクなことがないこの頃。

ただね、オレのことざまぁ見ろとか思ってたおまいらに、残念なニュースがあります。
この9月は、創業以来売り上げ最高額を更新いたしました。
事業は極めて順調でございます(笑)。

まぁ、そもそもオレのこと気に入らないヤツは、ここを見ていないとも思うが。

想定通りに行かないから迷走するのだ

うちの店も今年の7月で2周年だった訳ですが、おかげ様で今はやっと順調な感じです。
それまでは支払いができるかできないかの瀬戸際なんてこともあり、ものすごく憂鬱な時期もありました。
もう、2周年を迎える直前までは、そんな感じでしたよ。
今はね、だいぶ余裕が出てきました。
今年の店主の収入は、やっとサラリーマンの平均年収並みになる予定です。
去年一昨年と、2年連続で所得税免除されたくらい収入なかったのよ、40代のオジサンが、子供もいるのに!
この感じだと、やっと来年からは開業の時の借金を返し始められそう。

思えば、ここまで店の営業内容は迷走を極めて来たなぁと。
今は、平日はセッション、休日はライブ、みたいな感じで統一させつつあるんだけど、つい最近までは何の店かよくわかんない感じだったからね。
開業当時は、こういう店にしたい、こういうことをやるんだ、って色々と想定していた訳です。
それらの多くが、結局実現せずに方向転換を余儀なくされました。
つまり、今の店の状態は、最初に思い描いていたのとは違う姿なのですよ。

まず最初は、常連客でにぎわっている飲み屋で、そこにステージがあって、次世代を担うであろうミュージシャンが出演していて、お客さんもそのミュージシャンを応援する、みたいな営業内容を想定しておりました。
営業の主体は、あくまでも「飲み屋」「ダイニングバー」って感じで、一般客が普通に流れ込んで来ることを想定し、年度の変わり目や年末年始は宴会がたくさん入って、その宴会をやっている前でミュージシャンのステージもやってる、みないなね。

店の名前は「JAM SESSION」だけど、平日はセッションをやる予定なんかなかったんですよ。
土日祝日に貸し切りでセッションやライブが入ればいいと。
店主の想定だと平日は、クオリティの高いミュージシャンが常にステージをやっていて、お客さんはそれを目当てに飲みに来る!みたいなね。

でもね、全く想定通りにはなりませんでした…。

まぁ、店の入り口のところの説明書きとかがわかりづらかったっていうのもあるかとは思いますが、ステージがあるということは、一般のお客さんはもう入って来ない訳ですよ。
「飲み」に来るお客さんは、ステージなんかないお店をお望みなのです。
ステージがあるということは、そのステージがあることを好む特殊な人しか呼び寄せず、一般の人を追い払ってしまうのでした。

それでも、前からの音楽仲間が来てくれました。
音楽仲間なら、音楽のことを理解してくれるはずだと、次世代を担うミュージシャンのステージを喜んでくれるはずだと、思ったんです。
でもね、自分が演奏したい、他のヤツの演奏なんか観たくない、という人がほとんどだったんですねぇ(苦笑)。
その中の誰かは知らないんですけど、別のところで、「あそこの店は聴きたくもない音楽を聴かされて、ミュージシャンにチップを払わされる」などと不満をもらしていたそうです。
ガッカリですね…。

まぁ、みんな結局は、自分が演奏したいんですね!
ということでうちの店は、お客さんが演奏したい願望を満たせる営業内容に方向転換した訳です。
店名の通り、平日はジャムセッションできる店、ということで統一しつつあります。
で、土日祝日はセッションを減らして、貸し切りライブを中心に営業しております。
2年経って、その方向で決まりつつありますよ。
IMG_5575

最初の想定とは、全然違う訳です。
ビジネスは、何が当たるのか事前にはわからないものです。
だから、当たるかな?と思ってやってみて、ダメだったら改善、方向転換して、当たるものが見つかるまで試し続けていかないといけない訳ですよ。
前にもブログで書きましたけど、営業内容を間違えている経営者に対して「信じて貫けば必ず報われるよ」的な、あまりにも無責任な激励をしている人がいたんですが、それは絶対に違うから(笑)。
間違っているものは、修正しないとダメ。
その修正の結果、うちは想定とは全く違う形になりました。

ある人に、「たまたま来たお客さんで、店の方向は決まるから。何が当たるかはわからない。」とアドバイスされたんですが、まさにその通りでした。
あとにも先にも、これ程適切なアドバイスを受けたことがありません。
あの人は、すごい人だ!
そう思ってます。

そう思ってますよ、飯原けいせいさん(笑)!! 

