コロナの影響は続く…なう

泣き言連ねてるみたいで、心苦しいのだが…。

まぁ、それでも色んな人が心配してくれて、どうなの?って聞いてくるので、今、を伝え続けなければ、と思い今日も書きます。
うちの、今の状況…。

 

思ってたよりも、コロナのインパクト強いです。
つい数日前までは、4月は影響残るだろうが、それでも5月までかかることはあり得ない、と思っておりました。

が、感染者が増え続けていて、これだともしかしたら5月頭も影響残るかなぁ、もしかしたらそれ以上に延びるかも…とか、頭をよぎったり。

 

それでも店主の感覚では、5月上旬で終わるとは思うのですよ。

楽観?希望的観測?それとも、そうなってもらわないと困るので、無理やり思ってる?

いや、今、感染の爆発的な拡大を防ぐために、2週間なのか、3週間なのか、活動を控えるべき期間が限定的にある、ということですよね。
北海道ではある程度の期間を経て爆発的な拡大を抑えることができた、として、行動を通常に戻す「解除」的な話になったじゃないですか。

東京だって、爆発的な拡大の危険さえ越せれば、少なくとも1ヶ月以内に通常通りに近い生活をしていい状態に、戻るはずなんですよ。

 

残念ながら、すっかりパニックになってしまっている人たちがいます。
この人たちは、多分何もかも不安で不安で、ってなってしまっていますね。

ただし、不安から騒ぎすぎの人がいる一方で、大丈夫だと思っている人がいるのですが、これはどちらが正しい、という話ではないです。
多様性、なんです。

全員がパニックになって萎縮すれば、社会は終わってしまいます。
かといって、全員が楽観していては、もしもの時に種としての人類が絶滅します。

だから、両方の考え方のグループがいて当然だし、お互いの存在と尊厳は、認めなければならないと思います。

 

そんな中、ご利用の皆さんに、正味のことを伝えておきます。

コロナでイベントのキャンセルは、もう仕方がないことです。
これは、本当にコロナの影響なら、キャンセルを誰も止めることはできないです。

でもね、6月以降とか結構先のイベントまでキャンセルされると、流石にキツイです。
5月までもコロナの影響で人々が外出できないという事態が、絶対にあり得ないとは言いませんが、店主は個人的に考えて、それはないだろうと…。
爆発的な感染を防ぐために2〜3週間活動を控える、そういう話ですよね?
2〜3週間が過ぎたら、全面的にとはいかなくても、ある程度普通に戻っていいはずなんです。

秋まで様子を見る?

いや、それやられたら、うち、確実に潰れます。
潰れたら、もうイベントなんて、できません。
秋以降に利用は、できなくなるんです。

いいですか?
秋まで利用を延ばされたら、確実に潰れますからね?

本当に店主の想定を超えた日程まで、本当にコロナの影響で、本当に人々が外出もできないなら、その時は絶対にキャンセル料なんて、もちろんとりません。

だから、今の時点でかなり先のイベントまでキャンセルするの、やめてもらえませんでしょうか?
それやられると、かなりキツイんです。

やっぱり大丈夫だった、ってなった時に、一度キャンセルした日程でイベント、もうやってくれませんよね?
そういうことなんですよ。
その日程、空いちゃったら、そのままこちらはもうそこを埋められないんです。

だから、ある程度日程が迫るまで、やる前提でいてもらえませんでしょうか?
迫ってから本当にできないんだったら、それは仕方がないし、キャンセル料なんて取らないんですから、ほとんど損はないはずなんです。

パニックになった一部の人に流されて、みんなにキャンセルされたんじゃ、こちらはもう首吊るしかなくなるんです。

冷静な判断を、是非お願いしたいです。
やる前提でしばらく様子見したって、そんなに損害はないのではないでしょうか(もちろんゼロとは言いません…)。

 

そして、うちが大丈夫かと心配してくれる皆さんに、お伝えしておきます。

今の時点ではもう売り上げが立たず、支払いも滞納しながらしのぐしかない状況です。
普通に、かなりヤバイ状況です。

ですが、火だるまになってでも、店を残します。
それこそ、差し押さえ食らって身動き取れなくなるまでは、粘ります。

なぜなら、今、店が調子良くなってきているからです。
前のブログでも書きましたが、今年は良くなる前提でおりました。

昨年秋以降良くなり始めて、今年はド〜ンと行けそうだ、そう思ってましたよ。

なぜなら、今、ちゃんとビジネスの勉強をしていて、何をするべきかがわかったから、なんです。

 

多くの方がご存知ですが、うちは一昨年、お弁当事業で失敗、借金を大幅に増やしました。
それで皆さんに泣きついて、色々支援していただきました。

改めて、その節は、ありがとうございました。

で、そこから、このままじゃいかん、何とかせねば、ということでコンサルの先生につきました。
今、ものすごく勉強しています。
あの時に今の脳みそ持ってれば、失敗しなかったのに…って、思います。

そんな状況で、今は、ビジネスの方向も、自分が何をやればいいのかも、エビデンスを持って確信できている状態なんですよ。

 

だから、今、店を潰せないんです。

この危機を乗り越えて生き残りさえすれば、1年先なのか2年先なのかはわかりませんが、絶対に伸ばせる確信があるんです。

だから、そういった意味では安心して欲しいです。
が、今を乗り切れなかったら、元も子もないです。

 

という状況です。