MurataMakoto のすべての投稿

みんな勘違いの中で生きている

立て続けにブログ書くっちうことは、店がよほどヒマなんだろうとか、勝手に邪推しているみなさま。
あなた達に言いたいことがあります。
声を大にして。
この言葉を心に刻め!!!

「はい、その通りです」

そうですよ、忙しけりゃブログなんて書いとらんわぃ。
書いてる今はランチタイムなんですけど、これがほとんどお客さん来ない訳ですよ。
忙しい時もあるんですが、おおむねヒマで、こうしてブログを書く時間もできてしまうということです。

思うんですけど、世の中勘違いって多いなぁって。
うちの店繁盛してるって思う人多いみたいですけど、それは繁盛してる時はその様子をネットにアップして繁盛している様に見せているからですよ(笑)。
まぁ、勘違いを意図的に誘発しているんですけどね。
ヒマな店だと足もと見られるんじゃないかと思いましてね、バカにされるっていうか。
人気のラーメン屋に並んでる人みたいなもんです。
美味いかどうかわかってないけど、みんなが並んでるか自分も列に並んでまで食べて、やっぱりあのラーメン屋は美味しいとかのたまわっちゃう人的な(笑)。
すげー美味いラーメン出してても、人気店として認知されるまではバカにされて相手にされないみたいな。

つことで、イベントのない日はおおむねヒマですので、是非遊びに来て欲しいもんです。
昨年夏辺りから平日にイベントを増やす様にして来たんですが、イベントが増えたら、イベントのない日はホントに人が来なくなりましたよ。
たまたま来たら何かやってて混んでて入れなかったっていう経験で、あそこは落ち着かないとか混んでて入れないとか、そういう印象を持たれてしまったんでしょう。
イベントを増やせばそうなるって言われてましたが、そうなりました。
残念…。

そして勘違いと言えば、うちの店は小規模だしライブ会場としては利用料が安いから、きっとヘボイに違いないって勘違いしている人多いと思います。
人って、安いものは悪いって思い込んでるものです。
確かにコリャ酷いっていうハコを何件も知ってますが、うちはそうならない様にいい機材を入れてPAオペレーションもしっかりとやってるんですよ。
それを知らない人達から、そんな所じゃライブできない的なお話をいただいて、あ〜あ残念な人だと思ったりもします(笑)。
いちお、うち、プロの方もライブやってますからね。

誰がうちでライブとかやってるか、パッと思いつく人だけ列挙してみましょう。

[50音順敬称略]

  • 小畑ポンプ(すかんち)
  • 柴崎浩(WANDS)
  • 白田RUDY一秀(PRESENCE/DAIDA LAIDA)
  • 広瀬JIMMYさとし(44MAGNUM)
  • 永井敏己(タモリの音楽は世界だ)
  • 永井ルイ(乙女のポリシー)
  • 長谷川浩二(アルフィー)
  • 吉田LEO隆(MARINO)
  • 米川英之(C-C-B)
  • 山口PON昌人(FEEL SO BAD/稲葉浩志)
    …他多数

とか、どうっすか?
ね、プロの人達やってるでしょ?
ヘボくないでしょ?
うちでライブやって、数日後に武道館でやったりしてる人もいます。
2月にはLOUDNESSの二井原さん来ますよ。
そのあとも、色々問い合わせいただいたりしてます。
つことで、勝手にヘボイとか決めつけてた人、反省しなさい!!

ライブ終わった後に色んな人が口々に言うのが「いや〜、音よかったですよ!」って。
オイオイ、音悪いと思い込んでたのかよ…(汗)。

そんな勘違いの別バージョン。
うち、ランチ営業しているんですよ。
チキンカレー出してるんです。
市販のルーを使わずに、ガチで玉ネギ炒めて、おろし林檎使ったりして、本気な感じのを出してます。
正直、作るの大変です。
これが何と、1食500円です!!!

安いでしょ?
安いんですよ。
入り口の所にね、チキンカレー500円て書いてるんですよ。
でもね、これもきっと、安いカレーは不味い、って思い込みで見られてるんだと思います。
だって、500円のカレーって、そば屋のカレーみたいなのが出て来ると思うじゃない?
確かに、そば屋のカレーってかなり残念ですよね。
だからか何だか、ランチはふるわないのですよ。
一度食べに来てくれた人はまた来てくれる率高いんですけど、みんな「500円か〜、やめとこう」って素通りしていくんですよね。カレー

食べてみたらいいのにね。

そんなカレーですが、前からリクエストがありまして、今では夜でもお出ししているんですよ。
昨日VorchaosっつーメタルバンドのリーダーKAZさんが、事務所の社長と来て下さいまして、件のカレーを食べて行ってくれました。ゔぉるけ

久しぶりのブログは雑記です

本日は成人式なんですなぁ。
なんでも、21年ぶりに新成人の人数が前年より上回ったとか。
減り続ける出生数ですが、彼らが産まれた時はちょっと盛り返したんですね。
今年は阪神大震災から20年ということを知り、地震の影響で出生数が増えたのかと思いきや、出生数が増えた後に大震災だったのですね。
全然関係なかった(笑)。
東日本大震災ののちには、結婚数と出生数が増えたなんて話が、あったじゃない?
それと同じことが起こっていたのかと勘違いしたよ。

お子さんが今年成人式を迎えるという知り合いが結構たくさんいて、フェイスブックにそんな投稿がたくさんありました。
そういう投稿が多いということは、やっぱり出生数が多かったということですかね(笑)。
新成人のみなさん、おめでとうございます。
これから荊の人生ですが、覚悟決めて死ぬまで生きて行って下さい(笑)。

