MurataMakoto のすべての投稿

リハは適当じゃダメなんです

リハは適当でいいです。

と言われましても…。

リハは、適当ではダメです。
もちろん、リハなんか適当でも、ライブらしきことはできるし、そういうイベントもたくさんあるし、ライブハウス的なところでもリハが適当なんてことは、よくある話。

ワシ自身も、セッションイベントとかでライブの真似事をする程度なら、もちろんリハなんて要らない、って思ってます。

が、「ライブをします」って、ちゃんと宣言している場合は、絶対にリハは適当じゃダメでしょ。

  

いやね、うちで貸切でライブをやる人の中で、たまに「リハなんて適当でいいです」と言って、リハの時間等を削って無理やりバンド数を突っ込んで無理なタイムテーブルでやろうとする人がいるんですよ。

それ、お断りしているんですね。

 

うちは、ちゃんとしたライブをやるから、ということでそれなりのお値段をいただくわけです。
リハは適当でいい、は、フランス料理屋に行って「カップラーメンでいいので安くして下さい」と言っているのに等しい。

 

リハって、とても大事なんです。
音をちゃんと作って、その出演者のパフォーマンスがしっかりと発揮できるようにする。
そのためのものなんです。

歌がちゃんと聞こえない、ギターソロがちゃんと聞こえない、特定の楽器の音が爆音で何を演奏しているのかわからない、キンキンうるさくて不快…。
こういうのをなくすために、リハが必要なんです。

せっかく会場費、機材費を払ってライブをするんだから、よりかっこよくなりたいでしょ?
お金を払っただけの成果というか、サービスが欲しいでしょ?

そのために、リハをきちんとやっているんですよ。

 

なので、リハは適当てでいいです、というのは、ナシでお願いいたします。

ドラムの音の真実 だがしかし

前回のブログにて、ドラムの生音が直で聞こえないくらいの会場の広さだと、基本的には音質は犠牲になる旨書きました。
ドラム音の真実

でもね、同時にこう思ってるのよ。

実は「音源」を使ったドラム音って、生ドラムをマイクで拾うよりもいい感じ!

ってね。
身も蓋もねーじゃねーか(笑)。

 

シンセとかに入っているドラム音源ありますよね。
あれ、音抜けがいいように加工されてます。

ので、すごくクリアにドラム音として聞こえるんですよ。
近接効果もあるというか、音色だけ聞いていると、結構リアルなんです。
本物をマイクで拾って増幅するよりも、リアル(笑)。

パソコンとかのソフト音源も、そうです。
サンプリング音源とか。

そこら辺の、ニセモノ達の方が、本物をマイクで拾うよりもいい音が出るんですよ(極めて残念な話だが…)。

 

もちろん、ホンモノじゃないから、連打とかするとかなり嘘くさくなります。
でも、音の抜けなんかは、本物の生音を聞いているのに、近い。

これは、各メーカーさんが音色を一生懸命加工しているからなんですね。

 

もちろん、ライブハウスの現場でも、妥協ないマイクとイコライジングで、かなりいい音が作れると思います。
レコーディング現場くらいの機材とテクニックがあれば。

でも、ライブハウスの現場は、残念ながらそういう環境ではない。
どうしたってレコーディングレベルのドラム音の再生(増幅)は、できないんですよ。

 

だからね、RolandのVドラムなんて、どういう使い道あるの?なんて聞かれたすると、「レコーディングの時にすごく便利だよ」と今まで答えてましたが、「ちょい大きめのライブハウスでめちゃ使えるよ」っていうのも、足したいと思います。

そう、音色を犠牲にしないためには、Vドラムは使えるのだ!

 

って、ワシャRolandの回し者か(笑)?

