MurataMakoto のすべての投稿

真剣に音作りをします

ライブハウスのPAさんの音作りって、様々だと思います。
音のいいハコ、そうでもないハコ…。

言ってしまえば、結構な数のハコが、音がいいとは思えないのです。
これは、自分がライブを観に行ったり、演奏したりして、消費者として感じていること。

なんか、「あの店音がいいよね」って言われてるハコでも、仕事でPAとしてやっているワシ的には、「???」ってなる。
これ、ライバルをディスりたいんじゃないんですよ。
結構マジで、そう思ってるんです。

人間関係で評価を変えちゃう、っての、結構あるじゃないですか。
そのハコの経営者とかスタッフと仲良くなると、実質を無視して、じゃないけど、なんか甘く評価する様になるとか…(笑)。

それが起きてると思うんですよ…正直。

そのハコで友達がよくライブやるからよく観に行く、よく通って勝手を知ってるから親近感が湧き、いい評価をしたくなる、とかね。

ワシの周りの人たちに大人気のハコがあるんですが、そこでライブする理由がまぁ様々だとは思うけど、「音がいい」なんて意見も聞きました。
だが、ワシが何回か足を運んで聴いてる分には、まず音がいいなんてことはあり得ないんですよ。

味覚と一緒で、耳なんてみんなそんなに良くないですよね。
美味しいラーメン、と言われてるところって、実際に美味しいんじゃなくて、美味しいって言われてるから美味しいと思ってる、ってことよくありますね。
ブラインドテストしたら、味の違いなんてわからん人の方がほとんどです。

耳もそう。
ブランドテストしたら、ほとんどの人が音の違いなんてわかってないのだろうなぁと、よく感じます。

 

何を言ってるのか、というと、ボーカルが聞こえない、とか、ギターソロが聞こえない、とか、特定の帯域の音がデカすぎて全体的に聞き取れない、っていうことが、あまりにも多いのですよ。

あの老舗の有名店も、あのなかなか出演できない人気店も、結構そんな感じ。
自分の感覚で価値を判断せずに、老舗で有名だから、とか、人気だから、っていう周りの評価で自分の評価も変わってしまっているんでしょうね…残念な話だ。

 

そういう状況は全く納得がいかないので、うちの店では音作りには本当に真摯に向き合っているんです。
ブッキングの時はリハは1バンド20分しか時間を裂けませんが、その20分に入魂しています!
そして、20分では終わらずにリハが押すこともしばしば…。
正直、リハはものすごく疲れます。
もう、闘い、ですわ…(笑)。

うちでライブをやった人からは「ここまでやってくれるライブハウスは他にはない」って、感謝されることもあります。
が、逆に「いちいちウッセーな」てな感じの人もいます。
リハを真剣にやることが嬉しい人がいる反面、好き放題やりたいだけだからいちいち細かいことを言われたくない、って人がいるんですね。

 

ワシの考えでは、まずボーカルがちゃんと聞こえるって事が大事かと。
楽器隊が爆音過ぎてボーカルが聞こえないなんて、そんなライブ、どうですか?
もちろん、それがいいっていう人たちも、いるんだとは思うけど…。
ジャンルの問題もあるしね。

ワシは、ボーカルがいる場合はボーカルがメインだと思っているので、それがちゃんと聞こえない状況なんてあり得ないって思ってます。

ボーカルが聞こえない理由は、ボーカルさんの声量が足りない、ドラムかギターのどちらか、もしくはその両方が爆音で、音量を下げる様にお願いしても応じてくれない、にほぼ集約されます。

特定楽器の爆音、要らないっす。
全体のバランスで、考えてくれればいいのに…。

だから出演者にお願いして、そこら辺を結構細かく調整するんですよ。
その時のやりとりで、「ウッセーな、俺は爆音出したいだけなんだ、余計な注文つけるな」って思う人がいるみたいで、結構大変…。

 

あとは、ギターソロがちゃんと聞こえる様に、ってのも、ものすごく大事だと思ってます。
ギターソロ、せっかくピロピロ上手に弾いてるのに、全く何やってるかわからないくらい音が埋もれてるハコ、かなりあります。
というか、ギターソロをないがしろにし過ぎ。

