結果にコミットできているか

結果にコミット、あの宣伝で初めてコミットという言葉を知りました。

本来サービスを提供する側っていうのは、結果にコミットするのが当たり前だと思うんですよね。
でも世の中のほとんどのサービスって、売ったら売ったっきり、結果は買った客次第、みたいな感じでしょ。

売る時はね、「これ絶対お勧めですよ」って言うんです。
買ったら絶対に効果があるとか、満足するとか、言うんです。

でも、そうならなかったならなかったで、全然責任取る気もないでしょ。

コミットなんて、しないんですよね。

 

そこを、あのCMのアレは、コミットしたんですよね。
効果を保証したの。

これって、すごい!!

 

翻ってね、自分はコミットしとるんだろうか、と…。
うちの店は、お客さんの満足にコミットしてますか、と。

正直申し上げますが、コミットしとりません。

すんません。

 

だがしかし、力を入れている部分があって、そこはコミットしているつもりでやっているんですよ。

そしたらなんと、最近、とてもいいお言葉をいただくことが多くなりました。
「音が良かった」「やり易かった」「お客さんが音がいいって言ってた」ってね。

ライブのPA、マジで気合い入れて頑張ってるんですよ。
そしたら、満足していただけている感想が、多くなりました。
最近イベントの終わりに、嬉しいお言葉をいただくことが、多いんです。

良かった。

頑張った甲斐があった!!!

 

つことでね、天狗にはならず、心の励みとして、一層努力していきたいと思います。

褒められて伸びるとか、現代っ子かよ(笑)!!
ワシら世代は、叩かれても踏まれてもめげない、雑草が生き残るんじゃ。