いや、回し者じゃないし、基本うちの店はVドラムは置かないし、仮にもっと大きなハコに移転したとしても、Vドラムを導入しようとは思わんです。

音だけが大事じゃないからね。
機材選びは、気分の問題もあるっしょ。

みんな、Vドラムよりもなまドラムを叩きたいのよ。

 

ドラムの音の真実

ドラムの音の良し悪し、本当のことを語ってしまおうと思います。

これね、もう、どうしようもない事実なのよ。
認めたくない人が多いと思うんだけど…。

 

ぶっちゃけ、ドラムって、小さいライブハウスじゃないと、絶対にいい音しないんですよね。

ドラムって、アコースティックな楽器なので、その生の音がちゃんと聴こえる環境じゃないと、いい音がしない。
マイクで拾って増幅した音は、生音の良さには絶対に叶わない。

ただ、ホールなどで音の反射を考えて作ってある会場だと、マイクで拾わなくても音が増幅されて、いい音、ってことがあります。
ルームアコースティック、ってヤツね。

実は実は、過去に稲毛の海浜公園の野外ステージでPAやったことあるんだけど、音が背面のコンクリートの壁から反射されて、いい具合に増幅されて、音がよかったのを覚えています。

 

でね、やはり、100人未満の小さな箱以外は、基本、ドラムの音はマイクで拾ってPAで増幅してホールに流すことになります。

これ、どんなに高性能なマイクとPA機材を使っても、限界があるのよね。
絶対に生音をそのまま再現はできないし、そして、生音よりもいい音にはならない。

どうしたって、なんだか遠くで鳴っている様な、こもった感じになってしまう。

もちろん、機材次第、PAさんの腕次第なんだけど、生音に比べると、どうしてもそうなってしまうのですよ。

 

その点、狭い箱だとドラムの生音がホール中に届くので、増幅の必要が全くないことはないにしても、生音にちょっと足すくらいなので、いい音のままなんですよ。

生音が届く、生音がそのまま使える、くらいの広さが、音にとっては良いのだ!

ので、ドラムの音の良し悪しに関して、色々とこだわりたいのであれば、絶対に広い会場はダメですね(笑)。
よく、気分の問題で会場を選んじゃっている人がいると思うんだけどね…。

広くて、有名な、あのライブハウスがいい、は、音を犠牲にしている可能性が、あるのだ。

マーケターの本

いま、みんなも知っているだろう色んな商品やサービスをバンバン成功させてる、ガチプロのマーケターが書いた本を読んでます。

この人、コンサルでもないし、公演で儲けようって人でもないので、本も最近書いたこれだけです。

だから、内容も出し惜しみなし。
詳しくは、コンサル受けてね!ってスタンスではない。
全部手の内見せちゃう。

決して教科書ではないので、読んでるだけじゃ「イマイチわからない」「これってどういうこと?」って部分もあるんだけど、アカデミックな概念から具体的な事例から、中途半端に深掘りして(笑)色々載っていて、かなり勉強になります。

この本、買ってよかった!!
実践 顧客起点マーケティング

 

でね、この人、売れる「理由」をちゃんと考えろと。
今現在売れているものも、何で売れてるのかちゃんと考えろ、と、おっしゃるのですよ。
大抵のビジネスが、そこら辺の分析不足だと。

この人、そこら辺の分析を徹底することで、成功をいくつも築いたんでしょうなぁ。

でね、今売れているにしても、何で売れているのかの分析ができていて、売上の推移を見ていれば、競合の登場や環境の変化などによる外的な要因による衰退も、早くから気付けて対策取れるっしょ!っていうのよ。

そうだよね、そうだよね。
確かに。

って、字ヅラではわかるんだけど、実践できるかはまた別問題だよな(苦笑)。

 

ただ、そうやって対策がしっかりできていると、いつまでも同じ商品(サービス)を売り続けることが可能であり、ある程度の利益も確保できるとは思うんだけど…。
…とは…思うんだけど、その商品の市場での賞味期限切れを認めないまま、こだわってしまって、ついに時代に取り残される、っていうこともあり得るのではないかと。