店主も去年第一子が産まれたんですが、20年後に成人式ですよ。
それまでワシャ生きてられるんかいのぅ…。
20年後、ワシ、64歳。
過労死せんように、せいぜい気をつけて生きますよ。

本日のブログは、雑多な内容です。
書きたかった諸々を脈絡なく書きます。

年末年始、とても忙しかったです。 店でプライベートな感じのクリスマスパーティーをやったんですが、初めて焼いてみましたローストチキン。 IMG_4208

アメリカあたりじゃ、クリスマスは七面鳥を丸焼きにする訳ですよね。
それがなぜか日本だとニワトリを食うことになってます。
世界に展開しているかのフライドチキンチェーンの日本法人が、勝手に作ったキャンペーンが習慣化してしまったっつー、なんともおかしなお話でございます。
が、実際に七面鳥とニワトリの丸焼き用の肉を比べてしまうと、自然とニワトリを手に取ってしまいます。
なぜなら、七面鳥は超デカイ…。
デカ過ぎて、買う気にはなれませんでした。

つことでね、初めてローストチキンに挑戦したんだけど、とても美味しくできました!!
得意のワインソースも、上手くいったしね。
ただ、正月実家に帰る時にまたローストチキン作ってったんだけど、それは失敗しました。
油断して適当に作ると、ダメなんですな。

で、年末に店のイベントが飛んで臨時休業にした時に、料理して家族と楽しく過ごしました。
IMG_4240

どっすか、この幸せそうな絵(笑)。
もんち(うちの子)がちっさい!!
ん?オレの顔がデカイのか??

そしてこの年末、残念なことがありました。
自分で店を出す前に勤めていたライブバー、渋谷のマルムスティーンが、ついに閉店してしまいました。
私が勤めていた時から財務状況はよくなかったと思いますが、辞めてからというものあまりイベントでの稼働もしていなかった様なので、こうなるべくしてなってしまった感があります。
処分する機材の一部を買い取らせていただきに、ガラーンとなった店内を訪れました。
IMG_4233

うちの店がもっと上手くいっていれば店ごと買い取ってうちの2号店にしたかったんですが、うちもそれどころではない台所事情でして、指を加えて見ているしかないっつー無力感。
ライブバー業界は少ないパイを食い合う過酷な環境なので、うちも頑張らねば!!!
で、機材を買い取らせていただいたつもりなんですが、まだ代金を払ってないということを今思い出しました。
思い出さなければよかったかも(笑)。

そんなこんなで新年を迎えましたが、1日はうちの実家、2日は妻の実家に行きました。
妻の実家は浜松でして、4日がうちの仕事始めなんで3日にこちらに帰って来たのですが、新幹線は大混雑で立ち乗りっつー、初めての経験でしたよ。
話に聞いたことはあったけど、まさかそれを自分で経験するとは…。
混むのわかってたので、妻ともんちを浜松に置いて来て正解でした。

でね、今年は英語のメニューを作るぞ!!っていうのを目標にしようと思ってたのですよ。
うちの店、外国の方が多いの。
いつも来る人、通りがかりで入って来る人。
私ね、英会話って何度も勉強しては挫折してまして、外国人の友達相手でも完全に日本語で話しちゃうくらい英語ダメなんですが、さすがに商売でこれはいつまでも通せないだろうってことで、何とかしよう思ってたのですよ。
でね、思い切って英語のメニュー作りました。
意外とアッサリと。
IMG_4306

これがね、実に役に立つ訳ですよ。
いつも来ている方達、意外と注文してくれるんですね。
食べ物とか、今までメニューが読めなくて我慢してたらしいです。
メニューが読めたとたん、注文が増えました(笑)。

ってことで、このブログを書き始めたのが12日の成人の日だったのですが、書き終えたのが13日になってしまいましたとさ。 

貧乏音楽生活からの脱出 その2

IMG_4079
ということで、前回の続きです。
前回はハコを安く使うことに触れましたが、今日は売れる売れないについて書きたいと思います。
お客さんに支持されていれば、音源も売れるし、ライブチケットも売れる。
物販だっていけちゃうんですよ。

ちなみに冒頭の写真は、店主です。
写真入れとかないと、フェースブックでシェアした時に変なサムネイルになってしまうので、そういう事務的な必要性から入れてます。

まぁ以前にも書いていて、同じ内容の繰り返しになっちゃうんだけど、音楽で稼ぐってことは、音楽の世界で経済活動をするということですよね。
例えばプロのミュージシャンになりたいのなら、まさに音楽を使った経済活動で生計を立てるっつーことですよ。
つまりね、経済の原理、経済活動の原理、商売の原理がそのまま適用される訳。
これから書いていく内容に対してはもちろん色んな反論は出てくると思うけど、まずミュージシャンが稼ぐということは、誰か末端のお客さんが何かを買ってるということだけは間違いない。
ということは、お客さんが買いたいものを提供しなきゃ買ってくれないでしょ、ってことです。

お客さんに支持してもらうためには、店主が勝手に思ってるのは、いい曲、いいパフォーマンス、いい見た目、が必要ということ。

まず、いい曲っていうのは、お客さんが聴きたいと思う音楽を提供してね、ってこと。
客に媚びるのは嫌だとか、時流に乗るつもりはないとか、自分の世界を貫きたいとか、カッコ良さげなフレーズを耳にするけど、お客さんが買ってくれないものは商品としては失敗作なんですよ。
メーカーさんがお客さんの買ってくれないものを作ってしまったら、全部破棄か、超安値で叩き売って損失を小さくするか、在庫抱えたまま倒産か、そんな話な訳です。

自分の世界を貫いてその後に大スターになっている人がいるから、そこだけ切り取って勘違いしてしまうのかも知れませんが、大スターになる人っていうのは元々恵まれた才能があり、それが評価されて成功しているのであって、決して自分の世界を貫いたから成功している訳ではないと思うのですよ。
ロックスターがドラッグをやってたからといって、あなたがドラッグをやってもロックスターにはなれない、的なね(これ、誰か知り合いが言ってたんだよね)。