あれって、リハの時にちゃんと調整しないと、そうなっちゃう。

結構ギタリストさんの音作りなんかも関係していて、抜けの悪い音作りだと、もうソロなんて全く聞こえないんですよ。
そういう場合は、歪みを抑えてもらったり、イコライジングで中域をあげてもらったりしないといけないのに、リハの時にPAさんは何も言わないんでしょうね…。
多分、ワシ以外のPAさんでそこら辺のことまでコミットしている人は少ないんだろうなぁ、ギターソロの聞こえないハコがかなり多いです。

で、ギターソロが始まったらPAで音量を上げてあげる、なんてのも、かなり適当なんだろうなぁと…。
確かにフェーダーは上げました、でも聞こえてきません、でもそんなこたぁ知ったこっちゃないです、てな感じ。

うちでライブやってくれるギタリストさんで、ギターソロの時に音量を上げない人がいます。
「いつもPAさんにお任せしているんで」っておっしゃるが、任せてもきっとちゃんとやってくれてないですよ…。

もちろんそのギタリストさんの音作りが上手い場合は、フェーダーを上げるだけでギターソロが聞こえる様になるんですよ。
歪ませすぎず、中高域がしっかりと出ている場合は、卓をいじっていて本当にコントロールし易い。

でもね、ほとんどのギタリストさんが、音作りがそんなに上手じゃないんです、素人さんだし…。
歪ませすぎて音が潰れてたり、ドンシャリ好みで中域がスッポリとなかったり、ってなことが結構あります。
ZOOMのマルチ使ってる人とか、BOSSのMEなんとかの古めのを使ってる人とかは、ギターソロが聞こえないことが多いです。

そういう場合はギタリストさん自身に、ギターソロのところでしっかりと音量をあげてもらうとか、音作りの変更をお願いしたりとか、しないといけないんですよ。
うちのライブだと、そこまでやるんです。

他のハコのPAさんって、そういうこと全く教えてくれないらしいですね。
アドバイスなんてしてくれない、どうすれば正解かを教えてくれない、だからいつまでもわからないまま今日も明日も聞こえないギターソロをピロピロ弾いている…。

音抜け云々はPAさんの立場だとよくわかるし、教えてあげれば一発改善の場合もあるし、その日がどうにもならなくても、そのギタリストさんの今後のライブで役立つのにね。
なんにも、言ってあげないんだね…。

 

そこいくと、うちのライブは、真摯に音作りに向き合ってます。
これは、いい音を作って出演者のパフォーマンスをできる限り発揮させる、ってのがワシの仕事だと思ってるから。
もちろん出演者の上手い下手はありますよ。
でも、仮に下手であっても、できる限りのことはリハで調整するんです。
手ぇなんか抜いちゃ、ダメなんですよ、お互いに。

ハコには実績やブランドもあるでしょう、PAさんにも立派な経歴や肩書きがある人もいるでしょう。
でも、あなたのライブの時にちゃんと真摯に音作りをしてくれているとは、限らないんですよ。
PAさんの実力がすごくても、じゃああなたのライブの時に最大限の仕事をしてくれているかと言ったら、そうじゃないことの方が多いのではないかと。

有名アーティストさんの時とか、ワンマンの時とかはちゃんと仕事しますけどねー、みたいな。

それが、ボーカルが聞こえなかったり、ギターソロが聞こえなかったり、っていう結果となって現れている気がします。

あ、勘違いしないで欲しいんですが、ワシがPAさんとして実力がすごいということじゃないんですよ。
実力がすごくなくても、手を抜かないし、出演者のパフォーマンスを発揮させるべく最大限のことをやってる、ってだけのことです。

それをどう思うかは、人それぞれってことで。

 

せっかくライブをやるんだったら、しっかりとかっこよく演奏を観て欲しい、聴いて欲しいじゃないですか。
だから、そこをちゃんとやってくれるハコを選んだ方がいいとは思います、個人的には。
もちろん価値観はそれぞれなので、そこが重要ではない人もたくさんいるんでしょうが…。