つまり、そのプロダクトの賞味期限に気づかない、というか、手を尽くせば売れてしまうもんだから、いつまでも執着してしまい、事業としては次のプロダクトを生む方向に行かないといけないのに、ついぞ手遅れになったりもするかもな、って、思いましたよ。

まぁ、そのレベルになってから心配しろよ、って話だけどな(笑)。

空は落ちてこないから大丈夫、杞憂に過ぎません。
アテクシがそのレベルに行くのは、それくらいの可能性です。

 

ということで、ちょいとお利口さんになったかも知れない気分に満足しつつ、相変わらず地面を這いつくばって生きていこうと思います。

ケンタッキーフライドチキンのレアメニュー

あの、ケンタッキーフライドチキンです。
KTF?
カーネルサンダース、ですよ。

ネットで、そのケンタッキーが、特別メニューやってるって記事が出てて、早速試してみたよ!
ケンタッキーフライドチキンの激レアメニュー「ケンタ丼」は天丼を超えたまさに新感覚の天丼!

記事のタイトルは「ケンタ丼」だけど、このケンタ丼は脂っこそうなので、興味なし…(笑)。
記事の中にある、「焼鳥丼」の方を、食べてみたよ。

 

このメニュー、東日本では4店舗(東京スカイツリータウン・ソラマチ店、東京・御徒町店、JRA府中競馬場店、楽天生命パーク宮城店)でしか扱ってないとか…。

ん?御徒町店?
そいえば、去年高架下の宝くじ売り場がなくなって、ケンタッキーになってたな、あそこか!

何と幸運な!
さすが、世界の中心地「御徒町」!
御徒町にあらずんば、人間界にあらず、です。

周辺地域のバルバロイども、御徒町はすごいんだぞ!

ちなみに、西日本では2店舗で売ってるそうで、全国で6店舗ですな。

 

でね、世界の中心である御徒町の、ケンタッキーに、早速行ってみたぞ!
限定メニューだから、すぐなくなっちゃうかもな、とか思ってましたが、値段が700円とちょいお高めなおかげなのか、普通に昼時に買えました。

unnamed
ご飯が黄色く見えるけど、サフランライスじゃないです。
白いご飯の上に錦糸卵が乗っていて、その上に焼き鳥が乗ってます。

味は、普通に美味い!

unnamed-1
肉も結構多めで、まぁ700円だよな、って感じ。

でね、焼鳥丼を名乗ってますが、焼き鳥では、なかったなぁ。
ご飯の上に焼いた鶏もも肉を乗せて、「焼き鳥のタレ」をかけました、って感じでした。

一応タレのついた状態で鶏肉を焼いているんだろうけど、多分オーブンで焼いてて火力不足…。
可能なら、タレごとちゃんと焦げている「焼き鳥」が乗っていて欲しかったです。

とか、別にディスってないです。
美味しかったけど、惜しかった、…ってね。

 

ということでなかなか置いている店舗はないけど、機会があったらこのメニューを楽しんだら、いいんじゃない?

これ、実験メニューだと思うんだけど、既存のケンタッキーでメニュー展開していくんじゃなく、別業態で出せるか試してるのかな、って思いました。
だって、ケンタッキーでこれ出す意味、ある?
カレー屋が「寿司も始めました」ってやったって、売れねーだろ?

ライブは観てもらうもの でしょ?

先日、3部作で交換条件集客のことなんか書いてしまったもんだから、もしかしたら、交換条件集客だけしていればいいじゃん論者、だと思われていたら、困ります。

違うのよ。
ワシは、ライブはショーだよね、っていう論者です。
ライブは、観てくれる人のために、できる範囲でクオリティの高いものを提供するべき、という論者です。

お客様ファースト、じゃないけど、まずステージでショーをやるんだから、観ている人のためにやらないと、ダメじゃない?

