MurataMakoto のすべての投稿

ライブ集客のヒントがここにあった!

とある人気ブロガーさんが、書いていたそうです。
ただ該当の記事を、探したんだけど見つけられなかったので、伝聞の内容を書きます。

その人は、ミュージカルをやっていて、ほぼ毎回チケットはソールドアウトみたいです。
大人気なんですね!!

で、そういった公演をやる時に、出演者にチケットノルマを課すというのは、よくある話です。
バンド界隈でも、ライブやるならチケットノルマって、ありますよね。

でもその人は、まぁそれはおかしいんじゃないかと。
ノルマなんて課すから、出演者に変なプレッシャーがかかって、負のエネルギーが出てしまうのではないかと。
それによって演技に集中できないから、いいものができるはずがないと。 

だから、その人主催のミュージカルは、出演者にチケットノルマを課さなかったそうです。

ただ、本当に呼びたい人だけ呼ぶように、と出演者には伝えたとか…。

   

その結果、連日のソールドアウトですよ。

   

該当の記事は見つけることはできなかったのだけれど、その人のブログを色々読んでいるとこんなことが書かれていました。

自分自身がまず自分の一番のファンになるべき、的な。 

そう、自分のやってる舞台のことを、本当に良いと思うことが大事なんですよね。
自分のやっていることが、本当に良いことだから、人にオススメできるんです。 

これを観てくれたら、本当に幸せになれる、そう確信できるから、本当に呼びたい人を、本気で呼べるんですよね。

  

バンドも、そうです。

そのバンド、付き合いでやってるだけなら、大切な人を呼びたいとかあまり思わないかも…。
本気でやっていて、本当に良いバンドだと思っていて、曲もサイコー、パフォーマンスもサイコー、っていう自信があったら、家族とか友達とか、元気になって欲しい大切な人を、呼びたいですよね!

だって、自分たちのステージを観れば、元気になれる、幸せになれるんだもん。

  

つまり、あなたの集客は、そういうレベルのものですか?
ということです。

あなたは、自分たちのバンドが、本当に良いものを観せられると思っていますか?
自信を持っていますか?
あなた自身が、あなたのバンドのファンですか? 

  

また、ここから逆算できるのは、全く集客しようとしていないバンドメンバーは、そのバンドに思い入れもなく、やる気もほとんどないということですよ。 

付き合いでそこにいるだけです。

バンド内の温度差、今一度ちゃんと確認した方がいいですね。
ちゃんと話し合って同じ方向向かないと、これからも集客はおぼつかないということです。

  

こういったことをちゃんとクリアしているバンドなら、ノルマなしという条件でライブをやれるんでしょうね。

ノルマなしということは、集客できることがわかっているからその条件でやらせてもらえるということです。
集客できないから、ノルマを課されてしまうのですよ。

  

あ、人気のないハコがノルマなしで出演者集めてるのとは、話が違いますからね(笑)。

  

うちはノルマなんか課してません、的な、頑張ってるライブハウスもありますけど、要はそういうことですよ。

こういったことを既にクリアできているか、今後の頑張り次第でクリアできそうだな、っていうバンドのみ、出させてもらえるんです。

  

本当に良いことやって、自分たちを大好きになって、その本物の気持ちを持って挑みましょうよ。
そうしたら、誘えばお客さんも来てくれるでしょう。

だって、本当にいいものを観せてくれるんだから。

 

まぁ、営業の世界でも言われてますよね。
営業担当がその商品に本気で惚れ込んでいるから、売れるんだ、と。

自分の扱っている商品に自信がなければ、本気のオススメはできないですからね。

  

と、自分にも言い聞かせるのである(笑)。

改めて、うちの店のご紹介を!!

お店のコンセプトとか、いまいちちゃんと説明してなかったので、とりあえずはこのブログの場で伝えておきます。
のちにこの文章は、店の紹介文として別の場所に移植します。

まずどんな店なのか、というご紹介です。

JAM SESSIONは2013年7月16日(火)にオープン、ステージがあってセッションやライブが楽しめるライブバーです。
ライブハウスちっくな、ライブバーです。

え??

店主はイメージ的に、「ライブバー=小規模」「ライブハウス=ライブバーよりも本格的」みたいなイメージで考えてます。
単純にライブバーです、って紹介すると、「あ、しょぼい感じの店ね」って思われてしまいそうなので、「そうじゃなくて」って言いたいのです。

まぁ、広さ的にはライブバーですよ。
実際に、ライブバーです。
メインは、バーなので。

でも、ちゃんと段の上がったステージがあって、本格的なバンド機材があって、PAオペレーションも照明も、ライブハウス並みですよ、ってことです。

ライブバーっていうと、機材とかテキトーな感じしません??
まぁ、音が良ければいいんですが、どちらかというと間に合わせの安い機材しか置いてないイメージが…音なんてどうでもいいというか…。
家庭用の練習アンプ置いただけとか、ね。

PAなんて、機材もシステムも簡易的なもので、オペレーションなんてほぼやらない、っていうイメージ。

まぁ、それがライブバーですよ。
多分、それはそれでいいんです。
別にそれが悪いということが言いたいんじゃなくて…。

どういうことかというと、当店の場合は、ドラムもフルサイズだし、ギターアンプだってマーシャルのスタックが2台、JC-120が2台、ベースアンプのスタックが2台なので、決して簡易的なものではないでしょ、ということなんです。
ライブハウスの標準よりもむしろ豪華にしています、どうですか?ということが言いたい…。

PAは、まず32chのデジタルミキサー。
スピーカーはサブウーファーも入れてます。
返しのモニターは4chでスピーカー5台。
当店の規模からしたら、これ以上はないっていうところまで構築してます。

これらをもって、ライブハウスちっく、です。

なので、ライブ、普通にできるんですよ。
ライブバーだと思って舐めてると、意外と音がいいという(笑)。
まぁ自慢だけど、先日ある有名プロミュージシャンの方が初めて使ってくれて、なか音のバランスがとてもいい、と褒められました。
そして、そと音は、もちろん本気で作っているので、いいはずだと、自分では思ってます(笑)。

