MurataMakoto のすべての投稿

どうなるのよ コロナの世の中

なんか、いつまでもいい感じにはなりませんなぁ、コロナの状況。
都内で感染者数200人越えが、続いてます。
この人数でビビっちゃって、お客さん来ないです…(涙)。

まぁ、ある程度の期間は経済的に戻らないだろうなぁとは、思ってたけどね。
少なくとも8月いっぱいくらいまでは、コロナの影響をもろに受けて色々思った通りには動けないんだろうなぁと。

でも、秋以降、普通に戻っていくのではないかと思ってたんですよ。

それがね、今この時点で感染者数の増加でこんなにもマインド的に停滞するならば、こりゃマジで今年いっぱいくらいはもうどうにもならないのかなぁとか、思うんです。
わ〜、ヤベ〜わ、これは!!

 

まぁ、今年の冬は、なんとか治療法とか薬とか、できてるといいなぁ。
そうなってくれないと、困るしね。

 

で、うちの店もどうなっちゃうのかって、心配してくださっているみなさんいらっしゃいますので、伝えられる範囲でお伝えしておきます。

まず、金銭的な支援をいただき、休業中は助かりました。
というのは、何回かお伝えしましたね。

で、その後、公からのお金とか融資とかで、まぁ数ヶ月は赤字でもやれる感じではあります。
休業復帰後は、まぁ当面赤字経営が続きますが、秋口くらいまでなら今の感じなら支払い等は続けられます。

が、この社会の雰囲気で秋になってもなかなか経済的に戻らない様なら、早々に資金ショートすると思います。
そうなると、新たな公のお金をもらうか、追加の融資が必要となります。

安倍総理が前に、家賃補助出す的な話してたと思うんだけど、あれ、どうなったのかなぁ?
言ってた通りに半年分補助を出す、ってのをやってくれるのなら、まぁなんとか生きていけるとは思うんだけど、あれ、なかったことにされちゃったら、この経済の雰囲気だとヤバイです。

ので、ちゃんとやって欲しいわ…(困)。
言ったんだから、やってよね!!

<追記>14日から受付開始で、「家賃支援給付金」がちゃんと動くことになりましたね!
ありがとうございます!!

 

で、支援していただいた皆さんとか、うちの店を応援してくれている皆さんに、一応いいお知らせもしておきます。
それは、うちはコロナ禍前は業績的に伸び始めの傾向があったこと、そして、経営方針が固まっているので、これから何をすればいいかがわかっている、ということです。

正直、同業他社さんって、もう何をどうすればいいかわかってないところがほとんどだと思うんですよ。
今までの勢いでまだ生き残れている、もしくは廃業に踏み切れずに赤字のまま生き残っているだけ、とかそんな状況のところが多いのではないかと。

うちは、それとは明らかに状況は違います。
それは、皆さんにとってはいいお知らせだとは思うんだけど、どうでしょうか(笑)?

とはいえ、資金はないので、自力でずっと生き残るだけの体力はないです。
景気が上向かないとなれば、追加のお金を手に入れない限り、倒れます。

 

ってな、状況です。

元々上手くいっていて資金があるところとか、元々この業界は税金対策で参入しただけとか、他で儲かってるから趣味でやってるだけとか、そういうところはいいよなぁ…。

返礼開始いたします

重要

みなさま、コロナ休業に対する資金のご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディング的に、みなさまに振り込みやPaypayでご支援いただいた、4月のあの話です。

おかげさまで諸々の支払いが間に合いまして、事業は継続できております。
助かりました。

実際あの時は本当にお金がなく、色々滞納していてヤバかったのですが、全額ではないにしろある程度支払えてその先の目処もつき、何とかなりました。

その後、公からのお金が出たり融資を受けられたりしたので、当面は何とかなります。
ただし、秋以降も景気の回復が見込めなければまたヤバい状況にもなり兼ねませんので、その時は、また追加の補助金や融資が必要になると思っています。

そして、6月19日からまた通常営業を開始いたしましたので、これから数ヶ月かけて、ご支援いただいた皆さんに返礼をしていきたいと思っております。

皆さんには1口5,000円でお願いしてたところ、何口ご支援いただいたのか、振り込みだったのかPaypay払いだったのか直接いただけたのか、申し訳ないですけど、自己申告でお願いいたします。
申告いただいたものを、こちらでわかる範囲で照合いたします。
Paypay払いに関しては、誰の支払いかということまでを特定できないので、申告していただいた内容が頼りとなります。