あ、ちなみに、音のいいハコもたくさんあるって思ってますよ。
なんか論調的に、他のライブハウスがほぼダメみたいな感じに受け止められそうですが(笑)、そんなに我田引水、自画自賛ではないです。

池袋のアダム行った時は、音の良さに感動したなぁ。
ブッキングで、あのガチな感じ、すごい!!
川崎のセルビアンナイトも、いいなぁって思ったし。

ここに挙げなくても、音がいいって思うハコはたくさんあります。
コロナの影響で無くなっちゃった渋谷のあそこも、いい音してたなぁ…。
数年前にライブやったあそこも…ってね(笑)。


親父バンドのちょいモテ願望!

バンド活動しているおじさんたちが、ちょいモテしたいのは、当たり前です。
それ、笑ったり否定したり、しません。
まさに、おじさんのちょいモテ願望を真剣に受け止めて、応援していきたいと思ってますよ。

 

おじさんたちが中学生の頃ギターを弾き始めたのって、「バンドやってモテたい」っていう、儚い(無理めな)願望からだったでしょ?
みんなね、中学生の頃はその程度のきっかけなのですよ…。

んで、やがて、バンドやっててもモテない、って現実がわかってくる。
モテてる奴はバンドやってるからモテてるんじゃなくて、モテる要素のある奴がバンドやってより一層モテてるだけ、って気付くんです。

根暗のギターオタク野郎なんて、バンドやったところでモテるわきゃない(笑)。

で、時は過ぎゆき、親父バンド、なんて呼ばれる年齢になって、またみなさん音楽活動を頑張っているんですよね。
そこには、ちょいモテしたい願望、絶対にあると思うんです。
だって、そもそもモテたくて音楽やってたんだし。 

家庭もあって、今やもう本気の恋愛とかじゃ全くないけど、それでも「女子」と接触して楽しみたい。
何となく仲良くできて一緒に飲んだりできれば、それだけで幸せ!

そんなちょいモテ願望、あっていいと思いますよ。

 

例えばうちの店にセッションに通って来てくれているお客さんだと、いつもセッションでご一緒するあの女子とバンドを組んでライブやりたい、とか、ありますよね。
セッションで知り合ってバンド組む、ってパターン、かなり多いですもん。
そういう需要ありますよね。

女子とバンドやると、これまでよりも少し生活に潤いが出てきますよね(笑)?
そう、その潤いが、明日の仕事の活力になるわけですよ!

 

で、まずは、バンドを組んでそこに女子を組み入れる。
もしくは、先に女子を確保しておいて、他のメンバーに声をかけてみる。

もちろんやる曲によっては、結局は男だらけのバンドになるかもですが、やっぱり人気は女性ボーカルもののバンドです。

女性ボーカルもののバンド目指しましょう!
楽しいですよ、女子がいると!

 

この女子をバンドに誘う、というのを是非実際にやってみましょうよ。
うちのお客さん対象にこの文章書いているので、その前提で話を進めます。

いつも通ってくれているうちのレギュラーセッション、必ずしも女性ボーカルものメインじゃなくても、いいと思います。
だいたいどんなジャンルでも女子の参加者はいますし、男性ボーカルものでも、歌いたい女子はいます。

実際、バンドとかセッションで男ものを歌っている女子、沢山います。
もちろん、女子はボーカルじゃなくても、いろんなパートでいます。

いつも顔を合わせていれば自ずと仲良くなると思いますが、もう、どんどんバンドに誘っちゃえばいいと思うんです。

男女問わずセッションに来ている人たちって、バンドに誘われればそれはそれで嬉しいはずです。
「自分の価値が認められてる」っていう感じですね。

だから、別に女子に拘らずに、セッション仲間を是非、バンド活動に誘ってもらいたいです。

 

ライブをやる場所ですが、我田引水じゃないけど、うちの店でライブやる、ってことでバンドに誘うのは、かなりいいと思うんですよ。

決して、我田引水じゃないからね(笑)。

なんでうちの店がいいかというと、まず、うちの店に通ってきている人たちなんだから、その場所に慣れていて不安が少ないからです。
特にライブ慣れしてない人なんかだと、環境が変わると不安になるので、慣れたいつもの場所でライブができる、というのがいいです。