でね、本格的なPAオペレーションしてますとか、そと音を本気で作ってます、って言ってもあまりにも抽象的でわかりづらいですよね?
なので、具体的に説明します。

うちのPAのコンセプトは、まず何よりも第一なのが、ボーカルが聞こえる様に、です。
当たり前、と思われるかも知れませんが、そこに重きをおいているライブハウス、そこはあまり気にしていないライブハウス、がありますね。
多分PAオペレーターさんは全員、ボーカルが聞こえるように音作りをしたいんだと思うんですが、ジャンル的に爆音系ばかりのハコだとボーカルが聞こえないなんていうことはよくあります。

そして、当店の場合は初心者さんにもどんどんライブをやってもらっているので、ボーカルさんの声量が足りないということがよくあります。
そんな時は、楽器隊の人たちに音量を抑えてもらえるようにお願いしています。
多分ここら辺のやりとりが面倒臭いので、他のハコではボーカルの聞こえないライブというのがよくあるんだと思います。

そして、あとは、ギターソロがちゃんと聞こえる様にしています。
基本、ギタリストさんの方で音量調節をしっかりとやってもらっていますが、もちろんPAでも音量をあげてソロが聞こえる様にします。
音量調整をしないギタリストさん、音色的にギターソロが聞こえてこないギタリストさんなんかとは、話し合って、音量を操作してもらったり、音色を変えてもらったりして、ギターソロが聞こえる様にしています。

これらが、こだわりです!!

まぁあとは、全体のバランスを取るために、音色のことも楽器隊の皆さんにお願いしたりします。
「お客様」体質の演奏者の方には煙たがられますが(笑)、いいものを一緒に作りましょう、という考えに賛同していただけるなら、お互いに面倒臭いですが手抜きなしで交渉させていただいています。

そして、当店はダイニングバー的な要素も持っていますよ!
常連の皆さんはよくご存知かと思いますが、平日のセッションはカレーと唐揚げを出してます。
カレー定期券もありますし、常連の方に使っていただいています(笑)。

当店で出しているのはバターチキンカレーなんですが、どういうカレーかというと、美味しいカレーです(笑)。
開発している店主の好みの味なんですが、「エバラの美味しいキムチ」を美味しいと感じる人ならば、当店のバターチキンカレーは美味しいと感じると思います。
「エバラ…」の開発の人と、きっと味覚が似てるんだろうなぁって、思いました。
CoCoイチ、ボンカレー、吉野家のカレー、蕎麦屋のカレー等が美味しいっていう人だと、当店のカレーはお口に合わない気がします。

ちなみに残念がら、土日祝日のライブの時は、基本的にはカレーや唐揚げをお出ししておりません。
なぜなら、人員やオペレーションの問題です。
それと、初めて観に来るお客さんが多いとライブハウスで料理を注文する習慣がなく、用意しても出ずにロスになるため、用意すらしないことにしています。
平日のセッションは常連の皆さんばかりなので、カレーがある、とわかっているから注文していただけるんですよ。

まぁ平日はそんなもんなんですが、パーティーでご利用の時は、ちゃんと料理をお出ししています。
なので、複数の大学OB会で定期的に使っていただいていますし、毎年年度の切り替えで使っていただける会社さんもありますし、その他歓送迎会、忘年会などでもよく使っていただいてます。

イメージでいうと、神田のイゾルデ、四谷のソケースロック、新橋のさんろす、五反田のロッキー、木場のif、あたりとかぶるんですかね。
ちゃんと料理できますよ、的な。
この「ちゃんと」っていうのが、大事ですからね(笑)。
中には、おつまみメニューはあるけど、頼んじゃいけない店ってありますので。
うどんみたいなふやけたパスタが出てきたり、焦げたフライドポテトが出てきたり(笑)。
炒めたエビにメキシカンなホットソースをかけたものを、エビチリです、って出された時は驚きすぎました(笑)!!

こんな感じで、皆さん、少しはイメージ膨らみましたでしょうか?
通ってきてはいるけど、そこまでは知らなかった、っていう人もいるでしょう。
知ってください!!

イベント企画するのに慣れてない人が相談できる

ブッキングライブを自分で企画したいんだけど、やったことがない、慣れてない、どうしたらいいかわからない、不安…、という人、結構いるんじゃないかなぁ。
どうですか?

自分でブッキングライブを企画できれば、自分の好きなバンドだけ集められるし、自分の考えた内容を盛り込むことができるし、自分の表現したいコンセプトでできるし、やれたら本当にいいのにね。

もちろん自分でドンドン考えて(考えずに?)行動しちゃう人もたくさんいるけど、自分はイマイチ不安で踏み出せない…。
そう、あなたは、慎重なのですよ。

 

ライブハウスって、怖いイメージありますよね。
だいたいのライブハウスは態度の悪い店員が必ず1人はいるし(笑)、なんだったら全体的に態度悪いし、なんか不機嫌で怖そう…。

ブッキングを企画したいからライブハウスに相談したいけど、常識わかってなくて変なこと言うと怒られそうだし、質問しても面倒臭そうに返されそう。

わかるわかる、ライブハウスは元々そういうところだからね!

 

う〜ん、そうね〜、うちは、そういうの安心して相談できる店、ってことでやっていこうかなぁ。

一緒にイベントを考えて、思い通りのブッキングライブを企画しましょうよ。
っていうことで、やっていきますよ。

うちもね、色んなメニューを用意していて、こういうイベントやりたいならこれ、こういうのやりたいならこれ、っていう風に、こちらで決めた枠組みで選んでもらってたんです。

でもね、決まり切ったことができるのはまぁいいとして、普通のライブにはない様なあんなことやこんなことが、盛り込めないのよね、それだと…。

だから、相談できる、一緒に考えていけるイベントを、やれたらいいなぁと思ったのです。
何よりも、自分で企画したことのない人、企画するのに慣れてない人にとって、相談しやすい店にしていこうかなと。

できれば、店に来てもらって会場を見ながら、具体的にああしたいこうしたいというのを言ってもらって、一緒に考えていきたい。
即答はできないかもしれないけど、物理的に不可能ではないことはなるべく実現させたい、そんな思いです。

だってね、ブッキングイベントの企画に慣れていない人の方が、常識通りじゃない、何か面白いヘンテコな発想とかを持ってそうじゃない(笑)?