返礼の希望に関しまして、基本、用紙をお渡ししてご記入いただいております。
どうぞみなさま、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

あとは、遠方の方、なかなか来られない方は、ネット経由等でのやり取りにも対応いたします。

返礼の品は、下記です。

 

ドリンククーポン(300円引き)5枚       1/2口分
カレークーポン(300円引き)5枚        1/2口分
Tシャツ(黒/紺 L/M)           1/2口分

ドリンククーポン(300円引き)10枚       1口分
カレークーポン(300円引き)10枚        1口分
貸切イベント 利用費6,000円引き       1口分 
当店主催ブッキングライブ機材費5,500円引き  1口分

カレー定期券 1年分             2口分
超絶VIP昇格権               2口分

ご自身の支援口数で、ご希望の返礼を選んで下さい。

なお、Tシャツは今回はポリエステル製、Vネック、黒と紺、LとMです。
このTシャツを選んでいただくと、それを着てくれば日によってはドリンク100円引き券を差し上げる、ということを考えています。
ので、この先を考えると、お得かも知れません。

今回支援をいただかなかった人も、Tシャツは販売していきます。
それを買っていただいても、ドリンク100円引きが適応されます。

用紙をお渡ししますので、申し付けて下さい。

なお、ゆっくり選んでいただいて構いませんので、焦って用紙をださなくて大丈夫です。

とり唐酒場 居酒屋営業

自粛解除、となったけど、ライブハウス等は引き続き自粛を余儀無くされとります〜。
やんなっちゃうねぇ。
うちも、通常の営業を再開できません。

ので、仕方ないので、居酒屋的な営業をやります。

 

うち、前からとり唐推しなので、とり唐をおつまみのメインにした、「とり唐酒場」ってのをやります。
メニューは、だいたい、だけど、下記の通り。

必ずしもこの通りにはならないですけど、まぁまぁ頑張った内容だと思いますよ〜、自分的には…(笑)。

一応最初に、入店料込みでセット、1ドリンク2つまみ、で1,500円にしようと思います。
あとは、メニューから追加料理を頼んで下さい。
飲み物は、いつもとはちょっとラインナップを変えて、しかも全体的にお安くします。
居酒屋感覚で飲んでもらうために!

そして、追加注文すればするほどお得だと思うんです、価格的に。
お得になる様に、します。

営業時間は18〜22時。
料理ラストオーダーは、21時です。
最終入店は20:30にします。
じゃないと、1,500円もらっても料理食べる時間ない、とかになっちゃうし。

多分、これで営業していいんだよね?? 

 

で、営業日程は、

6月
 5日(金)
 10日(水)
 12日(金)
 17日(水)

の予定です。
まずは、明日から!!

んで、様子を見て、日程は増減します(笑)。
あまりにも人気だったら、日程増やさないといけないし、そうでもなかったら、店開けてるだけで無駄でしょ!

 

んで、これをやってみて、今後の事業展開も考えます。
とり唐専門の居酒屋がウケそうなら、新たに店をやるとかもあり得るっちゅうね。

夢が膨らむなぁ、今回のコロナ騒動で借金も大幅に膨らんだけど…(笑)。

金銭的支援の経過報告

今回の、金銭的支援についての、ご報告、です。

 

1週間ではありましたが、コロナ休業による売上減に対する金銭的な支援、みなさま、どうもありがとうございました。
おかげさまで、100万円ちょっと、集まりました。

みなさん、ありがとうございました!!

今回は、PayPay払いと口座振込のみで、お願いさせていただきました。

というのも、クラウドファンディングサービスを使うと、集まった金額の1割とかを取られてしまうので、自分でやった方がいいかなぁと思ったからです。
ケチったといえば、ケチった…。

クラウドファンディングサービスを使えば、集計の手間も管理の手間も要らなかったんですが、まぁ、今回は自分でやります。
自分でやるので、集計とその精査で、結構時間かかると思います。

中にはPayPayで無言で「寄付」みたいな人もいらっしゃって、これ、もう誰が払ってくれたかわからないっていうのもあり、まだ集計はできてませんが、結果、金額は合わないと思います。