 

なぜ改めてこんなことを言い出すかというと、見ていて、マジ、自己満足だけで完結しちゃっているバンドさんが多いなぁと感じるから。

もちろんアマチュアのコピバンは自己満足が一番の目的だと思うし、それはそれでいいと思ってますよ。
自分が好きな曲、自分が憧れるアーティストの曲、を、ただ演奏したいだけ、で、いいとは思います。

バンドを組んだ経緯は、それで全く問題ない。

 

ただ、ライブをやる、そして来てくれた人にお金を払わせる、のであれば、ライブが本来はショーであることを、忘れないで欲しいと思うんです。

ステージに立つんですよね?
観てもらうんですよね?
お金取るんですよね?

だったら、自己満足で完結した発表会レベルじゃ、ダメなんじゃないの?

 

観ていて、楽しいと思わせるステージングって、必要です。
絶対に!!!

コンセプトもなしに、ただ雑多に自分たちがコピーしたい曲をやっているだけ、っていうのは、ホント、観ていてつまらないです。
そして、演奏が下手なのは仕方ないとしても、なんか観客のことを完全無視なのとかは、よくないですね。
あと、MCも何も考えてなくて、ヘラヘラグダグダやっているのとか…論外っす。

もちろん、ステージに慣れていかないと色々余裕もないだろうし、徐々によくしていくしかないんだけど、それにしても、観客のことを考えないで自己満足で完結、というのを何回も繰り返しているだけというのは、よくないと思いますよ。

つまらないバンドだと、交換条件集客でも苦戦するっしょ…。
だって、次も観たいって思わせられないんだもん。

 

観ていて楽しいバンド、次もまた観たいって思うバンド、がどんなのか、個人的な意見ではありますが、書かせていただきます。

まず、コンセプトがはっきりしているバンド。
誰かのコピバンで、もうリスペクトとかが感じられる人たち。
上手いとか、似ているとか、ね。
モノマネはモノマネで、とても楽しい!

逆に、楽曲を自分たちのカラーに仕上げているバンドもいいと思います。
いろんなアーティストの曲で構わないんだけど、それを見事に統一したカラーでカバーしている、とかね。

そして、衣装は、とても大事。
統一感のない衣装(衣装とも言えない普段着)のバンドがとても多いですが、ホント、ショーであることを全く考えていない結果だよな…。

何かのコピバンなら、そのオリジナルのアーティストを想像させる様な格好をするべき。
色の統一でもいいし、少なくともテイストを合わせて欲しいっす。

ユニ◯ロファッションみたいなの、良くないと思います(笑)。
ショーなんだから、見た目は大事ですよ!
お金取るんでしょ?

せめて、ハレの場に出るだけの格好は、しろよな。

そして、MCはとても大事。

アマチュアのコピバンなら、できればMCで笑いを取るべきかと。
本物のアーティストさんなら、カッコつけてMCやっていいと思う。
でも、コピバンでカッコつけるのは、どうかと…(苦笑)。

笑いが取れないにしても、MCがちゃんとしているバンドの方がいいっすね。

 

で、すげーいいなぁ、って思った例を、述べます。

演奏時にフォーメーションのあるバンド。
決めのポーズみたいなのが、あったりね。
ショーであることをちゃんと意識していて、そのポーズの時に観客はみんな一斉に写真撮るんすよ(笑)。

そして、曲の一部を、替え歌にしていたり別の曲をわざと混ぜたりして、予想外の変化を提供して観客を楽しませよう、っていう意識がちゃんとあるバンド。
そういうの、観ていて本当に楽しい!
仕掛け、色々考えてみて欲しいっすね。

そして、MC等で、ちゃんと笑いを取ろうとネタを用意しているバンド。
単純に、ライブに参加できていることを楽しめます。
あえてマジな感じのカッコつけMCが、ものすごく笑いを誘う、とかね。

あと、すごかったのが、MCの台本を全部書いている人。
何組か見ましたが、これ、すごくいいです。
そこまでやれば、グダグダMCになることは絶対にないからね。

観てくれている人のことを考えればこそ、ですよ。

 