そして、いいパフォーマンスとは、演奏とか歌とかが上手いことはもちろん、お客さんを虜にする魅力があるものを指します。
必ずしも超上手い必要はないんだけど、超上手かったらそれはそれで魅力だし、あとは天性の表現力とか、個性とか、そんな何か。
演奏してる姿でも、相手に伝わるものはあります。
慣れてない感じの演奏とか、ガチガチになってたりしたら、引くでしょ。
ダサい感じは、あかんわ。

そしてね、店主の言ってることは絶対合ってるんだけど、なんだかこれってイマイチわかってもらえない部分が、見た目をよくするのが必須ってこと。
見た目ね、ショウビジネスやるなら絶対に必要ですよ。
むしろ、見た目から入ってもいいくらい。
ギタリストが太っちゃって、メジャーバンドを首になるかもしれないっての、去年だか一昨年だかにあったっしょ。
ちゃんと身体の線意識してろよ、と。
顔が不細工なのは仕方ない。
整形しろとまでは言わないけど、服装とか髪型とか工夫してなんとか見られる様にするべき。

誰かのブログで、メンバーの誰かをピエロにしたりして売る方法もあるとか書いてたけど、見た目のインパクトって大事。
オオカミのかぶり物してる人たちもいるし、美男美女だけが求められている訳じゃないです。
もちろん、美男美女から先に売れていくのは仕方ないけどね。

いつだったか、演奏の内容云々に関わらず女の子がやってるというだけで売れてるのはけしからん的な、そんな文章を読んだことあります。
でもね、それも売れるための条件の一つなんですよ。
十分条件では決してないけど、女の子であるということが商品価値を高めているのは確か。
その逆もしかりね。
ビジュアル系のイケメン達が女の子に大人気でも、それはそれでいいのです。
経済活動としては、正しい。
音楽で勝負しろとか、ラジオの時代みたいなこと言ってても意味ないです。
商売なんだから、売れたもん勝ち。
ホント、お客さんが求めるものを提供すれば、買ってもらえる、そういうことですよ。

あと、まぁちょっと思ってることなんだけど、ライブの時のMCって、人気に影響すると思いますよ。
面白いか、かっこいいか、ほのぼのか、かわいいか、何かキャラ設定をきちんとして欲しいもんです。
「えー、今の曲は何々でした、次の曲は…」みたいなことをテンション低く言ってるだけのバンド見ますけど、野暮ったい感じがマイナスにしか思えないです。
MCできんのなら、黙々と演奏だけして終わったらはけろ!と思うのです。
そういうのも、アリじゃん?

それでね、どう売っていくかなんですけど、もちろん大きなハコのブッキングに出て自分のお客さんじゃない人達にアピールしていくことって大事です。
商業施設にステージ設置して演奏するヤツとかも、不特定多数の人に観てもらえるので、どんどんやるべきでしょう。
とにかく周知ですよ。
広く人に知ってもらう。
これも商売の鉄則。

そこでね、この時代、YouTubeに音源載せてないとか、ホームページ持ってないとか、論外ですからね。
SNSだって駆使しましょう。
ネットを活用できてないとか、時代に乗り遅れ過ぎです。
ジェット機に竹槍で戦いを挑む様なもんです。

そうやって自分のファンを増やしていくんですが、ファン、ちゃんと増えてますか?
もしファンが増えてないんだったら、あなたという商品がお客さんから求められていないということですよ。
客が買ってくれない商品は、失敗作なんです。
改善するか、諦めるか、どちらかですね。
頑張ればいつかは報われる、ということはないです。
不味いとわかっている料理を頑張って一生懸命売られても、買いたくないでしょ?
そして、音楽仲間をライブに動員するのは、早いうちにやめましょう。
もちろん最初は音楽仲間の動員も必要です。
でも、音楽仲間は付き合いでライブに来てくれて音源を買ってくれるだけで、それは、お返しにあなたも彼のライブに行き音源を買わなくてはならないということです。
ドメスティックにお金がぐるぐる回っていても、外部に支払いは必要ですから、結局共倒れです。
いつも同じメンツで雀荘に行くのと同じことです。
所場代だけは必ず取られて、仲間は誰も得をしない。

ただし、趣味でやっているだけなら、これらのことを気にすることもないです。
自分を貫き、やりたいことだけやりましょう。
どこかで働いてお金を稼いで、音楽活動で散財です。
自分の楽しみでやっているのだから、それで正解です。

つことで、まだ続きがあるんですわ。

貧乏音楽生活からの脱出 その1

音楽活動って、どうしたってお金がかかる訳ですよ。
みなさん、そこら辺でお悩みではないですかね?
ライブはやりたいけど、楽器のメンテやらリハスタ使用料でお金がかかり、ライブハウスに出るのにもさらにお金がかかると…。
趣味でやってる人でも毎月の様にライブやってる人いるし、プロの人も、プロになりたい人も、よくあんなにできるなぁと。
まぁ、チケットが売れてハコ代まかなえるんだったら、できるんだけどね。

ハコ代がまかなえるというのは、当たり前の話だけど、チケットの売り上げがライブハウスの使用料を上回るってこと。
チケットの売り上げがライブハウスの使用料を上回るには、次の2つの理由のどちらかがあります。
つまり、人気があってお客さんがたくさんチケットを買ってくれるか、またはハコを安く使っているか。
もしくはその両方。