そこらへんは、合わないのも含めて、また数字を出します。

 

で、返礼品も徐々に発表していきます。
要望も多かったので、オリジナルTシャツを作ります。

Tシャツ、作ったらみんなに着てもらいたいですね。
なんか、一体感出るし(笑)。

 

で、当面の支払いは、間に合いました。
家賃とかは満額はまだちょっと無理ですが、その他の支払いはできそうです。
そして、多分融資も降りるので、しばらくはやっていけます。

補償金は、まだわかりませんね。
自粛要請を受けて休業してますが、生ライブ配信をやったらそれは営業だ、と言われてるとか言われてないとか…。

それを持って、補償から外す、なんていう説も流れています。
うち、4月1日からいち早く自粛に応じてるのに…。

 

で、休業明けたら、ガンガンいきます(いきたいです)。
みなさんのご支援は、無駄にはしません。

ただ、もちろん、すぐに業績回復とは行かないだろうなぁ。
諸々キャンセルされちゃってるし、新たな予約なんて現時点ではもちろん入らないし。
スケジュール的には、スッカスカのまんまですから。

なので、まぁ、夏くらいかなんとか持ち直せればとは思います。

元々は5月から何とかしたいって言っていたんだけど、情勢はそれどころじゃなくなり、資金的にも当面はなんとかなりそうなので、夏からの回復を目指すことにします。

とはいえ、業界的にかどうかはわからないんだけど、毎年8月とか夏あたりは業績悪いんですよ。
少なくともうちの店は…。
みんな、夏休みとかお盆で、イベントを控えちゃうから。

 

それでも今回の危機の中、支援を求めてでも事業を継続しようとしているのには、ちゃんと根拠があるんです。

そもそも虫の息、みたいな事業だったら、今下手にお金なんて集めずに廃業しておいた方がいいと思います。
固定費がかさんで傷口を広げるのは、経営判断としては明らかに間違っています。

でも、でもうちの店は、生き残った方がいいという判断です。
何も、自分が生き残りたいっていう「エゴ」でお願いしている訳でははないです。

 

どういうことか。

 

前にもブログでお伝えしていますが、うちの店、騒動前まではいい線いっていたんですよ。
伸び始めてた。

今年こそはやっといい感じでやれそうだ…、と思っていたら、この騒動。

だから今、事業たたんじゃうと勿体無いんですよ。
店主のアテクシ、事業の方向が見えて、何をすればいいかがわかったんです。

「根拠なし」じゃないです。
横文字で申し訳ないけど、エビデンスあり、の展望です。

 

どういうことかというと…。

 

ご存知の方も多いですが、うち、2018年にお弁当事業をやって大失敗、大損こいているんですね。

その年は収入はマイナス、借金もたくさん作って、今も返済で苦しい思いをしています。
それのせいか、離婚もしたし。
もう、人生メチャクチャ!

その時に、「ヤベッ、何かしなくちゃ!!」ってなったんです。

で、何をやったか。

それで、コンサルの先生に付きました。
小阪裕司という先生で、その人が主催している「ワクワク系マーケティング実践会」というのに参加して、あの惨事以来ズ〜ッとマーケティングの勉強をしています。
先生の本を十何冊読んだし、勉強会とか会合にもたくさん参加しているし。

そしてその甲斐があって、やっと自分の事業の方向性が見え、何をすればいいのかがわかった、という次第です。

 

ね、エビデンスのある話でしょ?

実践会のメンバーさんは、すごく業績をあげている人たちがたくさんいるし、テレビで取り上げられる様な人もいます。

 

だから、事業を継続した方がいいんです。
もうやり方がわかっているんだから、今後業績は伸びるはずなんです。

支援金だけ集めておいて結局やりきれなくて潰れる、みなさんの払ってくれた支援金は還元されないまま消えちゃいう、みたいなことは可能性として低いんです。

 

ので、払っていただいて、それで正解だったと、思ってもらいたいです。
まぁ、今後1年くらいで諸々が証明されていくんだろうなぁとは、思っております。

かつての充実感を思い出す

コロナ休業の影響で、ある程度の時間の余裕ができました。

もちろん営業再開に向けて、忙しいのは忙しい。
でも、店員として仕事に追われていた時とは、明らかに時間の使い方が違う。
意味のある時間の使い方が、できてる!!

