かつての充実感を思い出す

コロナ休業の影響で、ある程度の時間の余裕ができました。

もちろん営業再開に向けて、忙しいのは忙しい。
でも、店員として仕事に追われていた時とは、明らかに時間の使い方が違う。
意味のある時間の使い方が、できてる!!

 

かつての自分、思い出しました。

20代の頃、フリーターやってたり、ミュージシャンやってたり、ニートやってたりしました(笑)。
バブルの余韻もあって世の中まだ裕福で、あまり働かなくても食えたんだよね。

あまりマジメに働いてなかったから、もちろん経済的にはそんなに余裕はなかったですよ。

かといって、そんなに苦しんでいた訳でもない。
だって、ちょっと働けば、お金になったし。

今とは、大違いの世の中。

 

仕事に追われてなかったから、体力的にも、時間的にも、気力にも、余裕があったんですよね、当時は。
もちろん若かったからエネルギーが溢れてた、ってのもあったと思うけど。

当時、そんな余裕のある自分が何をしていたか…。

当時はね、自分磨きみたいなことを、ずっとしてました。
筋トレしたり、本読んだり、何か自分を高めることが好きで、そんなことを一生懸命やってたなぁ。

それで効果があったかは、わからん。
効果があったなら、今の自分はもっといいポジションにいてしかるべきとかも、思うし。
今のどん底人生(苦笑)、きっとほとんど何も磨かれてなかった結果なのだろう…。

 

でもね、充実してて、幸せでしたよ。
やってる感、があった。
自分が頑張れてる気がしてた。

 

そんな充実感をね、この数日のコロナ休業中にも感じているんですよ。

休業明けにスタートダッシュできる様に、いろいろ頑張ってます。
自分も磨いてます。

もちろんそれでどうなるかは、わかりません。
本当にスタートダッシュできるかどうかも。

でも、自分的には頑張れてる感が、あるのよね。

 

転んでもタダでは起きない。
って、大事だと思う。
コロナのせいで云々ではなく、コロナだからこそ与えられたものがあり、それをどう活かすか。

自分はそんな生き方をしてきたつもりだし、今後もそうしていくつもり。
つもり、でしかないけど。

 

なので、アテクシは元気です。
充実してます。
頑張ってます!!

みんなも、頑張ろう。
ライブハウス業界だけじゃなく、色んな人達が今、苦しんでいると思う。