 

だから、企画に慣れてない人、全然わかってない人、ちょっと変わったことをやりたい人、ど〜〜んと相談に来て下さい!!

イメージとしては、結婚式、かな。
一生に一度の晴れ舞台(じゃない人もいるけど)、絶対に成功したいじゃない?
だから、結婚式場を慎重に選ぶし、何度も足を運んで打ち合わせを繰り返すし、ね。

ライブハウスとかだと、何度も足を運んだり相談したりしたら、面倒臭がられそう…。
だからみんな、ライブハウスの用意したメニューから自分のやりたいことに一番近いものを選ぶだけ…、相談なんてできない…。

だったら、心がけます。
気軽に何度も相談できる、感じのいい対応を(笑)。

オーダーメイドのブッキングライブ。
な、感じかしら。

だから、相談してね〜!!

ブッキングライブに慣れていない人のために その3

前々回、前回、の続き。
まぁ、3部作の最終回的な。

ブッキングライブに慣れてなくても、学んでおけば少しは安心だ!

 

前回はリハについて述べました。
まぁ、とても大事な部分は前回で終わってるんですな(笑)。

で、今回は本番に挑むにあたって、ですよ。
まぁ、もう、突っ込んでくしかないので、何を書いても意味はないかも知れんが。

 

全部の組のリハが終わりました、ブッキングの主催から挨拶とお話がありました、さぁ開場時間です、お客様が入ってきますョ〜〜。

皆さんは本番までは待機です。
緊張するねぇ!!

ライブハウスによっては、スタッフが呼びに来るまで楽屋で待機を求められることもあります。
が、対バンの演奏を観てあげるのも、大事な交流の一つなので、それぞれの考えで過ごしてね。

そして、本番の演奏を迎えます。
本番は、まぁ緊張せずに、つっても緊張していると思うけど、とにかく楽しむことを優先で(笑)。

ステージのセッティングは、前の組がはけてから、行おう!!
前の組がまだ片付けしてる時に、どんどん自分のセッティングを始めちゃう人って、初心者に多いです。

片付けしてるのに準備始めちゃったら、片付けが止まってしまいます。
邪魔すんな!!!

とりあえず、落ち着け、落ち着いて待て。

で、前の組がはけて来る時に、「お疲れ様」と挨拶をしましょう。
逆に、はけた人は次の組に「よろしくお願いします」と挨拶をしましょう。

これは、普通にマナーとして行われていることです。

その際にPAさんやアシスタントのスタッフもステージにいるので、「よろしくお願いします/ありがとうございました」と挨拶をしよう。

自分はお客様だ、という態度は、くれぐれも取らないように!
このことは多くのPAさんが言っています。

日本は、挨拶の文化です。
それをできるかどうかで、周りからの印象と評価が変わって来るぞ。

ステージは自分たちだけではなく、共演者、スタッフ、お客さんを巻き込んで、全員で作るという認識を持って、お互いに気持ちよくできる様にしましょう。
挨拶して気持ちよくライブができたら、仲良くなったり、今度また対バンしたり、ということにもなっていくでしょ。

もちろんPAさんの方が業者さんなんだし、出演者の方がノルマなどを払っていればお客様的な立場なんだけど、お客様的に偉そうに振る舞えばPAさんにいい仕事をしてもらえないよね。

PAも威張るな、って話ですが(笑)。

 

で、本番が始まる前は、くれぐれも余計な音は出さないように。
セッティングが終わったら、自分の音はすぐに止めます。
これはリハの時と一緒。

リハで音の確認はしてるんだから、音が出るかどうかの確認だけで大丈夫なはず。
ここで練習し始めたり、腕自慢を披露するのは、絶対にダメ!!
とはいえ、これやる奴の多いこと…(トホホ)。

さて、演奏の準備は整いました。
そしたらリーダーは、PAさんに準備が整った旨を伝えるべく、目配せで合図を送ろう!!
これをしてくれないと、いつBGMを止めたらいいのか、いつ照明をつけたらいいのか、わかりませんです。

で、実際に本番の演奏が始まると、返しの聞こえ方が変わってしまうことがよくあります。
それはいろいろな原因があるんだけどね。

まず、緊張から自分の調子が変わってしまうこと。
舞い上がって、何も聞こえない、なんてことはよくある。

そして、緊張から力が入りすぎて、演奏の雰囲気が変わってしまい、誰かの音ばかりが大きくなることもある。

はたまた、お客さんがたくさん入れば、そのザワつきで演奏の音が聞き取りづらくもなります。
リバーブの音は人がたくさんいると吸い込まれてしまうので、聞こえ方が変わるなんていうのも常識。

そんな中、演奏しないといけません。
大変なのよ。

で、どうしても何か聞こえない音があったら、PAさんに合図を送りましょう。
耳を指差して「聞こえない」「上げて」と口パクをした後、どのパートが聞こえないのか指さす。
これで通じる。

例えば自分の音が聞こえない場合は、口パクの後、自分の楽器を指差します。
ボーカルさんの返しが欲しい時は、口パクの後、ボーカルさんを指差します。

これができると、ライブ慣れしてる人っぽくて、かっこいいぞ(笑)!!

で、本番の演奏が終わりました、と。

リハーサルについて述べた前回でも触れたけど、マイクやキーボード、エレアコを持ち込んだ人は、演奏が終わった途端に線を抜くとかいうのは、絶対にやらない様に!
PAさんに、線を抜いていいか、電源を落としていいか、必ず確認を取ってください。

それでスピーカー飛んだら、次の出番の人たちは演奏できなくなるし、弁償だし、数日間営業を休むとなれば、営業補償だぞ! 