あとは、女子としては、「怖い」「汚い」ライブハウスにはなるべく行きたいくないはずなので、その点はうちの店なら問題がないですよね。

だから、うちの店でライブをやる前提で誘うのが、いいんです。

ただ、もちろんバンド活動をずっと続けていくんであれば、2回目以降のライブはうちじゃない、別の店でやってもらって構わないと思います。
やっぱり皆さん、いろんな店でライブやりたい、ということでヒト所には留まらないのが常なので。

一応断っておきますが、うちでやって欲しいから言ってる訳ではないです(笑)。
本当に公平に見て、そう思うから、ですよ。 

 

で、バンド組んでライブをやる、はいいとして、そこに会社の女子社員を呼びたいですよね(笑)?

普段会社の女子社員とは業務上の固いやり取りばかり、今の若い人たちは職場の飲み会も嫌々参加か、もしくは来ない、みたいな感じだと女子との楽しい会話はほとんどない…。

でも、「実はオレ、バンドやっててさ」なんて言って、会社の女子社員にライブを観に来てくれるように誘う、ってのもありでしょ?
いつも仕事の時に見せている自分の地味な姿と、バンドやってるカッコいい姿とのギャップ!
「課長、見直しました、カッコよかったです〜!」なんて、言われちゃったりして(笑)。

んで、JAM SESSONは明るい雰囲気でキレイで、女性が入り易い店だから、会社の女子社員も呼びやすい、っていうのをこちらで説明しています。

痛恨のミスで成長するか

やっちまいました。
自分のせいで、この売り上げの危機の時に、数十万円の損をしてしまいました。
詳細は書けませんが…。

別のことで頭がいっぱいで、余裕がなかったのが原因です。

もう、脳みそを取り出して、洗いたいくらいです。
ショックで、先程は何も手につかなくなりました。
こんなに脈が上がったのは、久しぶりです。
ヤバくて焦って、ドキドキしてしまいました…。

本当にバカ、悔しい…(涙)。

 

でも、いつだってアテクシは、危機を乗り越えてきたんです。
追い詰められて奮起して、成長してきたんです。

サイヤ人みたいなもんです。
死にかけて、回復したら前より強くなってる、みたいな。

だから、今回もこれを教訓にもっと成長して、損を取り返してやりたいです。

 

追い詰められると、目が覚めます。
人は変化を嫌う生き物なので、追い詰められないことにはこれまでの延長線上で生きようとしてしまいますが、さすがにヤバイ、もう何かを変えなければ、って今は思えます。

だから、やらなければならないのにやってなかったこととか、この勢いでやり始めそうです。
そうなったら、次のステージに行けるかも。

って結局、焦って何も手につかなかったのから一転、ポジティブに捉えています。
この前向きさが、自分の強みだと思ってます。

 

今回は、本当にしょうもないブログ書いてますが、もう自分を鼓舞しないと居ても立っても居られない状況です。
ギターも弾きたいと思わん。
落ち着けない。

病み上がりだから筋トレとかしたくないけど、やらないと心を鎮められない…。

会社の女子社員を呼びやすいライブ

ライブをやる時、会社の女子社員にも観に来て欲しいって、思いませんか?
でも、音楽系じゃない女性にとっては、「ライブハウスは怖いところ」なんですよ。

確かに、ライブハウスは怖いところです。
真っ暗で煙モクモクで、店員さんも怖いおにーさん…。
おまけにトイレは、だいたい汚いですね(立って「する」男性だとトイレの汚さが気にならないかも知れないけど)。

そんな場所に、女性は行きたくないんです。

 

なのに、あなたはそんなライブハウスでライブをするんですね?

じゃあ、とてもじゃないけど、会社の女子社員はライブに呼べないですね!