ライブは、ショーである、これ、皆さんちゃんと理解して考えて欲しいです。

んでね、最後に。

えっと、ドン・◯ホーテあたりで買ってきた1,000円くらいのカツラ、マジでやめた方がいいです(笑)。
あれなら、被らない方がマシ。

ヅラは、5,000円くらいの予算をみて欲しいっす。

 

あ、これらは全て、アマチュアのコピバンの話ですからね。
未来のロックスター、みたいな人達のことは、全く想定しておりません。

この様に集客を考えるべき

交換条件集客、3部作(笑)、最終回です。
前々回前回、も参照してくだちい。

 

つことでね、交換条件集客は正しいのだよ、ということが前回でわかってもらえましたでしょうか?

大事なのは、人間関係の構築、絆、ですよ。

前回の内容に話は戻るんだけど、「なぜ私が、あなたの店でそれを買わないといけないの?」の回答が、「絆」なんですが、その「絆」さえあれば、他店よりも高くても買っていただける、というのが定説です。

お客さんは、あなたから買いたい、他店よりも高くてもいい、あなたから買うことに意味があるんだ、と思ってくれると。

 

ついね、売る側は「商品軸」で物事を考えてしまうんですよ。
商品の質が高ければ買ってくれる、費用対効果が高ければ買ってくれる、って。

でも人は、商品の質が若干劣ろうと、費用対効果で良くなかろうと、絆で、誰から買うかを決めるんです。

それが、人間の購買行動なんです。

 

翻ってバンドだと、演奏を上手くやろうとか、何とかかんとか、色々考える訳ですけど、一番大事なのはそこじゃなくて、あなたとあの人がちゃんと「友達」になれているのかどうか、なのです。

もちろん、観てもらうんだから、演奏が上手くないとダメだとは思いますよ。
そして、ショーなんだから、観ている人が楽しいと思える趣向は絶対に必要だと思います。

友達であるという理由で来てくれているだけなんだから、質なんでどうでもいいよね〜、ということでは決してない。
ショーの質がどれだけ集客に影響を与えるかはわかんないけど、そういった質の問題も複雑に絡み合って、その総合での結果だとは思います。

だから、一番じゃないけど、演奏能力とか、MCとか、見た目とかも、ちゃんとクオリティを確保してね!

 

で、結論に戻るけど、みんな仲間だから、そのライブを観に行くんですよね。
「仲間」だから!!

つまり、ライブは仲間と会う場所、にするべきなんです。
みんながみんな交換条件集客をしていれば、だいたいいつも同じメンバーが会場にいる、という状況になります。

これを「内輪ノリ」といって忌み嫌う人がいますが、この「内輪ノリ」こそが、ライブ集客のひとつの正解なんです。

いつも同じ顔ぶれで、ステージ上に立っているかホールにいるかの違いしかない、っていう状態。
行けば、そこには必ず仲間がいる。

これをね、目指したらいいと思うんですよ。
内輪ノリ、いいじゃないですか。
内輪で盛り上がる、それ以外にどういう理由で集客できますか?

 

これでものすごく上手くいっているイベンターさんが、いるんです。
彼の企画するブッキングライブに出てるバンドは、みんなアマチュアのコピバン。
お客さんも出演者も、いつも同じ顔ぶれ。

それが毎月毎月繰り広げられてます。
しかも、同じライブハウスで(笑)。
1年先まで、出演バンドがびっしり決まってます。

このイベンターさんが正月にボウリング大会をやると、 参加者が100 人集まります。
みんな、バンドマンです。

完全に、成功しています。

 

いつも、仲間が集まるから観に行く、が繰り返されていれば、バンドさんの集客の不安は解消されます。
だって、みんな集まってくれるんだから。

自分自身の集客の努力だけでなく、仲間だから集まる、という力も働く訳ですよ。
ただ、同じ人に複数バンドから「うちのバンドからチケットを買ってくれ」と、引き合っているのを見かけます(笑)。
どうせ同じイベントなんだけど、バンドことのノルマ消化自体は、みんな大変みたい…。