 

かつての自分、思い出しました。

20代の頃、フリーターやってたり、ミュージシャンやってたり、ニートやってたりしました(笑)。
バブルの余韻もあって世の中まだ裕福で、あまり働かなくても食えたんだよね。

あまりマジメに働いてなかったから、もちろん経済的にはそんなに余裕はなかったですよ。

かといって、そんなに苦しんでいた訳でもない。
だって、ちょっと働けば、お金になったし。

今とは、大違いの世の中。

 

仕事に追われてなかったから、体力的にも、時間的にも、気力にも、余裕があったんですよね、当時は。
もちろん若かったからエネルギーが溢れてた、ってのもあったと思うけど。

当時、そんな余裕のある自分が何をしていたか…。

当時はね、自分磨きみたいなことを、ずっとしてました。
筋トレしたり、本読んだり、何か自分を高めることが好きで、そんなことを一生懸命やってたなぁ。

それで効果があったかは、わからん。
効果があったなら、今の自分はもっといいポジションにいてしかるべきとかも、思うし。
今のどん底人生(苦笑)、きっとほとんど何も磨かれてなかった結果なのだろう…。

 

でもね、充実してて、幸せでしたよ。
やってる感、があった。
自分が頑張れてる気がしてた。

 

そんな充実感をね、この数日のコロナ休業中にも感じているんですよ。

休業明けにスタートダッシュできる様に、いろいろ頑張ってます。
自分も磨いてます。

もちろんそれでどうなるかは、わかりません。
本当にスタートダッシュできるかどうかも。

でも、自分的には頑張れてる感が、あるのよね。

 

転んでもタダでは起きない。
って、大事だと思う。
コロナのせいで云々ではなく、コロナだからこそ与えられたものがあり、それをどう活かすか。

自分はそんな生き方をしてきたつもりだし、今後もそうしていくつもり。
つもり、でしかないけど。

 

なので、アテクシは元気です。
充実してます。
頑張ってます!!

みんなも、頑張ろう。
ライブハウス業界だけじゃなく、色んな人達が今、苦しんでいると思う。

コロナ危機 支援のお願い

新型コロナの影響により、休業を余儀なくされている当店を、お助け下さい。
世の例に漏れず、ライブハウス(ライブバー)である当店も、窮地に立たされています。

同業他社さんが、続々とお客さんたちに支援をお願いしていますね。
うちのことも色んなお客さんが心配してくれて、支援金を募ったほうがいいとアドバイスをくれます。
そして、自分も何か支援したいと…。

とてもありがたい話です。
勝手に営業、って、できないんですね。
常にお客さんに支えられていて、その人間関係の中でしか営業はできない。

そんなことを、今回は思い知らされました。
そして、同時に、感謝の気持ちも新たになりました。

もちろん、今までも感謝していましたよ(笑)。

 

そして、具体的に金銭的な支援を、顧客の皆様にお願いしたいと思います。

まずは、お金だけ先に集めさせて下さい。
ある程度の緊急性があるからです。
クラウドファンディングの様なイメージです。

そして、返礼品は後々正式に発表しますが、一応こんなもの、という案も載せておきます。
それをもって支援してもいいか、やめるべきかを判断していただいても結構です。

支援はPayPayか、口座振込でお願いします。
そして、いずれの場合も、どなたがいくらくださったのかの確認が必要ですので、特にPayPayの方は、利用時間も添えて、メールやSNSのメッセージをお願いしたいです。
口座振込は名前が残りますが、本名だけですので誰なのか特定できない場合もあります。

  

支援は、1口5,000円からで、お願いします。
何口でも構いません。

 

下記は返礼品のアイデアです。
これで確定ではありません。
まだ増やしますし、組み合わせなどももっと考えます。

  

2口

 →VIPに昇格権
 →1年間レギュラーセッション参加費毎回1,000円引き
 →1年間貸切ライブ利用10,000円引き 1年間ブッキングライブ機材費5,000円引き どちらでも使える

1口

 →カレー400円引き券×10枚 とり唐200円引き券×10枚 合計20枚
 →追加ドリンク300円引き券×20枚
 →1年間レギュラーセッション参加につき毎回ガチャコイン1枚追加
 →店内とり唐メガ盛り600円引き券×10枚

 