人気を出すというのは、それはそれでマーケティングと一緒で、前にもブログで書きましたな。
また後日、そこの部分を書きます。

今日は、ハコを安く使うっていうことに焦点を当てます。
店主はハコをやってる訳ですから、こちら側の人間として事情を知っている訳です。
まぁ当たり前のことしかないので、そんなの知ってるよっていう人もいると思いますが、確認のために書きます。

ハコを安く使うには、まず安いハコを探すべし。
ここ数年でうちみたいな小さいハコはとても増えてて、店主も知らなかった様な店がたくさんありますよ。
驚くのが、新宿三丁目駅から四谷駅くらいの間。
小さいハコがとてもたくさん!!!
何で安いのか、その理由は色々あるけど、自分的に妥協できる点を見つけることですな。
小さいから安いのか、駅から遠いのか、都心じゃないからなのか、機材がしょぼいのか、経営者も店員もずぶの素人さんで音なんかメチャクチャだったりするのか…。
ちなみにお客さん的には、駅から近いとか店内がきれいとか、そんな部分以外は見てない様な気がします。

つまり、大きなハコ、名のあるハコ、人気のスポットにあるハコ、機材の素晴らしいハコ、音のいいハコ、などを選ぶっていうのは演奏者側のエゴに過ぎず、そこを削ぎ落としちまえば安く使える所たくさんあるんじゃないの?ってこと。
もちろん、理由があって高いハコっていうのはそれなりに使い道もある訳だから、その使い道のために使うのはアリですよね。
ハクを付けたい時もあるし、でかいハコのブッキングに出て新規のお客さんを獲得したい時もあるし。
要は、使い様ってことですよね。
高いハコで足が出た分安い所で稼がないと、いつまでたっても音楽活動は苦しいままな訳ですよ。

まぁ、「こちら側」の人間からすると、ハコを安く使う方法ってのもある訳ですよ。
値引き交渉の仕方とかね。
これ、書いちゃうと自分の首を絞めることになるけど、意外とみんな言って来ないのでこの際書いときます(笑)。

まず、利用者の少なそうな時期を狙うってこと。
何故かね、12月って利用希望の人が多くて、ここは絶対に定価でしかやれない訳。
12月に向かう11月とかもね。
時期でいうと、2月8月がヒマっぽいのは有名ですよね。
ニッパチっていって、色んな業種でヒマなんですよ。
あと、ゴールデンウィークってのも狙い目です。
ここを狙わないのは、自分がそのあたりにやりたくないから、でしかないと思うんですよ。
例えばお盆休みは旅行に行くから、その前後はお金のかかることはやりたくない、とかね。
でも、ゴールデンウィークやお盆にどこにも行かない人なんてたくさんいるし、お客さんとして観に来る方にとっては、そんなに関係ないと思います。
お盆に観たいライブがあれば、観に行くでしょ。

あと、ハッピーマンデーって、これも利用希望が少ないです。
ハッピーマンデーでいいんだっけ?月曜日に祝日を持って来て連休にするヤツ。
これも、やはりライブをやる側の気分の問題でしかないんですよね。
翌日仕事だから疲れたくない、ってね。
でも、翌日が仕事の日曜だと、あまり気にせずライブをやる訳ですよね?
つまり、実質的な問題は存在していない訳ですよ。
ライブをやる方は疲れるかも知れないけど、観に来るお客さんはそんなに疲れる訳ではないから、ハッピーマンデーだって来る訳です。

何が言いたいかっていうと、みんなと違う行動した方がいいんじゃないの?ってこと。
こういう話知ってる?
金もちになりたかったら、みんなと違う行動をしろっていうの。
みんなと足並み揃えてたら、みんなと同じ結果しか得られない訳ですよ。
みんなが同じ株を買いたがれば、値段はつり上がるでしょ。
成功したければみんなが買ってる時に売り、売ってる時に買えってね。

つまりみんなが使いたがらない時期、使いたがらない日程なら、交渉できるっていうことですよ。
「こちら側」の人間からすると、そこ言って来てくれれば、単なる値引きってのは店によっては無理かも知れないけど、条件次第ではお得にすることはできる訳ですよ。

交渉の仕方は、飲み物をたくさん買いますよっていうのが、いちばん速いかも。
ハコは、ハコ代プラス飲み物の売り上げで稼ぐ訳だから、飲み物の売り上げを持ち上げてあげれば、ハコ代を安くしてくれる可能性があります。
やっぱりね、ステージの上の人間の発言や行動って、お客さんに影響力ある訳ですよ。
お客さんが飲む様に促す、って、大切です。
よく見かけるのが、「じゃぁみんな飲み物もって、カンパ〜イ!!!」ってヤツ。
飲む雰囲気作れば、何とかなることもあるでしょう(笑)。
あとは、終演後にみんなで飲むっていうヤツ。
どうせ打ち上げ行ってお金使って飲むなら、そのハコで飲んで行けばハコの売り上げになる訳でしょ。
ハコに売り上げ付けますよってことで、そのバックをもらうのか、安くしてもらうのか、そういう交渉はできると思います。

あとは、日程が迫ってからハコの予約をするといいですね。
イベントが入らずあいてしまっている日程は、ハコからすればどうにかしたいもの。
馴染みのハコなら、そこを狙っていくと、じゃ3割引でいいよとか、半額でいいよとか、そんな話になってきます。
うちも、必ずそういう日程だけ狙って来る人がいて、よく安くで使っていただきました。

ただ、日程が迫っていると集客できないとかいうことを心配する人もいると思います。
でもそれって、集客かける相手がよくないんだと思います。
あなたもしかして、自分の音楽仲間を誘ってない?
音楽仲間って、別の音楽仲間のライブを観に行くから、日程がかぶり易いんですよね。
そうすると、後発は不利な訳です。
でも、音楽仲間ではなく、ちゃんとファンを獲得してファンに集客かけると、日程が迫っていてもそんなに問題ないんですよね。
プロとか、インディーズでも人気のアーティストなんか、あいた日程で追加公演みたいなの、2週間前とかに普通に予定入れてきますよ。
ファンて、その人のライブを観たいんですから、追加で日程が増えれば嬉しい訳ですよ。
まぁ、まずそこ(ファンがいる状態)を目指さないといけないってのもありますが、音楽で成り上がりたいって人は、当然そこ、わかってるはずですよね…。

