内輪のノリ というヤツ

内輪ノリ、って、悪い感じで言われてます。
余計な反論すんません。

内輪ノリって、ホントにダメなの?

 

内輪で盛り上がっていて云々。
ライブ会場、セッション会場、飲み屋。
新規で来た人や、一人で来た人が、仲間に入れない雰囲気が、ダメだと。

 

内輪ノリなんて、当たり前だと思うんですよ。
それで盛り上がってるんです。

内輪の内部の人たちは、楽しいんです。
いつもの仲間との会話、楽しむに決まってんじゃん。

だから、内輪ノリがそこに存在してるのは当然じゃん。

それ、ダメって言われても、なくなることはないですよ。

 

それがあって当たり前、その内輪ノリに自分が入っていくしかないでしょ。

まぁ、うちのセッション営業の時の話になっちゃうんだけど、初めて参加の人は、比較的ポツンといることが多いですよね。
すぐ打ち解ける人もいるけど、初日は大抵の人が無理だと思います。

それで当たり前。

 

そこで、あそこは内輪ノリでなんちゃら、って文句言っちゃう人いますけど、そうじゃないだろ。

最初の参加の時は、その内輪に入れなくて当たり前です。
まれに内輪の誰かがとても気が利いていて、新顔をそれとなく内輪に入れてくれるとこはあるけど、それがいつもあるべきだとは期待しないでいただきたい。

2~3回通っているうちに顔見知りができて、徐々にその内輪に入っていくしかないのだ。

 

まれに、何回通っても受け入れない雰囲気の団体は存在しています。

その内輪の人たちに悪意があるのではなく、その誰もが気が利かない人たちの集団である場合です。

気が利かない人間はいます。
というか、むしろ気が利く人間の方が圧倒的に少ないです。
世の中のほとんどが気が利かない人たち。

その集団にたまたま気がきく人がいればいいのですが、誰もいないことも可能性としてはあります。

  

そういうのも、目の当たりにしていますよ(笑)。

別にね、みんな、新しく来た人を意図的に無視している訳では、ないのよ。
ただ、知らん人に気を使ってまで話しかけない。

気心知れたいつもの人と話す方が楽なのは、あなたもアテクシも、世界中の誰もが、一緒なんです。
何回か顔を見てるんだけど、結局今日も特に話しかけもせず、となってしまう。

それで疎外感を感じると…。

 

でもね、そういうのは、新しく参加した方が、打ち解けていく努力が必要だと思うんですよ。

友達づくりの上手い人は、自分から話しかけてますよね。

 

内輪の中に、自分から入っていって下さい。
内輪ノリなんて、あって当たり前、それはダメなことではなく、自分もその中に入っていくしかないモノ。

 

内輪ノリがダメとかって言ってる人、じゃ、あんたは内輪ノリしたことないの?
よく知った仲間がその場にいれば、その人たちとの会話が弾むよね?

それ、内輪ノリってヤツですよ?

 

自分がやってる時は気付かず、人がやっていて自分がその輪に入ってけない時は、文句を言う。

って、なってない(笑)?