この他、Tシャツなどのグッヅの希望もいただいています。
製造費などがわからないので、まだここには載せられません(売値の相場は2,500円?)。
あとは、2口よりも大口の場合は、よりお得になる返礼をしたいと思っております。

 

みずほ銀行 津田沼支店(334)
普通 1126206 村田 誠 

 

PayPayを使っていただく場合は、下記のリンクからお願いします。
https://qr.paypay.ne.jp/j0Nro8BHB9sYKiM3

 

QRコードを公開していましたが、どうやらこちらのリンクを使った方が、メッセージも添えられて便利な様です。

なお、PayPayはうちの店の設定ですと、現金化に時間がかかります。
口座振込がこちらとしてはありがたいのですが、振込手数料がかかりますね。
口座振込をして下さった方には、追加ドリンク200円引き券を2枚、差し上げます。

 

このコロナ休業中は、4月17日(金)までの支払いで、お願いいたします。
それ以降、無観客生配信投げ銭ライブが始まりまして、同じ口座等を使うので、誰が何のために払ってくれたのかがわからなくなるためです。

混乱を避けるために、是非、4月17日(金)までで、お願いいたします。
1週間しかないですけど…。

 

ゴールデンウィークいっぱいまで休業します

コロナの影響で4月頭から休業しています。
都知事の、自粛要請に従いました。

で、知事は12日まで、と言っていたので12日までのつもりだったんだけど、安倍首相が改めてゴールデンウィークいっぱいまで、って言うので、結局ゴールデンウィークいっぱいまでは休業することにしました。

まぁ、店によっては自粛したりしなかったり…色々あるわな。
えげつない人は自粛要請に応じない、っていうのもあるとは思うけど、やっぱり現金収入なくなったらヤバイ、ってんで、休業に踏み切れないっていう人もいるので、あまり責めないでね!
どこかのスポーツジムが自粛しないってんで、それに腹を立てた人が何かを破壊して逮捕されたとか…。

  

で、一応今の所、5月7日(木)のジャパメタセッションから営業再開、って思っています。
現時点ではその日程で確定はできないけど、こちらはそのつもりでいます。
それまでにある程度落ちついていて欲しいなぁ〜。

なので、5月後半は土日のイベントも、調整し始めました。
ダメかも知れないけど、大丈夫かも知れないので、準備だけはしておきます。

で、5月10日(日)に開催予定だったうちの店主催のブッキングライブですが、1週間ずらして17日(日)に開催することにしました。
一応、ゴールデンウィークいっぱいで自粛が終わる前提で…。

これ、もともと3バンドでやる予定だったのですが、残念ながら1バンド欠けました…。

で、夜開催予定だったから3バンドってことにしてましたが、17日は夕方開催に変更するので時間の余裕があり、最大で4バンドまでイケます。
ということで、あと1〜2バンド、追加で募集します!!

3月4月でライブ消えちゃったバンド、たくさんいますよね?
もう練習もバッチリで準備万端なら、振替的に17日のうちのライブ、出ませんか?
ジャンル的にはもともと何でもアリにしていたので、どんなバンドでも大丈夫です。

 

あとは、うちの自粛はゴールデンウィークいっぱいまでですけど、その間、無観客ライブはやります。
ので、今既に日程の決まっているバンドさんは、そのままやっていただきますので、よろしくお願いします。

そして、なんと、自粛要請を受けて、リハスタも軒並みゴールデンウィークいっぱいまで休業になってしまったみたいですね!!
こりゃ、バンド練習したい人たち、行き場がなくなるよね…。

で、うちみたいな広いスペースならバンド練習してもいいじゃんね、ってことで、ゴールデンウィークいっぱいまではうちの店でリハスタ貸しすることにします。
もともとリハスタ貸しはやるつもりなかったんですが、みんなの行き場がないなら、場所を提供します。

現金欲しいからなりふり構わずやる、っていうことではないです。
あくまでも、リハスタみたいな密集にはならないのでうちなら大丈夫、行き場がないみんなのため、そしてこちらもちょいとだけ現金収入になるので助かる、ということです。

2時間以上の利用から、1時間2,000円で承ります。
ゴールデンウィークいっぱいまでで、無観客ライブなどが入ってない時間で、利用していただけます。

コロナの影響は続く…なう

泣き言連ねてるみたいで、心苦しいのだが…。

まぁ、それでも色んな人が心配してくれて、どうなの?って聞いてくるので、今、を伝え続けなければ、と思い今日も書きます。
うちの、今の状況…。

 

