思うのと現実とは違うのよ

来た来たぁ!!!!!
つか、2009年の記事だから、来たというよりは過去のものであり、それを店主がやっと見つけた、って感じ。
えとね、「集客はライブハウスがせよ!」的な話ね。
この記事を書いているのが誰なのかわかりませんが、ミュージシャンなのかなんなのか、とにかく演奏する側の人みたいです。
ニューヨークで演奏していたことがある的な。
まぁ、お時間ありましたら読んでいただきたいです。
http://ugayaclipping.blog.so-net.ne.jp/2009-07-23-10

ニューヨークじゃ演奏すればギャラをもらって当然、なのに日本のライブハウスはミュージシャンから金を取るとはけしからん、的な、よくあるパターンね。
ライブハウス経営者は『「おれたちはミュージシャンを育てている」「音楽シーンをつくっている」なんてエラソーなことぬかす』な的なことですが、そんなことぬかしてるライブハウス、今時あるのかしら?
…あ、そんな店あったわ(笑)。
でも、普通に考えて今やライブハウスは、ホールレンタルでしかない訳ですよ。
それがダメだと言いたいみたいですけど、別にダメでもなんでもなく、ホールレンタルなんです(言い切る!)。
それでいいじゃない!
それを時代や社会が求めているんだから。
それがマーケットというヤツですよ。

IMG_5167

かつての「正しい形」をいまだに求める、もしくは外国はこうなんだから日本もそれに倣うべき、的なのは無理だろ。
日本は言ってしまえば、ライブハウスがあり過ぎなんです。
結局、ライブを観に行きたい人口よりもライブハウスの収容人数が大幅に上回ってしまっているということです。
ライブハウスが少なかった時代は、ライブハウス自体が集客できたろうし、ライブハウスがミュージシャンを育てていたと思うし、ミュージシャンもプロを目指して真摯に向かい合っていたんだろうねぇ。
ついでにいうなら、欧米人がライブを観たがるのに対して、日本人はライブを観たくない国民性です(笑)。
うちも営業してて音が外に漏れていると、欧米系の方がフラリと入ってきます。
ところが日本人はというと、もちろんライブが好きな人が音に釣られて入って来ることもありますが、直接知り合いに聞いてみても、音が鳴っているとうるさいから来たくない、とのたまいます。
自分自身もバンドをやっていて自分のライブには来てくれ来てくれと言うくせに、知り合いでもない人間が演奏していると「うるせー」と…。

文化の違い、だね。

文化の違いの結果として、ライブハウスがミュージシャンにノルマを課してお金を吸い上げるシステムができ上がったに過ぎません。
「けしからん論者」はきっと、そんな形でしかライブハウスを経営できないなら止めちまえばいいとか、簡単にエラソーなこと言うんだろうね(笑)。
もしノルマ制が間違っていると言うなら、お客の側に「もっとライブを観る習慣を身につけろ」「音を嫌がるんじゃない」「青山辺りのカフェでお茶なんかしてんじゃねー」と言うしかない。
さらに、ライブハウスがこんなにもたくさんできてしまったのは、需要があるからなんだよ。
時代は、お金を払ってでも演奏したい時代なんですよ、今の日本の場合!
そこに市場があるから、店を開くのよ。
市場の原理でしかない。
それで社会的な問題が発生していない限り、原理通りに動いているものは容認するしかないのです。
YouTubeを観るな、CDを買え、音源データを他人と共有するな、レンタルは利用するな、とお客に言ってるのと同じね!
時代がCDを求めなくなっているだけ。

自分がそれに納得できないと言うなら、ご自身の思う「あるべき」ライブハウスをご自身でやったらいいんですよ。
市場の原理に逆らっても経営を成り立たせる能力がおありなら、是非やってみてくれたまえ!
もしくは、集客をしてくれるライブハウスがあるなら、そこにのみ出ればいいぢゃない。
たぶんあるにはあるよ。
それでもCDを買ってくれる客がいるのと同じ様にね。
他所で誰が何をしていようと、気にすること無し。

店主もかつては、ライブハウスがノルマを課すのは、なんだか変だなぁって思ってたんですよ。
だから、ノルマ無しでミュージシャンに演奏させて、店側で集客しようと頑張ったの。
でもね、文化の壁に負けて、それを縮小せざるを得なくなりましたとさ。
うちでノルマ無しで演奏させる営業は、日数をかなり減らしております。
なぜなら、店で集客するというのは、欧米人が集まる街(六本木とかね)や、英語で完結する様な店(経営者が外国人とかね)じゃないと無理だからさ。
うち、御徒町にあるし、店主は英語はそんなにできないし(外国人の友達とも堂々と日本語で会話しちゃう)。
日本人で音を求めている人というのはそもそも少ないので、そんなに日数できない、つーことです。

そして何よりも、お金払ってでも演奏したいという需要が大きかったから、それに合わせたということです。
ライブやりたいとか、セッションやりたいとかって言うんですよ、みんな。
うちも売り上げ付かないと営業続けられないからね。
件の記事にもあったけど、六本木で30席規模のハコで家賃40万というのは、相場でそんなもんです。
これを維持するためには、需要のない営業内容にそれ程日数を割けないのよ。

まぁ、いいミュージシャンしか出さないとても有名なハコで、それこそ店自体がお客さんを持っている様なところでも、ミュージシャン側の集客努力がないとやれない時代だからね。
ブログだってなんだってある時代、ミュージシャンも自身で集客できなきゃその先はないだろうし。
それとも2009年の世界は、そんなにも今とは違う世界だったのだろうか(笑)?