やはりオレはもってなかった…。

不幸は重なるものです。
不幸と言うか、不具合と言うか、不運と言うか…。

8月の暑い最中、店のエアコンの調子が悪かったんですよ。
2機あるうちの1機が、途中で止まっちゃうんですよねぇ。
でも、しばらく電源切っておくと復活するので、まぁ涼しくなってエアコン要らなくなったらメンテすればいっかなぁ、って思ってたのね。
うち、夏は暑いからエアコン必要だけど、冬はあまり要らないんですよ。
だから稼働が少ない時期が来るまで待とうと思ったの。

そしたらなんと、先週の土曜日から頻繁に止まる様になっちゃって、お客さんが30人もいるもんだから、暑いとか言われちゃってヤバかったんですよ。
そして更にその翌日の日曜日は40人弱のイベントだったんだけど、もう暑い暑いと言われましてねぇ…。
エアコン調子悪いんすよ〜、って切り抜けられるレベルじゃなく、マジで「あの店もう行かねー」とかなってるかもっつーくらい、暑かったっす。
んで、もういよいよこりゃダメだなとメーカーさん呼んで、本日応急処置。
今後のメンテで改善できるんだけどね、修理とメンテと合わせて痛い出費ですよ。
IMG_5640

そんでね、話はこれで終わらないのですよ…。

エアコンヤバい、ってなってるのと同時に、なんと、厨房の冷凍庫が止まってるよ、オイ…。
この店に入居した時に新品で買ったこいつも、2年経ってへそを曲げやがりました。
中のもの解けました。
電源入れたり切ったりした結果、今現在は動いてますが、こいつもメーカーさんのメンテ呼ばないとダメなのかなぁ。
居抜きで入った時に始めからあった冷蔵庫たちはみんな元気なのに、なぜ新品で買ったあなたが具合悪くなるのよ…。

そしてさらにね、うちに2台あるRoland JC-120のうち、以前に修理した1台が、また同じ症状でダウン…。
なんで一度に全部来るんだーーーーー!!!!!!!!!
JC-120は需要が高く、お客さんも同時に2台使うことがよくあるので、どぎゃんかせんといかん。
一応いつもの方に診てもらえる様に頼んではみたものの、やはりこやつはもう限界なのかも。
今、何故かヤフオクは何でも安値なので、新たなJC-120を買ってしまうのも手なのだが、今まで騙し騙し使ってた諸々の機材の入れ替えの時期が来ていて、ギターアンプヘッド、ベースアンプヘッドとキャビネット、を買ったばかりなんですよね。
ここでまた買うとなると、もういくら金かかるんだよと…。
開業の時に借りた借金も全く返せてないのに、ほんと金がドンドン飛んでゆく(泣)。

まぁ1つ勉強になったのは、中古楽器は買う時は安くていいけど、その分寿命が短いのね、ってこと。
当たり前だと思ったろ?
当たり前だけど、機材を揃えなきゃいけない経営者側は、安い方がいいと思う訳よ。
だからヤフオクとにらめっこで、お買い得なヤツを選びたいのですよ。
で、結果、ヘビーに使って時間が経つとこうなる。
新品で買ってりゃ、メンテや修理はまだ先だったろうに…。

店始めた時はね、機材のメンテ代として月に50,000円くらい考えとかないとな、とか思ってたのですよ。
でもいざ経営を始めてみると、思う様に利益が出ないからメンテ代なんて計上できない訳です。
もう、月々の支払いが間に合うかどうか、っていう戦いです。
でも、今後はやっぱりメンテ代をちゃんと確保していかないと、ダメなんだろうなぁ。
機材あっての、うちの営業ですからね。

ちなみにこの度入手したベースアンプの上下がこれです。
IMG_5641
ampeg SVT-2PRO と、ampeg SVT-810Eです。
アンペグ、みんな使いたいかなぁと思って(笑)。
前のハートキーのヘッドもあるから、お好みで選べますよと。
アンペグとハートキーがあれば、ほとんどのベーシストは納得でしょ。
ギタリストにとってのマーシャルとJC-120みたいなもんだからね。

夏が好きだ〜〜〜〜〜!!