 

JAM SESSIONは明るい雰囲気で、店員さんも「お金をもらいに来ているだけの態度の悪い人」はいませんし、トイレがきれいです。
つまり、女性が入り易いんです。

ただしこういう感じの店は、確かに女性は入り易いかも知れないけど、機材がショボくてPAオペレートも素人レベル、っていうところが多かったりしませんか?
そういうところでは、ちゃんとしたライブ、っていうのがなかなか難しい…。

そこいくとJAM SESSIONは、女性が入り易いのにも関わらず、機材が充実でPAオペレートも手抜きなしで、ちゃんとしたライブができるんです。
だから女性客も呼びたいし、ちゃんとしたライブもしたい、ということなら、是非JAM SSESSIONを選んで下さい。

女性客を呼ぶのか、ちゃんとしたライブをするのか、どちらかの2者択一って、もう必要ないですよ。
両方とも、ちゃんと叶えられるので。

 

貸切ライブならこちら

当店主催のブッキングライブならこちら

当店のコロナ感染対策はこちら

JAM SESSIONのコロナ感染対策

土日のライブの利用がなくて、マジ、経営の危機です!!
うちだけじゃなく、他のライブハウスも状況は似たようなもんだとは思いますが…。

で、うちでライブをやっていただくことが比較的安全ですよ、ってことを知っていただきたく、コロナ感染対策をここに紹介します。

 

前から、トイレは綺麗です。
説明する必要もないですね。

便座を拭くアルコールも、常設です。
知ってますよね!

各机に、アルコールジェルあります。
この度、増やしました。
こまめにみなさんに使っていただけます。

そして、机にアクリルのパーテーションを置きました。
少しですが、隔離性が高くなっています。

前からステージとホールの間に、透明ビニールシートを設置していましたが、この度、面積を広くして、より隔離性を高くしました。
現時点では人の移動性(動線)を考えて、ステージの両端までは設けていませんが、要望があれば変更も可能です(ビニールシートは予備があるので増設できる)。

フロントのマイク4箇所に、飛沫拡散防止のシールドを付けました。
効果はそれほど期待はできませんが(呼気と飛沫はどの道回り込んでしまう)、やらないよりはマシ、ということで付けました。

そして、ライブの時は関係ないですが、セッション時にはボーカルさんごとにスポンジのポップガードをお貸ししていて、各個人で使っていただいています。

この度、検温計を導入しました。
セッション営業時は受付の手間があるので使っていませんが、ライブの時は入店者1人1人を検温します。

この他、空気清浄機も、引き続き使っています。

あとは、ライブ時には休憩時間を兼ねた空気入れ替えの時間を取り、密になり過ぎないような入客のルールを考えてあります。

 

ここまでの対策をしていますので、どうぞ、ライブでの利用をお願いします。

年末に、クリスマスコスプレブッキングを、企画しています。
参加バンドを、大募集中です!
ブッキングの詳細はこちら

お誕生日パーティー、っていうサービスの…。

今後なんですが、「お誕生日パーティー」というのを、パッケージのサービスとしてやっていくことにしました。
うちのステージを使って、普段取り組んでいるバンド活動や、ダンス、その他、周りの人にお披露目できる何かを、ご自身のお誕生日パーティーで発表してもらいたいのです。

うちの店でしたら、飲食しながらステージも使えるし、スクリーンとプロジェクターもあるので、動画や画像をみんなで楽しむこともできます。

「この様なパーティーをデモンストレーションする」ためのパーティーを、年末にやります。

文章の説明だけでイマイチわからないので、こんな感じですっていうことでやります。
皆さんに参加していただくことで、どんなものか知ってもらいたいのです。

日程的にも忘年会っぽくできますので、もう忘年会だと思って皆さんに参加していただきたいです。

バンド演奏もやりますし、何か発表したいものがあればそれもやっていただきたいし、オープンマイク的にもステージを使ってもらいます。
もちろん、飲食あり。

ステージを使ったものは、下記を想定しています。

 バンド演奏
 生バンドカラオケ
 ダンス
 演芸
 お笑い
 朗読
 オープンマイクで弾き語り等

先にも述べましたが、大型スクリーンとプロジェクターもありますので、動画の鑑賞なんかもできます。

飲食は、料理6品付き飲み放題です。

参加費5,000円。

 日程 2020年12月30日(水)
 時間 15:00〜20:00想定
 場所 もちろんJAM SESSION
 費用 5,000円(料理6品付き飲み放題)