マジで、本当にこれ、覚えてね!
やる初心者の、多いこと多いこと。

PAさんによっては、ブチ切れられるぞ(笑)!!!

 

以上、3回にわたって記してきましたよ。
よくわかったかな??

これで基礎知識は得られた。
あとはブッキングライブに出て、経験を積むのみ。

幸運を!!

ブッキングライブに慣れていない人のために その2

前回の続き。
ブッキングライブに慣れていないと、不安は多い。
だから、学んでおきましょう。

 

今回は、リハーサルについて、詳しく述べますぞ。

リハーサル、リハ、です。

リハとは簡単にいうと練習なんだけど、みんなでスタジオ入って練習するリハとは違います。
ライブ演奏をする際はPAを通してライブハウス中に音を響かせるのだが、そのPA操作のために音量調節などを事前にやっておく必要がああると。

この事前の調整がリハです。

まぁ、出演者本人たちの機材の設定の確認ももちろんだけど、PAさんのための本番を迎えるにあたっての設定と練習、みたいな位置付けかしら。

ここで、自分たちの音量調節をしたり、自分の歌声や演奏が自分や他のメンバーにちゃんと聞こえるかの調整を行います。
そして本番は、音量等はそのリハ通りにやります。

もちろんお客さんの人数で若干聞こえ方が変わっちゃったり、気分やテンションで自分的にも聞こえづらくなったりで音が変わっちゃったりするので、本番中にその場での微調整をPAさんにお願いするのも可能。
PAさんに、ステージから合図してみて!

  

んで、ライブハウスにもよるけど、スタッフさんが「〇〇さん、リハの準備をしてください」と言ってきたら、はじめてステージに上がって機材の搬入を開始できる場合があります。
これは、店側の準備が整わないうちにステージに入り込むと、作業の支障になるから。

そんな声かけはなく、順番に入れ替わっていけばいいこともあります。
が、前の組の人たちがまだ片付けをしているのに、どんどん自分の準備を始めようという態度は、ダメ。
よく見かけるけどね。

で、ステージに上がったら自分の楽器の準備をしましょう。
この時にいくつか、注意点があります。

立ち位置やマイクの位置は、事前に出しているセットリストの通りに行ってね。

PAさんはセットリストを見て、いろいろ準備をします。
右に立つ予定の人が勝手に左に立ったり、右のマイクをわざわざ左に持ってくるという謎の行動をする人がたまにいるけど、これはPAさんの準備が台無しになるってことをわかって欲しい。
特にマイクの位置の入れ替えを勝手にやると、PAのチャンネルが入れ替わるので、怒られます。

そしてギタリストさんとドラマーさんにかなり多く見かけるんだけど、自分の練習、もしくは腕自慢を延々と披露してしまう人。
これは、PAさんにとっても、バンドメンバーにとっても、他の出演者にとっても、迷惑以外の何物でもない!!
延々と自分の世界に入って練習しているがために、リハが進まず、時間が押して他の出演者のリハーサルにも影響するという…。

マジで、これ系の人かなり多いので、注意して欲しいっす(笑)。

なので、自分の音づくりができたら、もう音は出さずに待機してね。
と言っても、やる人はやるんだよねぇ…(苦笑)。
これは、みんながちゃんと知って、やってる人がいたら注意してあげることが必要です。

そして、前にもブログで書いたけど、マイクが入ってるかどうか確認するためにマイクを叩くのは、禁止行為です。
そもそもマイクは打楽器ではない。
叩くことに耐えるようには、できていない。

あなたがもし、通りかかる人みんなに頭を叩かれても構わない、というなら別ですが。
それと同じ様なことを、マイクにするの?

マイクのオンオフを確認するためには、叩くのではなく、声を出して、確認をして下さい。
それができるかできないかで、ライブの経験がないカラオケレベルの人、っていうことがバレるぞ。

あとは、D.I.を通す、鍵盤楽器やアコギの人も、接続やスイッチのオンオフで、必ずPAさんに確認をすることが必要です。
ジャックに刺す、スイッチを入れる、は、PAさん側がやってくれたり、自分でいきなりやってもほぼ問題は起きない(稀に勝手に刺すなと言われる)が、抜く時、切る時は、絶対にPAさんに確認を取ってね。

自分の用事が終わったらさっさと電源を切る、ジャックを抜く、という乱暴な人がいます。
これのせいでスピーカーが飛んだら、弁償どころか、ブッキングライブ自体も中止になり、営業補償を求められるぞ。

で、ステージ上で自分の楽器の準備が終わったら、PAさんに順番に音が出るかの確認を求められます。
だいたいドラマーさんから、各々の太鼓を叩かされて、ちゃんと音を拾えているか確認させられます。
そして、各パート、単独で音を出して、全チャンネルの確認。

※ちなみに御徒町JAM SESSION は、いきなりみんなで「せーの」で音出しです。

全ての確認が終わったら、今度はアンサンブルで音出しです。
アンサンブルで音出しとは、バンドサウンドで全体のバランスを見る、ということ。

最初は大きくバランスを欠いている部分を修正するので、演奏は短めで音出しをします。
「ワンコーラスお願いします」などとPAさんに言われます。

「ワンコーラスって、何?」って、思う人も多いかと。
ワンコーラス、とは、1番だけ歌って下さい、的な意味。
イントロから、歌い出しがあって、1番のサビまで、っていうこと。

ワンコーラスで、って言われたら、ワンコーラスで終わりにしないといけません。
なぜなら、大きくバランスを欠いているのに修正できないまま演奏を続けても、時間の無駄だから。

大きく崩れたバランスを修正したあと、次の演奏からPAさんは音作りをします。
ここからは、「なかおと(中音)」が聞こえなければPAさんに伝えて下さい。

「なかおと」とは、ステージ上に返すモニター音のこと。
マイクなどで拾った音はPAのミキサーに行き、そこからまたステージ上に返されます。
歌声とか、ベース音とか、その音がないと自分の演奏に支障があるものは、ちゃんと聞こえるようにPAさんに調整してもらわないといけません。