何てったって店主は夏生まれだからね!
誕生日は8月12日!
あの、飛行機の落ちた日ですよ。
新しい祝日、何とかの日が8月12日で調整されていたのに、飛行機が落ちた日だからって13日に変更されて国会で通りましたよね、確か。
来年だか再来年だか、いつかわからないけど施行されるはずです。

まぁ個人的な話ついでに、結婚記念日や妻の誕生日も8月な訳ですよ。

そんな8月ですが、お盆のちょっと前にうちの店も夏休みいただきましてね、うちのもんち連れて、もんちの初海に行ってきましたよ。
IMG_5515
店主はまぶしいので顔が険しくなってます。
もんちもまぶしかったらしく、眉間にシワよってますな(笑)。
行ったのは、知ってる人は知っている、あの海の家合宿&海の家ライブの地、千葉県旭市の矢指ヶ浦海水浴場、海の家「ひろ」ですよ!
IMG_5466ちなみに、この海岸は、あの震災の時に津波の被害に遭いまして、2011年は使えなかったんですよね。
でも今はもう復旧して、楽しめる訳です。
とはいえ、2010年の時に海の家が3件あったのが今や1件になってしまったんですわ。
この海の家をやってる人は、ずっと続けていくって言ってます。
店主は来年も行くかもしれないし、その先も行くつもり。
またあそこで合宿とライブできたらいいね!!

で、肝心のもんちですが、海に足をつけたら泣いた(笑)。
海は初めてだったから恐かったみたい。
確かビデオ撮ったので、将来笑いのネタとして使えるな!

それとね、今年の夏はもんちもいることだし、涼を取るために近所の水族館の年間パスポートを買いました。
暑いなぁと思ったら、もんち連れて水族館に行く訳ですよ。
都会の真ん中の水族館だから小さくてしょぼいんだけど、イルカショーをやっててよく観てます。
IMG_5437

この間は芸能人が来てて、テレビの収録みたいなのしてました。
イルカショーをずっと観せてれば、もんちもイルカショーのおねえさんになりたがるかなぁと思ってるんですけど、今のところショーには全く興味がないみたいです。
まぁ、生後10ヶ月なので、そんなもんかと。

と今回は子供の話ばかりで、うざくてすんませんでした。

オレ もってるな!!!

いや、もってないな。

なんの話かって、先日ね、免許更新に行ったんですよ。
誕生日近いから、忘れない様にしなきゃってずっと思ってました。
うちから近いのが神田の免許センターみたいなところで、珍しく神田で降りてみましたよ。
IMG_5418
でね、駅からはなれてるから暑い中とぼとぼ歩いて、やっとたどり着きましたとさ。
なんか空いてるな〜、ここに来てラッキーだったな!
今まで千葉県民だったからいつも幕張に更新に行ってて、恐ろしく混んでて待ち時間も長かったから、こりゃいいやと!!

書類だして、印紙代払って、住民票も出して、名前を呼ばれましたよ「むらたさ〜ん」てね。
「更新、来年ですね。更新のつもりで来たんですか?」とな………………(死)。

アホか〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

この話ね、絶対に笑い取れるんですよ。
店主、もってるでしょ?
すごいっしょ??

仕方ないので、住所変更だけしてきましたよ。
そしたら、免許証はそのままで、裏に新住所印刷されただけでした。
再発行みたいにはならないのね…。
ま、印紙代は戻ってきたしいいか。
だが、無駄に住民票を使ってしまった。
隣駅まで行ってわざわざ取ってきたのに。

話変わりまして、昨日うち、お休みしたんですよ。
イベントのない月曜はお休みにしているので。
で、前々から気になってた秋葉原の「B-1グランプリ食堂」みたいなのに行ってきました。
JRがね、線路の高架下を利用して事業をやるんですよ、色々と。
その前をたまに通るもんだからオープン前から存在を知っていて、先日オープンしてからまだ行けてなかったので、お休みで時間あるし、もんち連れて2人で行ってきましたよ。
まぁ、もんちは抱っこヒモで寝てるだけだったんだけど。
IMG_5431

