ライブ集客の衝撃的事実!

久しぶりにブログ書く、なう。

ほんと、久しぶり。
何で書かなかったかって?
そりゃ、何だかめんどくさかったから。

でも、書きたい内容がずっとあって、で、やっと重い腰を上げて書くことになりました。

 

ライブ集客のこと。

アマチュアバンドの、ライブね。

 

前からアテクシの提唱している、交換条件集客、これってある意味において正解だというのは、自信を持っております。

交換条件集客?

つまり、「オレもお前のライブ観に行ってやるから、お前もオレのライブ観に来いよ、金払って…」っていうヤツです。

これって、字ズラだけ読んでると、しょ〜もない交換条件にしか感じません(笑)。
「実力で客呼べね〜のかよ」って、多くの人が思うことでしょう。

でもね、勘違いせずによく考えて下さいな。
アマチュアバンド、多分単なるコピバン、自己満足以外に存続理由なし、のバンドが、実力で客集めるって、どうやるっての?

 

実力で客を呼ぶのは、本気のバンドだけです。
ちゃんと自分たちで曲作ったりして、次のロックスターを目指している人たち、とか。
こういう人たちが、純粋に自分たちの楽曲を楽しんでくれるファンをつけて、実力で観客を動員するんです。

アマチュアのコピバンが、実力で客を呼ぶ、なんていうのはどう考えたって無理な話なんです。

だって、あなた自身、誰だか知らない人がやってるアマチュアのコピバンのライブ、観に行ったりしないでしょ?
あなたが行かないなら、あなた以外の人もあなたのライブには来ないんです。

だから、交換条件集客なんです。

 

交換条件、ってことは、観に来る人もみんなバンドやってる人。
自分と同じ立場の人ですよ。

決して、ファン、などではない。

 

これはね、全く悪いことではないんですよ。
既にみんなそうしているのに、なんかイメージ悪くて、事実を認めたがってないだけです。

あなたがやっていることは、交換条件集客なんですよ。

ファンなんて、求めないで下さい。
バンドやってない、純粋なリスナーを動員しようとか、ほぼほぼ無理です。

稀に会社の人が来てくれることもあるでしょうが、だいたいお付き合いで1〜2度来たら終わりです。
もう、次は来てくれません。

なので、常に、バンドやっている音楽仲間を誘いましょう。

そして、誘うからには、あなたもお友達のライブを観に行きましょう。

 

と、交換条件集客を肯定するのには、ちゃんとした訳があるんです。
それは次回に!