再開と誤解とライブハウス問題と

ここでのブログを再開しますよ。
前回が、2015年の10月だそうな。
その間、アメブロに書いたり、Facebookのページ内に書いたりしたけど、やっぱここに戻りますわ。

 
 
 

これまで書いてきた云々が、実は誤解されて伝わってた事実を知りましてね、ここは改めて説明し直さないとな、ということで書きます。

バンドさんがライブで集客するためには、これこれこういうのが必要だって書いてきたんだけど、それがどうもいけなかったらしい。

「否定」されてる、って感じる人がいるらしいと。

全バンドを対象にして否定しているのではなく、集客したいならこうしなきゃね、ってことです。
集客したくないなら、別にそうする必要はないです。
ノルマ払って観客ゼロでライブやって、それで満足なら全く問題ないです。

 
 
 

あ、ライブハウス問題、ネットでもたくさん挙がってますね。
ライブハウスは、バンドにノルマを課して儲けやがって許せない、集客はライブハウスがやるべき、バンドは演奏さえすればギャラを貰えてしかるべき、的なね。

まぁ、いちいちここでは論じません。
今回はこれが主題ではないので。

ただ、多くの人達が「ヘタクソはライブハウスでライブするな」ってなことを言っています。
店主はそんなことは言ってません。

だから、勘違いしないでね!
ワシが言っとるのではない。

ワシは、集客したいならまず上手くないと話にならんだろ、ってなことしか言ってない。

 
 
 

で、まぁうちの店の場合は「ライブハウス」ではなく「ライブバー」だから、運良くライブハウスを批判している人達の矛先からは逃れてるんだけどね。

どういうことかというと、ヘタクソはライブハウスではなく、より小規模なライブバーなどでライブをやるべき、だそうな。

ヘタクソは、うちでライブやるのは許されるらしい。
でも、ライブハウスでやるのは、ダメらしい。

 
 
 

まぁ、わからなくはない(笑)。
否定は、しないです。

うちの場合は、演奏の機会を差し上げている立ち場。
だから、使用料を払ってね、ってことです。

そんなの貸しホールと一緒だ、って批判があるけど、前にも書いた通り、貸しホールと一緒ですが、ナニか?

 
 
 

つまり、うちは色んなバンドさんに利用していただいて構わないですよ。

ただね、ライブするなら集客はしたいでしょ?
だったら、集客のために必要なことを、やりましょうよ、っていう提案をしただけなんです。

というか、みなさん集客に苦戦している様なので、多くの出演者を見ている立ち場から、こんな感じだと集客できるんじゃいですかー、的な文章を書いたまでですよ。

 
 
 

まぁ、こちらが期待する様には、人は文章をじっくりとは読んでくれないということですな。

読み流して、誤解したまま終わる。
そんなもんですわ。

だから、誤解されない様に気をつけないといけないし、誤解が生まれたなら何回も訂正していかないといけない、つーことなのね…。

 
 
 

今回は久々なので、こんなところで。

次回以降はまた、コアな話をしていければと思いますよ。