でもね、月曜日ってこともあるのか人はまばら、オープンして間もないのに、そして夏休みだっていうのに、なんじゃこりゃ!
まぁ作ってる途中でもね、集客とか採算とか動線とかはおおらか(笑)に考えて作られているのは何となくわかるし、難しいだろうなぁとは思っていたのですが、やはりこんな感じになったか…。
IMG_5430

んでね、何とか焼きそばっちうモンを食べてみましたよ。
メニューが焼きそばだらけ、もう半分が焼きそばって感じで、他になかったのかよ!って思いましたが、その中で適当に選びました。
ほとんどのメニューが500円だから、ハードルは低いわな!
その焼きそばも500円。
写真とかは、それが特定できてしまうのでナシ(笑)。

感想は…。

う〜ん、味は美味しいよ確かに。
でも、お客さん少ないから作りおきが若干冷めてて、ぬるい焼きそばが出てきたよ。
そして、500円で買い易いなぁ〜と思ったら、量が少な過ぎた…。
満足度は、推して知るべし(笑)。
まぁ、色んな種類をいくつも食べるのがいいのかも。

日本で一番有名な店です、はい。

このブログ、実は半月前に書き始めたんですが、結局書き続ける暇がなくて、本日やっと書き上げて投稿に至ります。
店の営業がヒマとか言っても、実は1人でもお客さん来るとつきっきりになってしまい、全くヒマじゃないんですよね…。

でね、これを書き始めた日、SEOなんて話になったんですよ。
うちもね、SEO対策はやっています。
まぁ特別なテクニックを使っている訳ではないし、今は小細工すると逆に順位を下げられてしまうというのもあるから、純粋な「サイト構築」とかしかやってないんだけどね。
一番大きな対策は、ドメインと店名と店の営業内容を一致させているという、超根本的なところっすね。
知ってる人は知ってる話だけど、うちの「jamsession.jp」ってドメイン、実はね数年前にとってあったんです。
当初はね、セッションに関するwebマガジンをやっていたんですよ。
取材して記事載せたりとかね。
んでアフィリエイトやってたんだけど、あまり金にならないからやめちゃった。
でも、いつか使えるぞこのドメイン!!!とか思って、ずっとお金だけ払って保持していたんです。
それがね、うちの店を開業した時に役立った訳ですなぁ!!!

「jamsession」なんてドメイン、今更取れないっすからね!!!
と思ったら、「jamsession.co.jp」ってドメイン使われてんのね。
うちは「jamsession.jp」です。
〜.co.jp」の方は、なんだかバイクのパーツを紹介しているサイトみたいですなぁ。
確か数年前、うちのドメインを取ったばかりの時に「jam session」で検索して1位表示されていたのが、車の改造パーツブランドのページだったと思うんだけど、これと一緒かなぁ???
サイトの名前と内容が一致してないよなぁ、とか思ってたんですよね。
でね、この「〜.co.jp」のページを見てみると、出て来る名称がいちいち「音楽関係」っぽい(笑)。
まぁ、内容はご自身で確認してみて下さい。

んで話は戻るけど、うちのSEOですけどね、しっかり効果出てますよ。
つか、気づかないうちに結果を出す男、オレ様!!!!
なんとなんと、下図の様な結果が(驚愕)!!!!!

スクリーンショット(2015-06-25 22.31.09)
えとねぇ、検索エンジンで、そのドメインが検索ワードに対して何位で表示されるかっていうのを調べたんですけど、カタカナで「ジャムセッション」だと2位、アルファベットだと「jamsession」でも「jam session」でも1位ですよ!!!
残念ながら「セッション」だけだと圏外とな…。
これってねぇ、大きな声で言わせてもらいますけど、

 うちって、日本一「ジャムセッション」で有名な店

ってことなんですよね(笑)。
いいかぃ?心によく刻む様に!!
ジャムセッションしたいんだったら、日本一有名なうちでやったことないなんていうのは、モグリだっていうことだぜ!!
だって、本当に日本一有名なんだもん、うちの店、…ネットの世界では…(笑)。
うちの店でセッションしたことない人間に、「セッション」を語る資格はないな、マジで(…マジじゃない、そこまでの話ではない・笑)。

でもね、今まで「2番目」に有名な店とか、「3番目」とか、圏外な店で一生懸命セッションしてた人たち、「1番目」たるうちの店に来た方がいいですよ。
なぜならね、うちが盛り上がるとうちの経営が楽になるから(笑)。
楽させてくれよ、儲けさせてくれよ!!!