具体的な参加希望は、メール等でご連絡下さい。
あとは、これからフェイスブックでイベントを立ち上げると思いますので、そちらに参加と書き込みをお願いすると思います。

クリスマスコスプレブッキング

夏以来、久しぶりに店主催のブッキングライブを、行います。
12月26日(土)に開催予定です。

ジャンルは、今回は問いません。
何でもアリです。

その代わり、出演者全員に、コスプレをお願いします。
クリスマスシーズンなので、クリスマスにちなんだものを始め、色んな、思い思いの格好でお願いします。

コロナ禍の自粛で閉じこもってたストレスを、吹き飛ばして下さい!
お祭り気分で、ハッチャケて下さい!

ちなみに、コロナ感染の心配からお客さんを呼べない、だからライブができない、という意見を多く聞きました。
このブッキングライブに向けて、最大限のコロナ感染対策をします。
当店のコロナ感染対策は、こちら
観客は全員マスク着用、そして声援なし、で、お願いすることにします。

感染の危険が極力少ない環境でやりますから、是非お客さんを呼んで下さい。

ただし、会場の密を避けるため、同時の入場を制限できる様な仕組みを設けます。
人数制限は基本設けませんが、複数バンドを観る場合には追加でドリンクを買わなければならない様にします。
観るバンドが1つ増えるごとに、ドリンクも追加で1オーダーお願いすることとします。
合計3バンド観るなら、追加で2ドリンク必要、ということです。

もちろんどんどん飲む、という人は何バンドでも観ると思います。
が、お目当の1バンドだけ観て帰る人も多くなると思いますので、密が避けられるでしょう。

バンドの転換の時間を、長めに取ります。
その転換の時に、お客さんも一度会場から出てもらいます。
店内の換気も兼ねます。

そして複数バンド観るというお客さんは、再入店時にまたドリンクチケットを買ってもらいます。

バンドごとの終演後にお客さんと挨拶したい、会話したい、という場合は、会場の外に出てお願いすることになります。
コロナ感染対策です、ご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いします。

ブッキングに関するページは、こちらです。

あなたもカレー定期いかがですか

あなたもカレー定期、いかがですか?
今、人気なんですよ!!

うちの店、普段のセッションの日なんかに、カレーをお出ししているの、みなさんご存知ですよね。

今はバターチキンカレーとドライカレーの2種類が、レギュラーメニューです。
ごくごく稀に、別のカレーも出したりすることともあります。

でね、一部ご存知の方もいると思いますが、カレー定期ってのがあります。
すごいでしょ(笑)?

定期を持っていると、来店の度にカレーを1食食べられます。
どっかのラーメン屋さんが同じようなことをやって、ニュースになってましたね。
うちは、そのラーメン屋の報道よりも先に、すでに定期やってます。

1年定期と、10年定期と…(笑)。
まぁ、現実的な1年定期以外は、誰も買わないですけどね。

その定期、セッションで通ってくれている人にとってはお得なので、最近持っている人が増えているんですよ。

だから、みなさんにそれを試してもらいたいんです。
どれだけお得か、どれだけ美味しいか。

10年定期は冗談なので、置いておいきます(笑)。
1年定期のことだけ、話します。

1年定期が、15,000円です。
カレーが1食700円なので、22食分です。
月に2回食べると、得できます。
月に4回くらい来てくれている人なんか、ものすごく得してます。

このままでも十分お得なんですが、今回なんと、ガチャガチャのクーポンが余っていたら、それを値引きに使えるんです!!!
11月いっぱいまでの、期間限定特別サービス!!!

ガチャガチャクーポン、余ってますよね?
特にVIPのメンバーさん、毎回ガチャガチャだから何十枚もたまっているとか…。
家に帰ると、ごっそり置いてある(笑)?