ここで、注意が。

原則、なかおとは聞こえづらいもの。
特に生のドラムはかなり音が大きいので、お部屋で自分だけで演奏しているのとは、感じが全く違います。
なので、必ずしも自分の納得のいくなかおとには、ならないと思って下さい。

ただ、慣れてくればいろんな楽器が鳴っていても、自分の欲しい音を聞き取れるようになっていきます。
これは、慣れ、経験の問題だな。

ライブ慣れしている人は、リハが早く終わります。
慣れてない人は、自分の音が聞こえない、何々が聞こえない、と、いつまでもリハが終わらなかったりするのよ。
慣れていないと、バンドサウンドの大きな音量でびっくりしてしまい、冷静になれないというのもあるので。

だから、なかおとはどんなものなのか、経験して知っておく必要があるね。
そのためにも、ブッキングライブの出演回数は、ある程度必要だよな。

なかおとを聞こえやすくするための秘訣は、それぞれの人が必要以上の音量を出さないこと。
爆音になればなるほど、なかおとは聞こえづらくなります。

なので、特に慣れてない人たちは、音量を抑え気味で演奏した方がいいです。
自分たちの演奏の音量を抑え気味にしても、PAさんがちゃんと大きく出してくれるので、お客さんの聞こえ方は問題ないのだ。

 

PAさんにもよるけど、曲を長くやって欲しいとか、曲調の違うものをやって欲しいとか、色々要求が来ます。
その際は、リーダー格の人がさっと判断して、この曲のこの部分を演奏するべきだと決めなければなりません。

激しめの曲、バラードなど、バリエーションがある場合は、そういった要求が来るだろうと想定しておいてね。
あとは、同じ曲の中でもギターソロだけ音量が上がる、という場合は、その音量変化の確認が必要になることが多いので、自分たちからPAさんに申し出るとリハがすんなり進むことも多いと思います。

 

あとは若干残念な話ではあるのだが、ブッキングライブはとにかく時間がキツキツなので、PAの調整を完璧にすることができないことが多いです。
ワンマンライブであれば納得いくまで調整できるけど、他の組もたくさんいるとなるともう無理な部分もあるんだよねぇ…。

なので、ちょっとくらい聞こえ方が悪くても対応できるだけのスキルは、必要になって来る。

 

で、リハが終了しました、と。
ここでやること、です。

さっきも書いたけど、マイク持ち込みの人、キーボードやアコギをD.I.に差していた人は、PAさんに抜いてもイイか、電源を落としてもイイか、と必ず確認してね。
勝手にやると、怒られます。

で、ギターアンプ、ベースアンプのつまみの設定は、写メで撮っておきましょう。
今は便利だね!

そして写メしたら、基本はつまみは全部ゼロにして下さい。
それは、他の人もそのアンプを使うから(まぁゼロにしなくても文句言う人はほとんどいないと思うけど)。
あとは、電源切るときに全部ゼロにするのが、機材のため、というのもある。

そして、速やかに楽器を全てステージからはけましょう。
最近は「セッション」の影響なのか、楽器をそのままステージ残しておこうとする人がいるけど、それは絶対にダメ。

ライブはセッションではありません。
あなたの楽器がステージに残っていたら、次の人はステージ上でパフォーマンスができないでしょ?
ステージは必ず綺麗に次の人たちに明け渡して下さい。

 

どうよ、リハ、ちゃんとわかってないと、大変なことになるぞ(笑)。
知らなかった、じゃ済まされないこともある。

「免許持ってなかったんだから、人を轢いちゃっても仕方ないよね〜」じゃないのよ。
免許取ってから、車運転しろ、っていうこと。

ライブの常識を学んでから、ライブに挑め、ってことですよ。

 

次回もあるよ!

ブッキングライブに慣れていない人のために その1

ブッキングライブに出るのは、慣れてないから不安…。

そう、なぜ不安かというと、何をどうすればいいのかわからないとか、これをしたら怒られるかもとか、知らないと笑われるかも、って思うから。
だから、ちゃんと事前に知っておきましょうよ、諸々を。

 

ブッキングライブは、ライブハウスやイベンターさんが、出演者を募集してます。
って、んなことは知ってるよね。

で、ブッキングに出るには、審査がある場合もあります。
ジャンルとか、上手さとか、要求されたりされなかったり。

なので、自分に合ったブッキングを選んでね!
ロックやってるなら、ロックバンドが出られるもの、下手なら、下手でも出られるもの。

ライブに慣れてないなら、慣れてない旨を申し出た方が、いいかも。
知ったかぶりして見栄を張っても、あとで話が噛み合わなくなるので。

 

で、日程の調整もして、出演するブッキングが決まったとします。
まずは、出演するライブハウスに、自分たちのセットリストを提出する必要があります。

セットリストって、何?
って人、いるでしょうなぁ。

セットリストとは、出演メンバー、演奏曲、ステージ上での立ち位置、使用機材、などを1枚のシートにまとめて、事前にPAさんに渡しておくもの。
これを見てPAさんは、事前準備をしたり、本番中にマイクのON/OFFをしたりします。

セットリストにはまず、メンバー、パートを書きましょう。
何人いて、どういうパートがいるのかわからないと、PAさんは準備ができないのだ。
誰が何のパートなのかは、必ず書き込んでね!

そして、セットリストにステージの図がついている場合は、そこに必ず誰がどこに立つのか、立ち位置を記入しよう。
マイクがどこに欲しいのかも、書き込みましょう。
持ち込み機材がある場合は、それをどこに置くのかも、忘れずに。

照明さんも、セットリストを見て、演出します。
赤くしたり、青くしたり、暗くしたり、チカチカ点滅させたりね。

だから、曲名の横に曲調を書いてあげると、わかりやすいのだ。
これはバラード、とか、速めの曲、とかとか、ロック調、とかとかとか、赤っぽいイメージの曲、とかとかとかとかね!