と、結局自分のことしか考えてないオレ…。

ビジネスはお勉強が必要です

うちのもんち、日に日にかわゆくなって行きます。
親バカでしょうか。
橋本環奈ちゃん目指してます。
IMG_5002

店主ね、この5月から、東京都がやっている無料セミナーの「商人大学校」というのに行っております。
ぶっちゃけ、酒場のオヤジも勉強せにゃ生き残れないからね。
うちみたいな小規模ビジネスのオーナーって、たぶんろくすっぽ勉強もしないで売り上げ上がんねー上がんねーっつって、数年で諦めて撤退して行くんだろーなー、そこ行くとオレは勉強してて偉いなー、オレは生き残れるぜ!ってほくそ笑んでおります(笑)。
もちろん講義を受けても講師は玉石混淆、クソの役にも立たないお話からメッチャすげーためになるお話も聞ける訳です。
今週の講義がとても良過ぎたので、ここをお読みのみなさまとシェアしたいと思います。

色々ためになる話があったんですが、思い出した順番に適当に並べます。
まず、飲食店の場合は「飲食店ならできるだろう」「飲食店ならやってもいいかな」レベルの「舐めた開業がとても多い」というお話。
わかるわかる(笑)!!
ラーメン屋とか小料理屋なんか、そういう開業のオンパレードだよね!!!
舐めた開業がとても多いから、失敗して撤退する率が非常に高いと。
店主は個人的に感じておるのですが、舐めた開業が飲食店に多いのはもちろんのこと、とりわけうちみたいなライブバー、ミュージックバーにはそういうの特に多いと思います。
思い当たるだけでもいくつかあります(笑)。
音楽が好きだから、とか、自分が楽しみたいから、みたいな安易な動機で始めてる店結構ありますね。
だいたい苦しそうです、そういう店(笑)。
やりたいことを貫けば必ず報われるよとか、適当な激励している人いますけど、普通に無理だと思います。

次に、「値下げしてつぶれる店はあるけど、値上げしてつぶれる店はない」というのは、衝撃でした。
スモールビジネスはクーポンはやるな!だそうです。
やべ、やったことある…。
客足が欲しくて、安易に手を出したくなる領域。
値引きももうしません、すみませんでした。

そして、ジャンルを絞り込め!
特に都心は、何かに特化して絞り込むことが必要。
う〜ん、今まで色々やり過ぎてたけど、今後はなるべくセッションに絞り込んで行きます。
あ、土日祝日はライブに絞り込んで行きます。
平日はセッション、休日はライブ、これで行きたいです。
今年いっぱいは今までの延長で。
来年からは頑張ります。

そして、看板はわかり易くしろ、店名はどうでもいい、何の店なのか明確に。
これもすみません、ちゃんとできていませんでした。
うち、来年からはセッションの店であることを明確にして、通りかかったみなさまに認識していただける様にいたします。
よく何の店かわからないと言われるんですが、ネットを見ろとか、わかっている人が来ればいいとか、そういう発想はよくないですね。

そして、これが大事!!
今いるお客様に集中して、必ず満足して帰ってもらえ。
うぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜、すみませぬ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、適当にやってました〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜orz
講師はのたまいました。
「1店舗ならつぶれることないでしょ、経営者がお客さんを必ず満足させればいいんだから。
多店舗にして人に任せるから、それができなくなるんですよ。」とな…。
実際には1店舗のままほとんどの経営者が失敗するんですけど、その講師は1店舗なら失敗するはずないと。
つまり、本当はちゃんとやれば絶対にできることなのに、多くの経営者がちゃんとやらないからできないだけなんですな。
えぇ、えぇ、ちゃんとやってませんでしたよ、すみませんすみません…。
今後はちゃんとやります。

あと笑えたのが、「隠れ家みたいな店をやりたいって言う人いますけど、それを狙うのは無理です。
たいていが本当に隠れ家のママ終わります。」
隠れ家とか狙うって、要はたくさんのお客さんをさばく自信がないから、少数のお客さんに愛されて楽に経営したいっていう発想の様な気がします。
楽にやろうとするなよ…。
うちは創業の年は図らずも「隠れ家みたいでいいですね」とか言われちゃったんですけど、それじゃ困るんだよ!!
賑わってくれないとね。

んでは!