クーポンは、有効期限が切れてても構いません。
20枚以上持っているなら、是非値引きに使って下さい。
20枚で2,000円引き、30枚で3,500円引きです。

 クーポン20枚

  ¥15,000 → ¥13,000

 クーポン30枚

  ¥15,000 → ¥11,500

クーポン持参の上、カウンター内のスタッフに申し付けて下さい。
どんどん、お願いします。

ちょいと顔を出してそこでライブの宣伝をするということ

うち、音楽の店です。
みなさんセッションを楽しんでいます。
セッションを楽しむために、集まって来るんです。

でね、セッションでステージに上がった時に、自分のバンドのライブの告知をする人がいます。
よくあるんですよ、そういうの。

「○月○日に、○○でライブします。良かったら来て下さい!」

でもね、誰に宣伝しているんですか?

 

あ、会場にいる人に、宣伝しているんですよね。
わかるわかる。

でもね、ワシが言いたいのは、あなたとその会場の人とは、どういう関係なんですか、ってこと。

いつもの仲間に「今度ライブやるから来てね〜」は、意味があります。
仲間は、きっと来てくれます。

仲間ならね。

 

でも、あなた、もしかして、この会場のみなさんとそんなに親しくないんじゃない?って時、あります。
別にいつもみんなと仲良くしている訳じゃないよね、とか、なんなら、ここに来るの初めてだよね、みんな初対面だよね、って時も…。 

え、じゃあ誰に向かって宣伝したの?今…。

 

もしかして、関係の構築できてない相手に、宣伝したの?
それで、誰か来てくれるって、本気で思うの?
そう、思えちゃうの????

あなた、初対面の人に急に「ライブやるから来てね〜」って言われて、ライブ観に行ったことありますか?
普通は、ないよね。
よっぽどの才能を感じる素晴らしいアーティストだったり、かわい子ちゃんだから下心があったりなら、行くかも知れないけど…。
ちょっと上手い程度の素人さんのライブだったら、仲間じゃない限り、まず、行かないよね?

だから、あなたのライブにも、基本的に来てくれないはずなんですよ(もちろん来てくれる可能性がゼロ%ではない)。

 

居酒屋でたまたま隣に居合わせた人に、急に「この印鑑とてもいいんですよ、運気が上がるんですよ、買いませんか?」って言われて、ハイそうですかと買いますか?

まず、買わないですよね。

それと同じくらい、その告知は無駄。

 

人は、関係性のある人からなら説得や勧めに応じるけど、いきなり知らない人に買えと言われても、欲しいと思ってもいなかったものを買うことはないんです。

他の参加者の皆さんは、自分「が」セッションで演奏を楽しむために、この店に来ています。
あなたのライブを観に行くため、じゃないんです。

いいですか?
同じことを繰り返します。
他の皆さんは、ご自身「が」セッションなりを楽しむために、店に来ているんです。
ライブの告知をするであろうあなたとの出会いを求めて店に来ている訳では、決して、ないんです。

あなたとの出会い、あなたからの告知、を、求めていないんですよ。
欲しいと思っていない。

 

つまり何が言いたいかというと、ライブに来て欲しいなら、まず先に関係性を築きなさい、ってこと。
関係性を築くには、何回も足を運びなさい、ってこと。
そして、ちゃんとコミュニケーションを取りなさい、ってこと。

ライブの宣伝のために、にわかにセッションに行く、なんてのは、全くの無駄、ナンセンス!
それが目的で、初めて行くところで宣伝しても、誰も聞く耳は持ちません。

何回も顔を合わせて、挨拶する様になって、会話する様になったら、告知した時に「あなたのライブなら行きたい!」になるんです。

そこがわかってない人が、結構いてクリビツ!!

えっとね、初対面でも会話したんだから、もう告知していい、とかいうことじゃないですからね…(苦笑)。

 

で、前にもブログで書いたけど、縁もゆかりもないライブハウスをまわって自分のライブのチラシだけ置いて帰る人、マジでいるんですよ…(笑)。
3,000枚刷ってあちこちのライブハウスやスタジオに置いてもらっても、まず誰も来てくれないでしょうなぁ。

うちの店でもね、従業員さんと下記の様なやり取りが…

 誰だか知らない人のライブ告知のチラシ、増えてるんだけどこれナニ?
 あ〜、昨日来たお客さんが、置いてったんです。
 そのお客さん、よく来るの?
 昨日初めて来たみたいですよ。