あとは、レギュラーでライブ入れるっていうのは、よくある話です。
レギュラーでライブ入れると、ハコ側は値引きなどの優遇をしてくれる訳ですよ。
ブッキングマネージャー雇ってるのと、同じことですからね。
ワンマンでレギュラーだとかなりの集客力を要求されますから、ここは自分でブッキングするのがいいっすね。
それで稼いでる人もいるくらいだから、やろうと思えばできる訳です。
そこは行動力とか、宣伝力とか、交渉力とか、諸々要求されるかも。
ただ、それこそ音楽である程度やって行きたい人なら、ここは努力するべきところの様な…。
たぶん、音楽活動が進んで行けば、同じ能力を要求されるはずですよ。
音楽活動って結局の所、経済活動だからね。
宣伝して、集客して、買ってもらって、次回もお願いする的なね。

どうかな?
裏技的なの、あったかしら?

次回はファンの獲得とか、評価されることに関して、書きたいっす。

音楽で食って行きたいと、思いませんか?

音楽で食って行く。
楽器を演奏する人の多くが、一度は憧れたことがあるのではないだろうか。
憧れを憧れだけでは終わらせない、行動しさえすればできなくはない、それが店主の経験から感じることです。

ミリオンセールを連発するロックスター、テレビにバンバン出る人気者で、話題の女優と浮き名を流す。
…的なのがミュージシャンの全てではないです(笑)。
演奏でお金を稼ぐ、できたらその稼ぎだけで暮らして行く、それが音楽で食って行くということです。
演奏だけが難しいなら、教えたり、譜面を起こしたり、作詞作曲アレンジしたり、音楽イベントを企画運営したり、とにかく全て音楽につなげて食って行ければいいですね。

それだったら、何とかなるんじゃない?

そう思った店主は、そういう風に行動したんですわ。
もちろん若い頃は演奏でギャラは貰っていたけど、それだけでは苦しかったなぁ(懐)。
演奏だけではどうにも食えなくて一時は演奏の世界から足を洗ったんだけど、やっぱり音楽で稼ぎたくて、それで音楽イベントを企画運営したり、セッションホストをやったりして、ちっこく稼いでいた訳です。
結局、カタギの本業を持ちながら、時間を作って音楽「に関連する」諸々をやっていたに過ぎないんだけどね。
それでも「稼いで」いたし、仕事を辞めてまた本気で音楽だけでやって行こうかとか、30代後半にもなって収入の計算したりしてましたからね、マジで(笑)。

店主の場合はそれが高じて自分の店を持つに至った訳ですが、まぁまずはハコを持つリスクを冒さずに、音楽で稼ぎませんか?と…。
うちの店、セッションホストを募集しているんですよ。
ホストをやって、自分のライブも頑張って、そしたらその先に店を持つと言う選択肢も見えてくるし、店を持つと音楽業界と繋がれるので人脈から何かでかいことになるかも知れないよ(笑)!
某アイドルに曲を提供とかもあり得るし、自分のハコで憧れの有名人がライブをやる時は、そのバックメンバーとして演奏なんてこともあり得る訳ですよ。

そんな美味しいこともあり得るので、音楽で食って行く道の第一歩を、うちの店で踏み出しませんか?
まぁ、もう第一歩ではないかも知れない。
かつてのあの頑張りを、もう一度、でもいいし。

セッションホストは、簡単です。
セッションイベントを企画して、お客さんを集めて、演奏をお手伝いして、そしてその労力の対価を得る、それだけです。
平日、金曜日以外ですけど、セッションを企画しませんか?
とても勉強になりますよ。
演奏技術も上がるし、集客の意味もわかるし、闇雲な努力や頑張りからも解放されて先が見えてくるかも知れません。
頑張れば、それで食べて行くという選択もできます。

ご興味ある方は、ご連絡下さい。

 

メジャーに行くには!!的な…

前々から書こう書こうと思ってたテーマです。
どうしたらプロのミュージシャンになれるの?
どうしたらメジャーアーティストになれるの?
どうしたら売れるの?
っていうね。

全然内容と関係ないけど、左はメジャーの世界をよくご存知の米川さん。全然内容と関係ないけど、左はメジャーの世界をよくご存知の米川さん。右はワシね。

ミュージシャンのみなさんは、どうしたら売れるか、ってきっと真剣に考えていらっしゃるでしょうねぇ。
まぁ、売れる売れないっていうのは、お店も一緒です。
うちの店もまだまだ全然売れてないですから偉そうなことは一切言えず、営業中にブログ書けちゃうくらいにヒマなのです。
だからどうしたら売れる様になるのか、真剣に考えちゃいます。

でね、まぁ売れなくて苦しくなってくると人ってのはマジになってきまして、最近このわたくしもちょっとばかしお勉強をする様になった訳です。
マネジメントとかマーケティングとか勉強していって、つまるところ、単純にお店の場合は、お客さんが求めることをしないと売れないっていう結論にいたりそうなんですわ、まだ勉強は途中なんだけど。
でもそういうのがよくわからないうちは、何か新しい提案をして、それが世の中に認められれば爆発的に売れるはずだ、とか思っちゃうんですよね。
もし新たなビジネスモデルが大成功するとそれは社会現象になりますし、ニュースにもなるから、「そうか、何か新しいことをやれば売れるのか」とか多くの人が勘違いしてしまう訳ですよ。
でも、新しいことをやって当てるというのは、本当に万が一の確率なのであって、それを狙ってビジネスをやっているというのは、さながら万馬券を買い続ける様な話。
普通に考えれば損する確率の方が圧倒的に高いですから、それを狙ってる様な人は資金が尽きたら終わりで、それが早いか遅いかの差でしかありません。