思うのと現実とは違うのよ

来た来たぁ!!!!!
つか、2009年の記事だから、来たというよりは過去のものであり、それを店主がやっと見つけた、って感じ。
えとね、「集客はライブハウスがせよ!」的な話ね。
この記事を書いているのが誰なのかわかりませんが、ミュージシャンなのかなんなのか、とにかく演奏する側の人みたいです。
ニューヨークで演奏していたことがある的な。
まぁ、お時間ありましたら読んでいただきたいです。
http://ugayaclipping.blog.so-net.ne.jp/2009-07-23-10

ニューヨークじゃ演奏すればギャラをもらって当然、なのに日本のライブハウスはミュージシャンから金を取るとはけしからん、的な、よくあるパターンね。
ライブハウス経営者は『「おれたちはミュージシャンを育てている」「音楽シーンをつくっている」なんてエラソーなことぬかす』な的なことですが、そんなことぬかしてるライブハウス、今時あるのかしら?
…あ、そんな店あったわ(笑)。
でも、普通に考えて今やライブハウスは、ホールレンタルでしかない訳ですよ。
それがダメだと言いたいみたいですけど、別にダメでもなんでもなく、ホールレンタルなんです(言い切る!)。
それでいいじゃない!
それを時代や社会が求めているんだから。
それがマーケットというヤツですよ。

IMG_5167

かつての「正しい形」をいまだに求める、もしくは外国はこうなんだから日本もそれに倣うべき、的なのは無理だろ。
日本は言ってしまえば、ライブハウスがあり過ぎなんです。
結局、ライブを観に行きたい人口よりもライブハウスの収容人数が大幅に上回ってしまっているということです。
ライブハウスが少なかった時代は、ライブハウス自体が集客できたろうし、ライブハウスがミュージシャンを育てていたと思うし、ミュージシャンもプロを目指して真摯に向かい合っていたんだろうねぇ。
ついでにいうなら、欧米人がライブを観たがるのに対して、日本人はライブを観たくない国民性です(笑)。
うちも営業してて音が外に漏れていると、欧米系の方がフラリと入ってきます。
ところが日本人はというと、もちろんライブが好きな人が音に釣られて入って来ることもありますが、直接知り合いに聞いてみても、音が鳴っているとうるさいから来たくない、とのたまいます。
自分自身もバンドをやっていて自分のライブには来てくれ来てくれと言うくせに、知り合いでもない人間が演奏していると「うるせー」と…。

文化の違い、だね。

文化の違いの結果として、ライブハウスがミュージシャンにノルマを課してお金を吸い上げるシステムができ上がったに過ぎません。
「けしからん論者」はきっと、そんな形でしかライブハウスを経営できないなら止めちまえばいいとか、簡単にエラソーなこと言うんだろうね(笑)。
もしノルマ制が間違っていると言うなら、お客の側に「もっとライブを観る習慣を身につけろ」「音を嫌がるんじゃない」「青山辺りのカフェでお茶なんかしてんじゃねー」と言うしかない。
さらに、ライブハウスがこんなにもたくさんできてしまったのは、需要があるからなんだよ。
時代は、お金を払ってでも演奏したい時代なんですよ、今の日本の場合!
そこに市場があるから、店を開くのよ。
市場の原理でしかない。
それで社会的な問題が発生していない限り、原理通りに動いているものは容認するしかないのです。
YouTubeを観るな、CDを買え、音源データを他人と共有するな、レンタルは利用するな、とお客に言ってるのと同じね!
時代がCDを求めなくなっているだけ。

自分がそれに納得できないと言うなら、ご自身の思う「あるべき」ライブハウスをご自身でやったらいいんですよ。
市場の原理に逆らっても経営を成り立たせる能力がおありなら、是非やってみてくれたまえ!
もしくは、集客をしてくれるライブハウスがあるなら、そこにのみ出ればいいぢゃない。
たぶんあるにはあるよ。
それでもCDを買ってくれる客がいるのと同じ様にね。
他所で誰が何をしていようと、気にすること無し。

