なぜJAM SESSIONでライブをやるのか

あ〜、アテクシ、うちの店でライブやろうよ的な提案、ずっとしてますよね。
うちでライブやると、いいですよ〜、って。

もちろん他にもいいハコは沢山あるので、皆さんにうちでどうしてもライブをやってもらわなきゃいけない理由は、ないと言えばないです。

でもね、うちでやることの意味は、あるんですよ。
そのことを、知ってもらいたいんです。

なんで、JAM SESSIONでライブをやるべきなのか。

 

簡単な話、JAM SESSION は真摯にライブに向き合っている、ということが言えます。
真摯に、とは、いかに??

とにかくPA担当は、手抜きはせずに、音作りをしているんです。

もちろん上には上がいますから、うちよりも音がいいハコは沢山あると思います。

でも、JAM SESSION と同じ規模の他のハコって、どうですか?
正直申し上げて、ちゃんとPAやっているところって、なかなかないと思うんですよ。

まず、機材が絶対的に違うと思います。
家庭用の練習アンプとか、調整のできていない古い機材とか、そんなのを普通に使わされるハコ、ありますよね。

JAM SESSIONは、小規模ではありますが、それなりの機材を用意して、ちゃんとした音が出せるようにしていますよ。

そして、PAの音作りは、手抜きはナシです。
もちろん限界はありますが、規模としてはこれ以上ないくらいに一生懸命音を作って、バランスを取っています。

ですから、出演者も、観客も、音が良かった、と言ってくれます。

 

それは、店のポリシーなんですよ。
小規模だけど、手抜きをせずに、最大限のサービスをする、というのが。

だから、同規模の店の中では、絶対的にいいサービスとしているという自負があります。

ライブをやって気持ちいい、ライブを観て心地よい、には自信を持っています。

 

ライブやるなら、値段が安いからという理由で会場を選ばない方がいいです。
安いところは、残念ながらそれなりです。

そういうところでは、お客さんにカッコいいところを見せられないし、経験も積めません。

ちゃんとしたところでライブをするから、経験値が上がるんです。
音の聞こえ方を経験し、どうすればいいのかの対処も学びます。

安いところだと、音もへったくれもナシ、ただ楽器カキ鳴らして自己満足して終わり。
安いからと言って、なんなら集客もせず、観客のいないところで演奏して終わりです。

 

とは言え、クオリティーを求めると大きなハコを選ばざるを得なくなることも多いですよね。

やはり規模の大きいライブハウスとなると、使用料やノルマが高くなってきちゃうよね。

そこは小規模店の強み、うちなら利用料を抑えることができるんですよ。
だから、JAM SESSIONでライブをやるべきなんです。

もちろん集客が100人を超える、なんていうバンドさんだとうちでは無理なので、別のハコを使わないといけないけど、30〜50人規模なら、JAM SESSION でのライブをお勧めします。

しっかりとしたライブができるのに、価格は抑えられている。
費用対効果で見たら、わかる、ということです。

そして、照明の「最ギラギラ保証」があるので、ステージ上であなたは絶対にカッコよくなれる(笑)!!!