思ってたよりも、コロナのインパクト強いです。
つい数日前までは、4月は影響残るだろうが、それでも5月までかかることはあり得ない、と思っておりました。

が、感染者が増え続けていて、これだともしかしたら5月頭も影響残るかなぁ、もしかしたらそれ以上に延びるかも…とか、頭をよぎったり。

 

それでも店主の感覚では、5月上旬で終わるとは思うのですよ。

楽観?希望的観測?それとも、そうなってもらわないと困るので、無理やり思ってる?

いや、今、感染の爆発的な拡大を防ぐために、2週間なのか、3週間なのか、活動を控えるべき期間が限定的にある、ということですよね。
北海道ではある程度の期間を経て爆発的な拡大を抑えることができた、として、行動を通常に戻す「解除」的な話になったじゃないですか。

東京だって、爆発的な拡大の危険さえ越せれば、少なくとも1ヶ月以内に通常通りに近い生活をしていい状態に、戻るはずなんですよ。

 

残念ながら、すっかりパニックになってしまっている人たちがいます。
この人たちは、多分何もかも不安で不安で、ってなってしまっていますね。

ただし、不安から騒ぎすぎの人がいる一方で、大丈夫だと思っている人がいるのですが、これはどちらが正しい、という話ではないです。
多様性、なんです。

全員がパニックになって萎縮すれば、社会は終わってしまいます。
かといって、全員が楽観していては、もしもの時に種としての人類が絶滅します。

だから、両方の考え方のグループがいて当然だし、お互いの存在と尊厳は、認めなければならないと思います。

 

そんな中、ご利用の皆さんに、正味のことを伝えておきます。

コロナでイベントのキャンセルは、もう仕方がないことです。
これは、本当にコロナの影響なら、キャンセルを誰も止めることはできないです。

でもね、6月以降とか結構先のイベントまでキャンセルされると、流石にキツイです。
5月までもコロナの影響で人々が外出できないという事態が、絶対にあり得ないとは言いませんが、店主は個人的に考えて、それはないだろうと…。
爆発的な感染を防ぐために2〜3週間活動を控える、そういう話ですよね?
2〜3週間が過ぎたら、全面的にとはいかなくても、ある程度普通に戻っていいはずなんです。

秋まで様子を見る?

いや、それやられたら、うち、確実に潰れます。
潰れたら、もうイベントなんて、できません。
秋以降に利用は、できなくなるんです。

いいですか?
秋まで利用を延ばされたら、確実に潰れますからね?

本当に店主の想定を超えた日程まで、本当にコロナの影響で、本当に人々が外出もできないなら、その時は絶対にキャンセル料なんて、もちろんとりません。

だから、今の時点でかなり先のイベントまでキャンセルするの、やめてもらえませんでしょうか?
それやられると、かなりキツイんです。

やっぱり大丈夫だった、ってなった時に、一度キャンセルした日程でイベント、もうやってくれませんよね?
そういうことなんですよ。
その日程、空いちゃったら、そのままこちらはもうそこを埋められないんです。

だから、ある程度日程が迫るまで、やる前提でいてもらえませんでしょうか?
迫ってから本当にできないんだったら、それは仕方がないし、キャンセル料なんて取らないんですから、ほとんど損はないはずなんです。

パニックになった一部の人に流されて、みんなにキャンセルされたんじゃ、こちらはもう首吊るしかなくなるんです。

冷静な判断を、是非お願いしたいです。
やる前提でしばらく様子見したって、そんなに損害はないのではないでしょうか(もちろんゼロとは言いません…)。

 

そして、うちが大丈夫かと心配してくれる皆さんに、お伝えしておきます。

今の時点ではもう売り上げが立たず、支払いも滞納しながらしのぐしかない状況です。
普通に、かなりヤバイ状況です。

ですが、火だるまになってでも、店を残します。
それこそ、差し押さえ食らって身動き取れなくなるまでは、粘ります。

なぜなら、今、店が調子良くなってきているからです。
前のブログでも書きましたが、今年は良くなる前提でおりました。

昨年秋以降良くなり始めて、今年はド〜ンと行けそうだ、そう思ってましたよ。

なぜなら、今、ちゃんとビジネスの勉強をしていて、何をするべきかがわかったから、なんです。

 

