ドラムの音の真実 だがしかし

前回のブログにて、ドラムの生音が直で聞こえないくらいの会場の広さだと、基本的には音質は犠牲になる旨書きました。
ドラム音の真実

でもね、同時にこう思ってるのよ。

実は「音源」を使ったドラム音って、生ドラムをマイクで拾うよりもいい感じ!

ってね。
身も蓋もねーじゃねーか(笑)。

 

シンセとかに入っているドラム音源ありますよね。
あれ、音抜けがいいように加工されてます。

ので、すごくクリアにドラム音として聞こえるんですよ。
近接効果もあるというか、音色だけ聞いていると、結構リアルなんです。
本物をマイクで拾って増幅するよりも、リアル(笑)。

パソコンとかのソフト音源も、そうです。
サンプリング音源とか。

そこら辺の、ニセモノ達の方が、本物をマイクで拾うよりもいい音が出るんですよ(極めて残念な話だが…)。

 

もちろん、ホンモノじゃないから、連打とかするとかなり嘘くさくなります。
でも、音の抜けなんかは、本物の生音を聞いているのに、近い。

これは、各メーカーさんが音色を一生懸命加工しているからなんですね。

 

もちろん、ライブハウスの現場でも、妥協ないマイクとイコライジングで、かなりいい音が作れると思います。
レコーディング現場くらいの機材とテクニックがあれば。

でも、ライブハウスの現場は、残念ながらそういう環境ではない。
どうしたってレコーディングレベルのドラム音の再生(増幅)は、できないんですよ。

 

だからね、RolandのVドラムなんて、どういう使い道あるの?なんて聞かれたすると、「レコーディングの時にすごく便利だよ」と今まで答えてましたが、「ちょい大きめのライブハウスでめちゃ使えるよ」っていうのも、足したいと思います。

そう、音色を犠牲にしないためには、Vドラムは使えるのだ!

 

って、ワシャRolandの回し者か(笑)?

いや、回し者じゃないし、基本うちの店はVドラムは置かないし、仮にもっと大きなハコに移転したとしても、Vドラムを導入しようとは思わんです。

音だけが大事じゃないからね。
機材選びは、気分の問題もあるっしょ。

みんな、Vドラムよりもなまドラムを叩きたいのよ。