だから、何か新しいことを提案するんじゃなくて、人が求めている既存ことをやる、そして普通にやってたら他の業者と食い合いになって利益が少ないから、切り口を変えてみる、その程度の話なのでしょう。
まぁ、それを僕ができるかどうかは別の話として(笑)。
つまり、一番大事なのは、お店だったらその営業内容が人に求められているものかどうか、なのですね。

そのことは、ミュージシャンにも当てはまるなぁって、思うんですよ。
あなたはミュージシャンとして認められ、求められていますか?ってことなんです。
ミュージシャンとして売れるために必要な要素って、いくつかありますよね。
ざっくり言うと、いい曲をやっていて、演奏とか歌が上手くて、見た目が良くて、上昇志向があるという4つの条件を兼ね備えていれば、自ずとお客さんも集まるし、業界の偉い人が目をつけて投資を始めるはず、ということなんです。
偉い人に目をつけてもらうには、今現在凄く集客できているか、まだ集客できていなくても上記の4つをちゃんと持っていて今後売れることが予想されるか、どちらかじゃないといけないと思います。
仮に4つの条件のうちどれかが欠けているとしても、何かが突出していて不足を補うに余りある人、とかね。

そこ、ですよね。
インディーズでもイケテル感じの人達って、たぶんそれらを持ってますね、僕の経験上。
だからこそお客さんが集まるし、その結果メジャーデビューなんていう話も出てくるのでしょう。
逆に、頑張ってるのはわかるんだけど、その先はないなぁって感じる人達もたくさん見ます。
求められてるのは、「頑張り」じゃないですよね、と。
もちろん頑張らない人は売れるのは難しいでしょうけど、頑張りで売れる様になる訳ではないと思うし。
お客さんが何を求めているのか、そこをちゃんと考えるべきだし、今現在自分がお客さんから求められていないなら、それは自分のやっていることが間違っているということに気づくべき!
頑張っていればいつかは認められる、って信じているのはわかるけど、それも段階があって、ちゃんとファンを増やしていけていないのならいくら時間が経過してもそこから状況が改善するとは思えん!
ファンが増えていっているなら、頑張っていればいつかはメジャーに行けるかもね。

個人的な感想でしかないんだけど、この人勘違いしてんだろうなぁって感じるパターンがいくつかあります。
まず、ライブの回数だけこなしてる人と、ステータスのあるハコでライブをやっていることに満足している人。
ツアー回ってますとか、毎週ライブやってますとか、どこどこでライブやりましたとか、あんまり意味ないよなぁ。
今回のライブでしっかりファンを増やしましたとか、今回のライブで自分達の課題がわかりましたとか、大事なのはそんなところなんじゃないかと。

あと、自分のことを上手いと思っていて、それでいいと思っている人。
まぁ、上手いなんてのは当たり前で、お客さんが求めているのは上手さそのものよりも、もっと感情に訴える部分だと思うんですよねぇ。
演奏者側の表現力とか、感情の入れ方とか。
もうセンスの問題になっちゃうので、努力ではどうしようもない部分ですけどね。
あと、ステージパフォーマンスは重要です。
色気があるとか、華があるとか、盛り上げ方が上手いとか、そういうのがない人はいくら上手くてもファンは増えないだろうなぁと。

お店の経営と一緒、結局音楽活動ってビジネスな訳ですよ。
売り上げにならないなら、それはいくらやっても意味がないし、その先に報われることもないと断言する!
客に迎合するのは嫌だとか、人気取りはしたくないとか、色々おっしゃる人がいますけど(笑)、お客さんに求められない音楽活動は、いくらやっていても意味ないですよね。
ビジネスなのでね!

あ、もちろん、趣味でやってるだけなら何やってもいいと思いますが。

あと、付け足しですが、業界で何人もメジャーに引き上げているとある方がおっしゃったそうです。
「ライブの時、それが最後のステージであるがごとく真剣にやっていなければ、絶対にメジャーには行けない」と。
これも、とても重要なことなんでしょうねぇ。
これから先を目指しているミュージシャンのみなさん、やっつけみたいなライブは1回でもやったらダメみたいですよ、コワ〜。
ちなみに僕の演奏はいつもやっつけなので、メジャーには行けません(笑)。

白田さん登場!

久しぶりのブログとなってしまいました。
前回から1ヶ月ぶりかよ…。
もう夏も終わりっすね!
みなさん、いかがお過ごしですか?
うちの店は8月11日〜13日まで夏休みをいただいてみましたよ。
その間わたくしの誕生日がございまして、またひとつ歳をとりましたとさ。

書くことは、そりゃいっぱいある訳ですよ。
なんだけど、まぁほぼはしょって先日の日曜日のお話をいたします。
先日24日(日)に、WebロックマガジンBEEASTのイベントがあった訳です。
BEEASTって、あれです、僕が前にライターやってたwebマガジンです。
あ、ほとんどの人知らないですよね(笑)。
やってたんですよ、記事書いてたんです、ごく希に。
ライターですってことでたくさん名刺作ったんですけど、だいぶ余らせてしまったんですよね。