といったことから、ブッキングライブに限らず、セットリストはライブに出るなら必須のものなのですよ。

ライブハウスごとに書式があったりするんだけど、必要な情報を全部書き込んでいるなら自分で作っても大丈夫。
まぁ、ライブハウスのホームページなどにUPされてると思うので、それを使えば問題なし。

で、ライブの前日までにFAXで送るか、メールに添付するか、直接持ち込んで提出しておきましょう。
前日までに提出しておかないと、ライブハウスのスタッフさんの準備が遅れてしまうので。

 

ライブ当日は大まかに、入店して、各バンドごとにリハをして、開場してお客さんを入れて、本番をやって、終わり、という流れ。

ライブの告知とかチケットに、「開場15:30 開演16:00」とか書いてあるよね。
開場というのが、観に来るお客さんが会場に入れる時間のことで、開演というのが、最初のバンドの本番が始まる時間のこと。

では実際の流れを、もうちょっと具体的に説明しましょう。

最初に入店します。
機材の搬入も、その時です。

出演者が会場に入ったら、リハがあります。
リハーサルです。
これは各バンドごとに行います。
事前にセットリストを提出してあるので、それを元にリハの準備をします。

リハとはなんぞや!!

リハは、本番前の練習、準備です。
本番の時は機材のセッティングはこの様にしますよ、PAさんはこの様に音を作りますよ、というのを決めておく場が、リハです。

なので出演者もPAさんも、リハで、自分がどの様にするのかを決めておく必要があります。
本番は、リハの設定の通りに、演奏します。

わかるかな??

つまり、ギターアンプの音量は、リハの時に決めておく。
ボーカルの返しの音量も、リハの時に決めておく。
ということ。

リハ、リハーサルは、バンドが練習をする場ではないです。
バンドさんも、PAさんも、本番に向けた準備をしておく場です。
音作りをしておく、ってことかな。

リハの細かいことについては、後述します。
語ると結構長いので(笑)。

 

リハが終わったら、開場です。
いよいよお客さんが入って来ます。

そして、本番の演奏を迎えます。
各バンド、パフォーマンスを披露します。

リハの時の通りに、機材をセッティング。
ボーカルの返しも、リハの通りのはず。

でも本番が始まったらテンパっちゃって、なんだか自分の音が聞こえなかった、なんてことがよく起こる(笑)。
それも、今後の反省材料。

そして全出演者の演奏が終わって、しばらく会場内で談話などをしたら、ブッキングライブ自体は終了です。
精算などを済ませて、機材を持って、会場を後にします。

  

こんな流れ。
まぁ、まずは流れを知ることから、ですな。

次回は、リハについて、もっと詳しく述べていきますぞ!
店主的に思うのは、リハで何をするか、っていうのが慣れてる人と慣れていない人との差だな、と。
ここが、大事なんだよ。

それでもライブでやって行く、って決めたんです。

御徒町JAM SESSIONは規模も小さく、ライブよりもセッションで盛り上がっています。
まぁ、ライブハウスではなく、セッションの箱、って感じかな。
名前がそもそも、だしね!!

ただ、セッションで盛り上がってはいても、オーナーであるアテクシ的には、元々ライブのできる箱をやりたかったのですよ。
無理してノルマを払って集客できずに赤字でライブする、なんてのは自分はまっぴらだったので、身の丈にあったライブができる環境をみんなに提供したかった。

んで、店作って、バンド活動をしている知り合いに、「そんなにライブをたくさんやっているなら、うちでもやってよ」と、何人も何人も声をかけましたとさ。

でも、ライブ活動は相変わらず盛んにやっているにも関わらず、都合がつかないと断られ、無視され、挙句に、「だってお前のところ、ライブハウスじゃないじゃん」とも言われました…。

みんながライブをやるところは、規模もうちより大きく、ライブハウスとして広く知られ、場合によっては老舗の有名店だったりします。

 
 
 

わかります。
ブランドなのよね、大事なのは。

「オレ、こんなところでライブやってます」っていうのが欲しいのよね。
狭いライブバーでライブやっても、カッコつかない…。

正直、すごく悔しいです。

人気のラーメン屋に並んでいる人と同じ。
みんなが並んでるから、自分も並ぶ、的な。
どうせ味なんかわかってないくせに(笑)。

 
 
 

JAM SESSIONを贔屓にしてくれている人はよく知っていると思いますが、機材も音も、ライブハウスに引けはとりませんよ。
小規模でも立派なライブを!というオーナーの思いを、存分に注いだ店なのだ。

でも、ブランドとか、みんながやってるからとか、そんなことが大事な人にとっては、うちは全くもって価値のない、ショボイ箱でしかない訳ですよ…。

 
 
 

単純に商売の話をすれば、儲かる部分だけやればいいんであって、ライブの部分は捨てちゃってもいいのよね。
無理して売り上げのつかない部分をやり続ける必要なんて、ないはずなんです。

 
 
 

が、やはり、初志を忘れられない!
身の丈にあったライブができる環境を、必要としている人は必ずいる。
だから、それでもライブでやって行く、って決めたんです。

今までも、自分で使ってみて確かめることができる人には、ちゃんと評価をされてはいます(そもそも使ってくれない人には全くわからないことなんだけど)。

現役のメジャーアーティストも、「ここはもっとライブをやった方がいい」と言ってくれました。
うちでライブをやった半月後に、武道館でライブ、なんて人もいました(その意味が、わかるかい?)。

 
 

そして、数々の有名人がJAM SESSIONのステージに立っています。

今までそんなのはあまり発表しないで来ていましたが、うちの店のことを本当に使う価値があるのか疑問に思っている人もいると思うので(笑)、この際発表しときますわ。

 
 
 