 

でね、これを目指すために、打ち上げなんかもちゃんとやった方がいいよね。
仲間としての絆を築くためには、一緒に遊ぶ、ということが効果的なはずだから。

 

自分でバンド集めて定期的にブッキングを企画したい、という人は、ここら辺を念頭においてやったら、いいと思いますよ。

ある程度同じバンドに出てもらう必要もあるし、ある程度の頻度も必要となりまが、いつも同じ顔ぶれであるということが、集客を伸ばしていきます。
同時に、見込み出演バンドも、増えていきます。

 

以上。

交換条件集客は正しいのだ

交換条件集客、肯定しております。
前回のブログを、見てくれ!

でね、交換条件数客を肯定する理由を、今回は述べて行きたいと思います。

 

ライブを観に行く人って、何をもって「行く」という行動に出るのか、ずっと考えていたんですよ。
持って行く荷物の話じゃないっす(笑)、どういう理由でそのライブに行くと決めるのか、ってことね。

で、ちょいちょい聞いてみたり、アンケートを取ったりもしていたんです。

でね、人の行動って、ある程度正解が出ているというか、すでに解説されているよね。
「ライブを観に行く」は、消費行動だから、マーケティングをやっていると正解が本に書いてあったりします。

なので、仮説を立てて、アンケート結果を見て、これかなっていうのを導き出しました。

 

なぜ私が、あなたの店でそれを買わないといけないの?

っていうのが、よく言われているマーケティングの課題です。

店はたくさんある。
でも、私がなぜあなたの店をわざわざ選ばないといけないんですか?
他の店でも、同じものが買えますけど?
何なら、他の店の方が安いですけど?

って、言われちゃったら、もう終わりですか(笑)?

 

そこに、自分の店で買ってもらう理由を考えるんです。
まぁ、そんなことを考えずに生きている人には、チンプンカンプンなんだろうなぁ(笑)。

むしろ、ほとんどの人がそんなことを考えずに生きているだろうから、「知っているだろ」前提の論の進め方、スンマソン。

 

でね、結論としては、みんな「人間関係」で行くライブを決めている、っていうことなんですよ。

もちろん、アマチュアライブの話ね。
サザンオールスターズとか、松任谷由実とか、有名アーティストの話じゃないっすよ。
アマチュアのコピバンの、ライブね。

これ、みんな、ほぼ、人間関係で行く行かないを、決めています。

 

つまり、交換条件集客は、正解なんですよ。
来てくれたから、行く。

 

それって、「なぜ私が、あなたの店でそれを買わないといけないの?」の回答と、同じものなんですよ。

なぜあなたの店で買うのか、それは、私とあなたとの間に、「絆」が築かれているから、なんですよ。

交換条件集客も、「絆」なんですね。
人間関係を、しっかりと構築しているかどうか、なんです。

来てくれたから行く、これを繰り返して頻繁に会っているうちに、絆が築かれます。

 

だから、人のライブを観に行かない、っていう人は、集客ができません。

でね、まだ続きがあるんですよ。
じゃ、どうしたらいいか、というか、もっと抽象化した正解の話を、次回にします。 

ライブ集客の衝撃的事実!

久しぶりにブログ書く、なう。

ほんと、久しぶり。
何で書かなかったかって?
そりゃ、何だかめんどくさかったから。

でも、書きたい内容がずっとあって、で、やっと重い腰を上げて書くことになりました。

 

ライブ集客のこと。

アマチュアバンドの、ライブね。

 

前からアテクシの提唱している、交換条件集客、これってある意味において正解だというのは、自信を持っております。

交換条件集客?

つまり、「オレもお前のライブ観に行ってやるから、お前もオレのライブ観に来いよ、金払って…」っていうヤツです。

これって、字ズラだけ読んでると、しょ〜もない交換条件にしか感じません(笑)。
「実力で客呼べね〜のかよ」って、多くの人が思うことでしょう。

でもね、勘違いせずによく考えて下さいな。
アマチュアバンド、多分単なるコピバン、自己満足以外に存続理由なし、のバンドが、実力で客集めるって、どうやるっての?