まぁ、そんな縁のあるBEEASTのイベントで、ミュージシャンを呼んでトークと演奏をしてもらうっていう内容なんですけど、うちの店が広さ的にもいいんじゃないかってんで使っていただいたいのです。
お呼びしたミュージシャンは、ギタリストの白田“RUDEE”一秀さんです。
ジャパメタの人で、かつてはPRESENCEのギタリストとして有名になって、のちにGRAND SLAMをやって、現在はDAIDA LAIDAをやっておられます。
関西のご当地バンド的なあのRAJASにもおられたというのは、ご本人のトークで初めて知りました。
80年代から雑誌によく出てて、すげー上手いギタリスト的なポジションの方ですが、ケメンでギターが上手いとくりゃあ、そりゃ人気者にもなる訳です。

白田RUDEE一秀さん
白田RUDEE一秀さん

2時間のイベント中ほとんどがトークでして、あれやこれやエピソードをお話しいただいたのですが、関西人なのかな?サービス精神旺盛で笑いもとれるっつー(笑)。
ギターも弾いて下さったんですが、たまげるくらい上手いっす!!!
技のデパート的な方で、メタル系としては死角なしのテクニシャンですな。
チキンピッキングのあのフレーズ、どうやってるのか聞いとけばよかった(笑)。
そんな白田さんですが、凄い集客力でした。
キャンセル待ちもあったとのこと。

大入り満員
大入り満員

ご本人はとても気さくな方で、最後にBEEASTの編集長の桜坂さんと、何故かみんなメガネをかけてとのリクエストで写真を撮りました。
左が桜坂さん、真ん中がわたくし、右が白田さん。

何の何の3人だこりゃ
何の何の3人だこりゃ

何だこりゃ(笑)。
あ、わたくし、ちゃんとBEEASTのオフィシャルのTシャツを着ております。
出勤する時に手に取ったのが、偶然にもこのTシャツでした。
運命を感じるね(笑)!

************

で、ここからはお店からのお知らせとお願いです。
えーと、まず、9月以降は何もセッションやライブの予定のない月曜日は、お休みさせていただきます。
9月は1日(月)、8日(月)、29日(月)がお休みです。
基本、月曜日以外に休みは作りませんので、振替休日みたいなのはないです。

んで、今後平日はどんどんセッションをやっていきたいので、セッションホストを募集します。
ジャンルは問いません。
ちゃんと集客できて営業的にまわれば、それで構わないです。
企画運営集客、全てをお願いします。
当店は告知などのお手伝いをいたします。
すでにどこか他のお店でホストをやっていらっしゃる方、もしよろしければ当店でのセッション開催を検討してみませんか?
お問い合わせいただければ、条件を提示いたします。

そして最後に、アルバイトさん募集!!!
業務内容、曜日等はご相談の上で決めさせていただきます。
時給900円から開始、能力によってすぐに昇給できます。
交通費は1日500円まで支給。
音楽が好きな人、是非ご応募を!!

よき出演者たちへ

つことで、昨日の宣言通り、今日もブログ書きます。
昨日に引き続き、過去のことについてです。
その時書きゃあいいのに、忙しさを理由にそのまま放置してました。 

先日の19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)は、うちの店の1周年パーティーをやりました。
おかげ様でそこそこにぎわいましての(笑)。
あ、いや、すげーにぎわいました!!!!
って、言っておく。
パーティーっていう名前だけど、まぁ3日間ブッキングライブをやったのですよ。ライブ後にそれぞれ打ち上げをやったので、それがパーティーと名付けた所以です。

1日目は、店主もバンド組んで出演しました。
即席バンドです。
2年ぶりくらいにライブをやって、楽しかったですね(笑)。
Mötley Crüeのコピバンだったんですけど、ギター弾きましたよ。
出来は酷いもんでしたが、たくさんの人が観にきてくれたし、楽しめたのでヨシとします。
動画撮ったので、いつか公開できるかも知れません。
1日目はコピバンばっかりで3バンドでした。
まぁ、1日目の話はここら辺で…(笑)。

2日目はポップス系の女性ボーカルばかりで3組でした。
ポップスということでブッキングしたのですが、結果として女性ボーカルばかりになりました。
この日は当店お勧めアーティストの「スキニメイジ」と、当店で以前にライブをやってくれてとてもよかったのでお呼びした「ぱんぷきん」、そしてとある大箱を埋めたことがあると言う伝説を持つ「いろは。」の3組。

スキニメイジ
スキニメイジ

 

ぱんぷきん さおり
ぱんぷきん さおり

 

いろは。
いろは。

それぞれの情報はそれぞれのサイトに飛んでくれたまえ。
とにかくスキニメイジはうちの店で平日ライブをやっていて、ホントお勧めなのでみんなに観て欲しかった。
まぁ、うちのお客さんてのはこの日はほとんど来なかったんだけど。
また平日ライブやるときは告知するんで、観にきて欲しいです。
あ、なんだかスキニメイジだけ推してるみたいですみません。
一応一番縁が深いので、まぁそうなりますわなぁ。

そして3日目はロックの日、だった訳ですが、出演は有名になりつつある「QUORUM」、そしてギターボーカルの青木玄沖がちょ〜かっこいい「裏踏み絵」の2組。

QUORUM
QUORUM

 

裏踏み絵
裏踏み絵

QORUMは、次世代を担うと評判のインディーズロックバンドです。
彼らは、これから来ますよ!!!
観に来なかった人、残念でした。
メジャーデビュー前の彼らを観ておけば、あとで自慢できたのにね(笑)。
70年代ロックな感じの、全曲英詩、おじさまおばさま大喜びのイケメンヤング達です。
世界を見据えて、活動してるっぽいです。

そしてもう1つの裏踏み絵ですが、とにかくここのギターボーカルの青木玄沖がかっこいい。
グラムな感じでかっこいいし、曲もよく、上手いし、笑いもとれる!!!
エンターテインメントって、これだよね、って思わされます。
うちの店ができた時からずっとラブコールを送ってきたのですが、やっと出演してもらえました。
ファンサービスもいいので、一度観ちゃったらファンになってしまうと思います。

そしてそして、1周年ということでいっぱいいただき物をしました。

お花その1
お花その1

 

お花その2
お花その2

 

お酒
お酒

 

ケーキと桃
ケーキと桃

みなさま、たくさんの贈り物、ありがとうございます!!!!
お花は嬉しいです。
飾ると店が賑わいます。
飲食物は、自分ではなかなか買えない高級品、ありがたくいただかせていただきました。
感謝感謝です。

ミートアップって、なんじゃろ???