 五十嵐”Angie.”久勝(NOVELA)
 梅原”PAUL”達也(44MAGNUM)
 永川トシオ(NOVELA/GERARD)
 小畑ポンプ(すかんち)
 木暮”shake”武彦(RED WARRIORS)
 柴崎浩(WANDS)
 白田”RUDY”一秀(PRESENCE/GRAND SLAM)
 反町”YUKI”哲之(REACTION)
 高野哲(MALICE MIZER/ZIGZO)
 高谷”ANNIE”学(BLINDMAN)
 豊島修一(もんた&ブラザーズ)
 永井敏己(DED CHAPLIN/GERARD)
 永井ルイ(乙女のポリシー作曲)
 二井原実(LOUDNESS)
 西田”MARCY”昌史(EARTHSHAKER)
 広瀬”JIMMY”さとし(44MAGNUM)
 福田”Hiroya”洋也(ANTHEM)
 山下昌良(LOUDNESS)
 吉田レオ(MARINO)
 米川英之(C-C-B)
 よんぼ 市川善光(とんぼちゃん)
 和田アキラ(PRISM)

 (敬称略 50音順 しかも無許可)

 
 
  

どうよ!
今までバカにしてた人が、急にうちでライブをやりたくなったりして(笑)。

つか、なんか恨み節みたいな文章で、これ、どうなのかしら…。
でも、思いは伝わったかな。
伝えたいことは、伝えられたかな。

ちなみに、今後も有名な方のライブが決まってますヨン。
まだ発表はできないけど。

なんか、ジャパメタの人に偏っているのは、お許しを(笑)。
あと、有名だけど店主があまり興味のないジャンルの人もいまして、その人のことはよくわからないので割愛してます。
「あの人も来たよね」ってお思いの皆様、すみません。

だって、自分ファーストですもん、アテクシ!!

ライブはショーなんだよ!!

ライブをやる時は、ショーとして観せるんだということを、必ず意識しないといけないと思いますよ。 

だって、観客を入れるんでしょ?
観てもらうんでしょ? 

観てもらう、ってどういうことか、ちゃんと考えてる?

  

店主のポジションで色んな出演者さん見てるけど、観てもらうことを意識しているのか疑問に思う人たちも、結構いたりします。

というか、観てもらう、の定義が、その人と店主とで、違うのかなぁと。

  

もっかい同じこと書いちゃうけど、観てもらうって、どういうことか、ちゃんと考えてる?

誰も観てないスタジオで黙々と練習しているのはつまらないから、誰かに観て欲しい…。

これって、自分のために、お客さんに来てもらうってことですよね? 

おそらく、多くの人が、自分の演奏を観てもらいたいから来て欲しい、ってことでお客さんを呼ぼうとしてると感じます。 

でもそれって、あなたの都合…。

呼ばれた方は、ただ単にそれにお付き合いさせられるだけ…。
かわいそ…(笑)。

  

ショーとしてライブをやる、ということは、観てるお客さんの満足度を考えないとね。

もちろんそれを考えて、とにかく完成度を上げる人、趣向を凝らす人、トークで盛り上げる人、いろいろいますし、そのレベルもさまざまです。

でも、全くお客さんの満足度を考えてない人、考えてても全然足りてない様な人は、ライブを誰のためにやるのか、今一度考えた方がいいんじゃないでしょーかねー。

もちろん自分たちがやりたいからやるんだけど、ライブはショーだし、ショーとしてやるなら観客を最優先させないとね。

観客は何が楽しいのか、どうすれば満足するのか、何をもってまた来たいと思ってくれるのか。

そこを間違えなければ、いいライブができるはずなんだけど。
そして、お客さんも来てくれるはずなんだけど。

  

ライブに誘っても、みんな、都合が悪いとかなんとか、理由つけて来ないとすれば、それはあなたのライブの目的が間違っているから。

と、断言しますヨン!!

「誘ったんだけど、みんな都合悪くて」ってセリフ、よく聞きます。

でも、あなたも、先方が断るための理由をつけてるだけだって、気づいてるんでしょ(笑)?
忙しいんじゃなくて、そのライブに来たくないから、用事を作ってるんです。 

なぜなら、楽しくもないのにお金と時間を取られるのは、誰だって嫌だからねぇ。

  

だからさ、観に来る人が楽しく感じることを、やればいいじゃないですか。
実に簡単なことですよ。

来てよかったと思ってもらうために、あなたは何ができますか?

そっから考えましょ。

  

でね、すぐにゴールにはたどり着かんよね。
いろいろ試して、失敗しながら答えを見つけていくんです。

みんなそれを経験して、やっと集客してんの。

もうね、明日から、いや今日から、自分のためにライブやる、っていう考えを捨てましょう。

観客のために何ができるか、ですよ。

  

とはいえ、自己満足のためにしかライブをやらない、と決めている人もいるので、まぁ、それはそれでいっかと…(苦笑)。

お客さん来なくっても、気にしないんだもんね?

あれですよ、カラオケと一緒の人…。
対バンの人が見てるだけで、観客がいる気分を味わうっていうやつ。

さーせん、それでもいいです、結局何をやるのも自由っす(笑)!

モテ系バンドマンになるための5カ条

バンドをやり始めたきっかけは、モテたいから。

ほとんどの人が、そう言います(笑)。

まぁね、確かにね、ロックスターはモテモテだわな!

そんなロックスターになりそびれるべく、なりそびれたあなた。
今からでも、ちょいモテ目指そうではありませんか。

  

モテる、って、誰に?

ここはひとつ、会社の女子社員にモテるってことで、ターゲットを絞ろう! 

だって、見ず知らずの人があなたのバンドマン姿を見て「素敵だわ」ってなる確率は、1/天文学的数字、なのだから。

狙えるとすれば、あなたをすでに知っている人、ですよ。

で、妻でも娘でもなく、他人としての候補は、まぁ、会社の女子社員だわなぁ。

  

会社で、あなたはいつもビジネスマン風な訳ですよ(もちろん作業着の人もカジュアルな人もいるだろうけど)。

でもバンドやってる時は違うんだから、そりゃギャップ萌えっつー訳(笑)。

これが1つ目、ギャプで攻めろ!!