って、オイ…。

印刷屋さんは、3,000枚でいくらいくら、はい毎度あり〜、以上!…ですよ(笑)。
配ってる本人は、3,000枚配ったことで、ある種の達成感を覚えているんでしょうがね。

 

バンドやってて、観客を動員したい。

ならまず、1箇所か2箇所、自分のホームグランドとなる場(店)を決めて、セッションなり何なりに通い続けて下さいよ。
そこで他の参加者との関係性を、ちゃんと築いて下さい。

そしたら、そのうち何人かはライブに来てくれる様になるでしょう。
そこをとっかかりにすれば、その人が「この人たちいいよ」って言って、友達に勧めてくれる様にもなるってもんです。

何箇所も何箇所も、しかもそれぞれに1回か2回しか行かないなら、ほぼ集客効果はゼロのままだろうなぁ。

だから何箇所も行かない、まず同じところに何回も行って、そしてとっかかりとなる誰かとしっかりつながる。

これしかない!!

もううちの事業理念、人と人とをつなげるライブハウス、ってのが、ぴったり当てはまっとるな(笑)。

いやね、結局は人と人とのつながりなんですよ。
それなしに、ライブ動員なんてない、ってこと。
特にアマチュアの場合はね。

ライブハウスがつぶれ続けると

コロナの影響で、ライブハウスとか、うちみたいなライブバーとかが、どんどん廃業してますね。
飲食業(ライブハウスの営業許可は「飲食店」です)全体がヤバイからというのももちろんあるし、あの大阪かどっかのクラスターの最初の報道ですっかり「ライブハウス=感染する場所」って決めつけられて、会社からは「ライブハウスには行かないように」なんて、間違った認識を根拠に禁止令が出たりで、業界全体が虫の息です…(涙)。

これからも、もっと多くの店が潰れていくよ、きっと。
うちだって、相当ヤバイ。

で、普通なら、ライバルが倒れてくれれば倒れてくれるほど多くのパイを得られるっていう考えが成り立つんだけど、うちの業界、特にうちのサービス内容、セッションをメインとした店、は、ライバルがいなくなることが実はとてもよくないことなのだ!!

 

どういうことか…。

 

セッションて、やる場所があるからやる人口が増えてきた、という面があります。
もちろん、最初はやる人がいるからこそその需要でやる場所が増えてきたんだけど、それが同時に、今までセッションに関わったことがなかった人たちが、そんなのがあるなら、そんなことができる場所があるなら、ってことで、新たに始めているんですね。

学生時代にバンドとかやってたけど就職したらやめた、っていう人が、バンドじゃなくて1人でも参加できるセッションていうのがあるならまた楽器演奏を復活させよう、ってことで再び楽器を手にしてきたんですよ。
結構たくさんの人たちが。

となると、やる場所がなくなればその人たちは逆に再び楽器を置いてしまうんですね。
セッションできる場がなくなれば、やめていってしまうんです。

これにより、マーケット自体が縮小してしまう。
ライバル店が減って生き残った店のパイが増えるんじゃなくて、やる人口自体が減っていってしまう。
せっかく頑張って生き残っても、パイは一向に増えないんです。

業界全体がしぼめば、雰囲気的に盛り上がらないじゃない?
セッション行こうよ、って、ならないよね。
そうしてセッションという文化自体、消滅に向かう訳ですよ。

そもそも、最近の若い人たちが、世界的に、楽器を弾かなくなっている。
それは、フェンダーが何かで発表したよね、どんどん楽器が売れなくなってきてるって。

ということは、学生時代に楽器やってて社会人になってやめたけどまた復活させる、っていう人たちは、時代とともにどんどん少なくなっているんですよ。
もう楽器もセッションも、すでに斜陽の時代なんです。

その斜陽の時代、将来に明るい展望がない業界にあって、今回の店舗減少は追い討ちとなる訳ですわ。

 

なので、ライバル店であってもなるべく生き残ってくれないと困る、っちう状況なんです。
っつーことで、あの店も、この店も、踏ん張って欲しいのだ。