 

実力で客を呼ぶのは、本気のバンドだけです。
ちゃんと自分たちで曲作ったりして、次のロックスターを目指している人たち、とか。
こういう人たちが、純粋に自分たちの楽曲を楽しんでくれるファンをつけて、実力で観客を動員するんです。

アマチュアのコピバンが、実力で客を呼ぶ、なんていうのはどう考えたって無理な話なんです。

だって、あなた自身、誰だか知らない人がやってるアマチュアのコピバンのライブ、観に行ったりしないでしょ?
あなたが行かないなら、あなた以外の人もあなたのライブには来ないんです。

だから、交換条件集客なんです。

 

交換条件、ってことは、観に来る人もみんなバンドやってる人。
自分と同じ立場の人ですよ。

決して、ファン、などではない。

 

これはね、全く悪いことではないんですよ。
既にみんなそうしているのに、なんかイメージ悪くて、事実を認めたがってないだけです。

あなたがやっていることは、交換条件集客なんですよ。

ファンなんて、求めないで下さい。
バンドやってない、純粋なリスナーを動員しようとか、ほぼほぼ無理です。

稀に会社の人が来てくれることもあるでしょうが、だいたいお付き合いで1〜2度来たら終わりです。
もう、次は来てくれません。

なので、常に、バンドやっている音楽仲間を誘いましょう。

そして、誘うからには、あなたもお友達のライブを観に行きましょう。

 

と、交換条件集客を肯定するのには、ちゃんとした訳があるんです。
それは次回に!

みんな、成り切りたいんだよね!

わかりましたよ、わかりました。
みんな、成り切りたいんですよね、わかりました。

 

 

 

って、おい、何がわかったんだよ(笑)。

いやね、やっと、みんなが何を求めているのかがわかってきたんですわ。
これ、正解じゃないかもしれないけど、でも、きっとそうなんだなって、思うのですよ。

なんの話かって?

バンドやってる人たちの話。

 

うちの店、まぁライブよりもセッションの方が多いんだけど、利用してくれるお客さんは基本、バンドマンですよ。
バンドとか、楽器やってる人、ね。

その人たちが、何を求めているのかなぁって、ずっと考えていたのです。
まぁ、その求めていることを満たすのがうちのビジネスなんだから、ずっと考えているのは当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。

で、色々仮説を立ててそれをもとにアプローチをかけるんですが、なんかね、訴求してもそれが引っかからないというか、手応えを感じなかったんですよね。

これまでは。

 

うちはこれまで、音にコミットしてきたんですが、それって、実は利用者にあまり響かなかったんですよね。
どうも皆さん、そこを求めていない。

それじゃないんだよ〜〜〜〜〜!

 

じゃ、何を求めているんだ?っていうのを、よ〜く考えました。

きっとみんな、ロックスターに成り切りたいんですよ!
ロックスター気分を、味わいたいんだね。

だから音の良さそのものよりも、楽屋がどうとか、広さがどうとか、機材がどういうブランドの何なのかとか、そういう視覚的にわかりやすいものを求めているんだなぁと。

 

で、うちの場合はもう狭いので、楽屋も作れないしどうにもできないんですが、次に店をやる時はああしようとか、こうしようとか、色々考えてます(笑)。

機材に関しては今でもマーシャル入れたりね、ちゃんと狙ってたんですけど、それだけでは弱いんですよね。

 

でね、まぁ機材の話だと、ビートルズ好きの人のためにドラムはラディックのブラックオイスターとかね、ツェッペリン好きの人のためにラディックのオレンジ色のアクリルのとかね。

で、マーシャルも3段積みを2〜3つね(笑)。

で、楽屋は広くて鏡には女優ライト(?)、ステージには緞帳つけたろか、と(笑)。

気分を味わう!
これがキーワードだなと。