会社では見せない、あなたのプライベート。
カッコいい!!ってね。

あ、カッコよくないとダメなので、見た目を考えましょう。

ステージに上がるなら、休日のお父さん風は絶対にNG

少なくとも、細身のズボン、テカテカ光る系のシャツ、な感じかな。

ステージ衣装を、ちゃんとしましょうね。
カッコいいヤツ。

   

で、2つ目、余裕の演奏。

もちろん一番大事なのは、演奏のクオリティ。
たどたどしく演奏してても、カッコ悪い。

余裕を持って、間違えずに弾き切る実力は、少なくとも身につけるべし。

 演奏中にステージ上から客席を見渡せるくらい余裕があるのが、カッコいいね!

   

3つ目、選曲。

選曲は、聴く人のことを考えろと、口を酸っぱくして言っとる店主です!!

自分がやりたいもの、ではなく、聴く人が聴きたいだろうものを選びなさいよ。

会社の女子社員、呼んだんでしょ?
女子たちが、何を聴きたいか、ですよ。

ディープパープルひたすらやっても、喜ぶ女子社員は少なかろうて。
流行りもんですよ、若い女子社員を喜ばすなら。

ただし、まずはお局さん攻略から、という考えの策略家なら、お局さんが青春時代を捧げたセックスピストルズで攻めるのも、ありだ!

お局さんを手なづけてから、配下の女子社員たちを取り込もう!!

  

 4つ目、MCは大事にね!

 MCであなたが何を語るか、で、モテ度は大幅に変わって来ますぞ!

 MCは苦手なので、つってだんまりは、若くて可愛いキャラなら許されるが、おっさんはちゃんと喋れ!!

 笑いを取るか、素敵なことを言うか、気の利いたことを言うか、しましょう。

 MCは、好感度を上げるには絶好の場!

モテ系バンドマンになるんだったら、外せないんじゃ。
なる気ないなら、黙っててオケー!

   

5つ目、お礼の仕方で運命が分かれる。

演奏終了後、来てくれた女子社員に挨拶しますよね?

ギトギトした顔でニヤニヤ笑いながら、ありがと~!と、興奮気味に言うと、アレっす。

落ち着いた感じで、スマートにありがとうを伝えよう。

余裕の笑みを浮かべて、紳士な感じでお礼を言うと、ステキ!って、なるかもね。

サプライズで何か小さなプレゼントをすると、それが効果があったりもします。
お菓子とか、ハンドタオルとか、キーホルダーとか。

  

とは言え、まずは女子社員をライブに誘うところから始めないとな。

普段から女子社員といい関係を築いてないと、誘えないか(苦笑)。
つか、普段からいい関係を築いていれば、すでにモテ系とのウワサも。

まぁ、あれですわ、モテ系バンドマン目指して、5カ条やりましょうや。

  1 ギャップで攻めろ

  2 余裕の演奏

  3 聴く人のことを考えて選曲

  4 MCは大事にね

  5 スマートにお礼を

ちなみに、効果の程は、知らん。
健闘を祈る!

音楽サークル的な手法で集客する

集客を増やす云々ブログで言ってますが、アテクシ的にいいと思う方法があるんですよ。

それが、音楽サークル的集客。

的、っていうか、音楽サークルやっちゃえばいいんじゃないの?

 

アテクシ、2000年から社会人向けの音楽サークルを主催してるんすよ。
で、先日17周年でした。

やってるのは、主にセッション会です。
その他に飲み会、バーベキュー、カラオケ、ライブ、合宿などなど、色々やったなぁ…。

音楽サークルって、音楽をネタに、まぁいつものメンバーで集まって飲んで楽しもうよ、くらいな感じ。

 

こういうのって、会社に行って働いて帰りに同僚と飲んで、たまに学生時代の仲間に会って飲んで、くらいしかない生活から脱却するのに、ちょうどいいっすよね。

趣味で、集まるのよ。

音楽はあくまでネタであって、メインは友達を作って楽しむこと。
そこから結婚したカップルもたくさん生まれたしね、うちのサークルは。

 

それとは別で、サークルと名乗ってはいないけど、いつも同じようなメンツでブッキングライブを企画している人って、いるんですよね。

うちの店でも何組かそいういう人たちがいて、年に数回うちでブッキングライブをやっています。

なんか、サークル的って言うか、実質サークルな感じで。

これに対して仲間内で云々って批判的な言い方する人もいるけど、店主的にはむしろそれって一つの理想形じゃないかと思うのですよ。

もっと緩やかに、ただ単に同じような人たちを誘ってブッキングライブに出演させているイベンターも知っています。

そうすると毎回同じような人たちが出演者だったり、お客さんだったりで、来てくれる。

仲間に会いたくて出演するし、観に来る訳よね。

 

うちで定期イベントやってる人にも、そういう感じがいいんじゃないかって、提案もしています。

そうすればある時は出演者だったり、ある時はお客さんだったりして、いつも同じメンツが来てくれるでしょ。

それって、仲間に会いに来る訳ですよ。
仲間に会って、飲む。

それが楽しみ。

 

それは、一つの正解だ!!
と、断言する!!

 

じゃそんな客は音楽を聴きに来ているのか、と聞かれれば、それはちょっと違うと…。

別に、いいじゃないっすか。
仲間に会う、それが目的で。

音楽の部分だけで勝負する??
コピバンで??

ほぼ意味ないっす…。

趣味のバンドって、正直言ってレベル云々とかって世界じゃないっしょ。
まぁ、ホント、ちょっとアレ(笑)なバンドもたくさんいるし、音楽の部分で勝負なんてする必要ないです。

もちろんどっかの知らないブッキングに出るなら、レベルがある程度ないと集客できないけどね。
だから、レベルが要求されるバンド活動があるのも、事実。

でも、サークル的なパッケージでイベントをやれば、レベルとか関係なくなる。

音楽の部分は、サカナですよ。
それをネタに、仲間で集まるだけ。

 

それで、いいじゃない。

 

ということで、いつも同じようなメンツで集まってブッキングやる、っていうの、どうですか?

音楽サークル的集客。

でね、そういうのやる時は、必ず打ち上げをやってね!!
みんな、そういうの目的で集まる様になるから。

その当日が無理でも、日を改めて打ち上げ的なイベントはやるべし。

大事なのは、人間的なつながりですよ。
仲間内で、いいんです。