多くの方がご存知ですが、うちは一昨年、お弁当事業で失敗、借金を大幅に増やしました。
それで皆さんに泣きついて、色々支援していただきました。

改めて、その節は、ありがとうございました。

で、そこから、このままじゃいかん、何とかせねば、ということでコンサルの先生につきました。
今、ものすごく勉強しています。
あの時に今の脳みそ持ってれば、失敗しなかったのに…って、思います。

そんな状況で、今は、ビジネスの方向も、自分が何をやればいいのかも、エビデンスを持って確信できている状態なんですよ。

 

だから、今、店を潰せないんです。

この危機を乗り越えて生き残りさえすれば、1年先なのか2年先なのかはわかりませんが、絶対に伸ばせる確信があるんです。

だから、そういった意味では安心して欲しいです。
が、今を乗り切れなかったら、元も子もないです。

 

という状況です。

偽善事業をやりたいのだ

人生、長いね。
半世紀も生きてりゃ、そりゃ心境の変化とか、考え方の変化とかが、ある訳ですよ。

で、ある変化の影響で、最近もう一つの変化が…。

  

まずね、そもそもの第一の変化は…。 

うちの店を始めた時って、特に野望もなく、ただ単に好きなことを仕事にしたい、ってだけだったのですよ。

それがある出会いにより、世の中にマーケティングなるものがあることを知り、それ関連の本なんぞを読んでいるうちに、ビジネス的な成功みたいなものに興味を持ち始めた、っての。
これは、前回のブログでも触れました。

 

そしたら、事業に対する夢みたいなものが、ドンドン出てくる様になりまして…。

 

そして、もう一つの変化は…。

これまでは、音楽のことだけ。
ライブバーをどう盛り上げるかとか、ライブハウスやりたいなぁとか、ね。

それが、その事業に対する考え方というのがね、今までにはなかった発想になってきたのですよ。
きっと、事業を成功させてそのお金をもってすれば、自分の好きな事業が何でもできるだろ、っていう事で、変化したんだと思うのね。

 

今、思っているのは、2つ。

両方とも、偽善です()
慈善事業のテイをした、偽善事業ですよ!

やっぱ人間、認められたいっていう欲求があるから、いい人っぽい事したいんだろうなぁ…。

  

1つ目は、困窮老人たちの食事を何とかしてあげたい、っていうもの。

老人でも色々で、若い頃からの病気とかで仕方ない場合もあるけど、結婚してなかったり、貯蓄してなかったり、仕事を転々としてたり、その場しか考えないで生きてきた様な人も含めて、経済的に困窮している人って結構いたりするらしいです。

テレビで、やってた。

他人だし、苦労しているのはそいつらの勝手、ってのも確かにそうなんだけど、何とかして助けてあげられないかなぁとか、善人ぶりたいのですよ。

 

具体的には、食事の宅配とか。
もしくは、独居老人を一つのアパートにまとめて、食堂を併設、とかね。

だって老人たち、せめて食事くらい楽しみにして欲しいじゃん。
テレビで見てると、食事も節約節約で、全く美味しそうじゃないんですよ。
1人で食べるよりも、誰かとちゃんと美味しいものを食べた方が、絶対に幸せだと思います。

だから、それに関する事業をやりたい。

  

そして次が、自分で障害者のための施設を作る、というもの。

先日障害者施設で大量殺人したヤツの死刑判決が出て、それを受けてある障害者が文章を発表したんですよ。
この人、障害を持ちながら公演など色々と活動している人らしいんですけど。

 

恩田聖敬さんのブログ

これらの記事も参考に!
その1
その2

 

その人の文章の中で、我々健常者の知らない、気づき得ないことが、書かれていたんです。

障害者施設の中では、障害者は介護者に対して文句を言えない、介護者は障害者に対して不満を持っている(イラ立っている)、立場的に障害者は介護者にイジメられ易い…、というもの。

それは、当事者じゃないと、そしてその現場にいないと、わからないことです。 

彼は、外部からの巡回などが必要と、訴えます。

そうか、介護者はうちうちで固まっていると、障害者をイジメることに慣れて疑問を感じなくなるんだなと…。
それが、特に問題のないと思われている施設でも、普通に起こっているというのだ。