店主もかつては、ライブハウスがノルマを課すのは、なんだか変だなぁって思ってたんですよ。
だから、ノルマ無しでミュージシャンに演奏させて、店側で集客しようと頑張ったの。
でもね、文化の壁に負けて、それを縮小せざるを得なくなりましたとさ。
うちでノルマ無しで演奏させる営業は、日数をかなり減らしております。
なぜなら、店で集客するというのは、欧米人が集まる街(六本木とかね)や、英語で完結する様な店(経営者が外国人とかね)じゃないと無理だからさ。
うち、御徒町にあるし、店主は英語はそんなにできないし(外国人の友達とも堂々と日本語で会話しちゃう)。
日本人で音を求めている人というのはそもそも少ないので、そんなに日数できない、つーことです。

そして何よりも、お金払ってでも演奏したいという需要が大きかったから、それに合わせたということです。
ライブやりたいとか、セッションやりたいとかって言うんですよ、みんな。
うちも売り上げ付かないと営業続けられないからね。
件の記事にもあったけど、六本木で30席規模のハコで家賃40万というのは、相場でそんなもんです。
これを維持するためには、需要のない営業内容にそれ程日数を割けないのよ。

まぁ、いいミュージシャンしか出さないとても有名なハコで、それこそ店自体がお客さんを持っている様なところでも、ミュージシャン側の集客努力がないとやれない時代だからね。
ブログだってなんだってある時代、ミュージシャンも自身で集客できなきゃその先はないだろうし。
それとも2009年の世界は、そんなにも今とは違う世界だったのだろうか(笑)?

ライブハウスのオヤジというヤツは…

とても大事なことに気づいたので、書かないとね。
店主ねぇ、職業柄毎日店にいるじゃない?
ライブもセッションも、たくさんやる訳ですよ。
たくさんのプレイヤー、たくさんのアーティストを見る訳です。
ライブだってリハの時からだからショウとして完成していない状態で見る訳ですし、セッションなんて常に完成していないものを見る訳です。
するとね、とても目が肥えると言うか、耳が肥えるんですよ。

IMG_5142

こんなに多くのサンプルを得られるのは、役得です。
生意気ではございますが、善し悪しがよくわかって来るんですなぁ。
たぶんねぇ、ライブハウスとかで毎日働いていないと、なかなかわからない部分ではないかと思うんですよ。
店主も、今現在この店でこの立場でやってきて、やっと見えてきました。
これまでも音楽はやっていたし、色々観たりもしてきましたが、サンプルの分母が全然違う訳ですよ。
前職もライブバーの店長という肩書きではございましたが、週に一度ライブやセッションがある程度でしたから、全然触れていなかったんです。

するとね、ライブハウスのオヤジが出演者に偉そうにダメだしするっていうアレ、実は結構ためになるんじゃないかって思う訳ですよ。
前にそのことについては触れてて、今は時代としてはライブハウスの出演者の大多数は純粋な趣味の演奏だし、お金出して自己満足でやっているだけだし、プロ目指している若者も音楽学校で色々教わっている訳だから、ライブハウスのオヤジなんぞに偉そうに説教される謂れはないという、アレね。
でもねでもね、実際のところライブハウスのオヤジってのは善し悪しは誰よりもわかるんだよ?
だからさ、アドバイスが必要なら、ライブハウスのオヤジに聞いてみるのがいいんじゃね??
ライブハウスのオヤジと仲良くなって忌憚ない意見をもらう、これって結構勉強になっていいと思います。
仲良くならないと、ダメよ?
だって今の時代、ライブハウスって出演者相手の商売だから、お客様たる出演者様に正直なことは言ってはくれません。
本当のこと言って出演者を怒らせたら、商売的においしくないからさ。
仲良くなったら、本当のことを教えてくれると思います。
店主も、色々思うところがあっても、簡単には言えません。

あとは、うちで働いてた従業員とかもさ、いいもの見られたと思う訳ですよ。
勉強になったはず。
客観的に自分の位置も、わかったんじゃないかな。
それで自信をつけるのも、失望するのも、焦るのも、頑張るのも本人次第だけどね。
まぁ、うちは従業員は特に募集してないんだけど(笑)、うちのいいところは、趣味のみなさんから、武道館級のプロまで出てるっていうことだね。
だからうちで働けば、色んなレベルに触れることができる訳です。

あなたは、そんなアテクシのこと、どう思う訳よ(笑)?