全然ブログ更新してなかったっす。
そして、何で金曜日に更新なんだろう…しかも営業中。
よっぽどヒマなんだな、金曜日。
いえ、違います、金曜日は遅い時間にならないとお客様が来ないだけなのですよ。
遅い時間は、忙しいんだ、忙しいんだから!!!!

で、久しぶりに書くブログが、なんと過去のことについて…。
先々週のことっすよ。
書こう書こうと思って、忙しさでそのまま放置、そしてやっと書けるちうことです。
本当はヒマな日もあったけどね(苦笑)。

先々週の16日(水)の話でございます。
16日と言えば、FLYJAMの16thパーティーですよ。
7月3日に書いたブログのあれざんす。
あそこに書いた、毎月16日のってやつね。
今回はとっても盛り上がったのです。
ちなみに16thパーティーって、ミートアップっていうのよ。
ミートアップって何じゃらホイと思うよね?
ふつー、意味知らないよね?
でもね、英語喋る人たちにとっては、ミートアップってのは日常的な言葉で、まぁ、何かをサカナにみんなで集まって、仲間と語らったり新たな出会いがあったりっていうものらしいのよ。
調べたさ(笑)。
まぁ、バーベキューやったりして、知り合いと、知り合いの知り合いと、募集を見て集まった知らない人達と、会う、ちう感じなんでしょうな。
英語喋る人、これで合ってますか?
間違ってたら指摘してね。

まぁ、16thパーティーが何でミートアップかっていうと、英語喋る人が集まってるからなのですよ。
外人さんとか、英語に興味のある人とか、音楽をやってる人、聴きたい人の集まりなんですね。

外国に興味ある人と音楽に興味ある人の集まり
外国に興味ある人と音楽に興味ある人の集まり

ね、ほらね、外人さんいるでしょ(笑)。

…なんちて。

実はこの写真に写ってるロッキーさん、たまたまウチに飲みに来たら16thパーティーやってたっちうことです。
でも、他にも外国の方もいらっしゃってましたし、日本人でも英語喋れる人たくさんなので、普通に英語で会話されてましたよ。
英語に興味のある方、是非!!!

で、音楽やりたい人は誰でも参加できます。
カラオケで歌ってる人も!

カラオケで
カラオケで

で、今回面白かったのは、アボリジニの楽器でジョワジョワゴワゴワ言ってた人(笑)。

アボリジニのなんとか
アボリジニのなんとか

これでジョワジョワゴワゴワ言いながら、リズムマシン叩くっちう、面白いパフォーマンスでした。
この他にも出演者おりまして、普通の感じの人と、あと口元でバネをビョンビョンやる人がいました。

弾き語り
弾き語り

 

口元でビョンビョンやるやつ
口元でビョンビョンやるやつ

とてもよいパフォーマンスを観させていただきました。
さらっとオープンマイクでやってるだけなんですけど、とても上手いんですよね。
そんでもって、パーティーの最後の方はみんなでセッションです。
楽器持ってきたら、みんなと遊べます。

で、例のごとくFLYJAMは撮影してユーストリームで流してる訳ですよ。

ユーストで世界へ
ユーストで世界へ

外国の人にもアナウンスしてるので、世界で観てくれてるんです。
ん〜〜、うちの店、世界に見られてるのね(笑)。

そんな16thパーティーです。
毎月16日にうちの店でやってます、って言いたいけど、8月はうちの店じゃありません。
代々木公園でやるらしいです。
でも、たぶん9月はうちの店でやると思います。
音楽と英語に興味のあるみなさん、是非参加してみてください!!!
みんなと出会えるし、世界に向けて発信できます。

つことで、可能であれば明日はまた過去についてのブログを書きたいと思っております。
書けるんだろうか…。

ついにアレが来たのよ(笑)!!!!

何だか自分がトレンドに乗れた様な気がして、若干嬉しいっす(笑)。
嬉しさのあまり、スクリーンショットとってブログに載せるっちう面倒くさいことまでやっちゃってるし。
ネットのニュースで見ましたよ、LINEのアカウント乗っ取られて、コンビニで何か買えっていうヤツ。
あれが、とうとうオレのところにも来ましたのよ!!!IMG_3523

LINEでやり取りしたことない様な人から、珍しくメッセージ来たなと思って見てみたら、「忙しいの」と。
「忙しいの?」と聞かれた訳ではなく、一方的に「忙しいの」と自分の状況を説明してきます。
あー、奥さんか誰かに送るのを間違えて僕のところに送ってきたんだなぁと思い、「そうですか」と返事すると、ソッコーで返信が!!!
そこに書いてあったのは、あの、ネットで見たマヌケなサギ文章が!!!!!

キターーー(゜∀゜)ーーーー!!

正直、嬉しかった(笑)。
そこで、どこまで引っ張れるか試してみたんですが、あっさりと逃げられました。
もうちょっと遊びたかったぜ。

ちなみに、今日は昼間、バンド練習してました。
久しぶりのバンドです。
僕、ギター弾くんですよ。
今度の19日、うちの店でライブです。
うちの店の1周年記念パーティーです。
どなたでも入れますので、是非いらっしゃってくださいね!!