 

じゃ、ワシが金持ちになって施設を運営するとなったら、そこの風通しをよくする、ということができるかも、って思ったのね。

具体的には、施設で雇った介護職員と、うちの普通の事業で雇った介護じゃない職員と、人員を回していく、というもの。

介護の人たちって、閉鎖的なそこの現場にしかいないことによって、イジメに鈍感な感じになってしまうらしいから、外の現場も見せる。
介護で入ってきたんだけど、関係ない事業で営業の外回りをさせる、とかね。

そして、介護なんて関係なく入ってきた職員でも、障害者に対する興味や問題意識を持っていれば、そういう人間を施設の方にも行かせる。
むしろそっちに積極的なヤツを、出世させるとかね()

ワシ自身、若い頃に障害者施設に遊びに行ったことがあって、そこでいい経験をさせてもらってるのね。
だからきっと多くの人間が、障害者と接することで何かいい影響があると思うのですよ。

 

どうよ、この偽善!

こんな偽善を実現するべく、ワシは今、頑張っとる!
だから、みんな、ワシを支えた方がいいぞ!

 

いや、うそ、ワシが頑張ってる一番の理由は、単なる欲望と虚栄心です…()

  

あ、ちなみに、その前に、カレーパン屋をやりたいです。
そして、もちろんライブハウスもやりたいです。
カレー屋もやりたいし、唐揚げ屋もやりたい()

なので、まだ先かなぁ…。

成功してマレーシアに行くぞ!

うちのお店の話。

ライブバーを開業した時って、自分が食っていければいい、くらいな考えでしたね。
ビジネス的な成功とか、そういったものには全く興味なし。
自分のセンスで頑張って店を潰さなければ、後は勝手に売り上がって、少しずつ生活も楽になっていくでしょう、くらいな。

まぁ売り上げがどんどん上がって、最終的に23店舗になれば万々歳、って思ってましたね。
そもそもがライブバーなんて儲からない業態なんだし、複数店舗にできるだけでもすごいじゃん、って。

 

それがね、ある営業さんの影響で、マーケティングの本らしきものを初めて読む機会がありまして…。
ちょっとだけ、興味を持ち始めるんですよ。

ただ、最初の頃は、極ゆる〜い本をたま〜に読んで、ヘェ〜、くらいな。

 

それが数年が経つうちに、今や俄然ビジネスに興味が湧いてきている状態。
今やテレ東のビジネス系の番組とか、ネット配信で熱心に観てたりします。
マーケティングの先生についているし、コンサル受けたりもしてます。

 

そうこうしているうちに、ビジネスの成功者はマレーシアに移住する、的な思想が植えつけられまして()

今は、マレーシア目指してお仕事頑張っとります。

 

マレーシアとか、ずっと夏だぜ!
いいよなぁ。

冬、寒いの嫌いなんだよ。

沖縄でもいいんだけど、きっとマレーシアに行った方がゴージャスな生活できるんじゃないかと思います。

 

の前に、まず、うちの事業の次の展開を考えないと。

今、ボヤ〜ッと考えておるのは、次はライブハウスをやろうかなぁと。
うちみたいな規模のライブバーも飽和状態で、どんどん開業はするけど、潰れていく店の方が多いような状態だと感じているんですが、ライブハウスも食い合いで、どこも苦しいらしく…。

ライブハウス、老舗も業態転換したりとか、厳しそうですな。
プロの登竜門だったあそこが、今や金さえ出せば素人のコピバンでもステージに立てる、とかね。

 

逆に、地下アイドル系の、楽器の常設のないライブハウスは、ドカ〜ンとたくさんできたりね。

大久保あたりなんか、韓国人アイドルのステージが観られるライブハウス、たくさんできたみたいだし。

 

バンド系は、ドンドン減ってますね。
バンド人口も減ってきているし。
若い子が、バンドやらんし。

 

で、今、きてるのが、昭和歌謡だね!

それ系の素人バンドもたくさんあるし、うちでそういうバンドたくさんライブ出てるし、うちのセッションで人気なのも歌謡曲系だし、ってね。

 

あれ、御徒町だからか()
渋谷とか下北沢とかじゃ、そうい傾向はないとか?