格下を重用…

会社で、先輩とか上司に可愛がられる部下って、どんな人?
通常なら、頑張ってるやつ、人間的にいいやつ、って感じですかね。

でも、言うことを聞く扱いやすいやつ、ってこと、ないですか?
これって、あまりいい意味じゃないです。
間抜けだけどその分支配しやすいやつ、みたいな…。

これ、いろんなところでそういう事例を目にするんですよ。
なんでこんなやつ可愛がってんのかなぁ、仕事もできないし、正直役に立ってないし…ってこと、あるんです。

で、なんでそいつを可愛がってるのか聞いてみたら、これこれこういう理由で使える、って言うんだけど、明らかに、ガンガン言い易い、支配し易い、っていうだけなんですよ…。

自分より格下のやつは、扱い易い、ただそれだけ。

優秀なやつは、ともすると言うことなんか聞かないですからね(笑)。
自分より優秀なやつに何か言ったら、言い返されちゃうかも知れないし。
だから、手っ取り早く自分がいい気分になるために、自分よりも間抜けなやつを可愛がる、っていう人たちがいる、って、最近よく感じるんです。

 

そういう意味では、店も、同じことが言えるんです。

前までよく来てくれていたお客さんが、SNSを見ていると、最近は違うところによく行っているみたい…。
その店というのが、言ってしまえば、経営の上手くいっていない潰れそうな店…。
その人が最近よくイベントをやっているのが、数件のその手の潰れかけの店ばかりなんです。

そっか、この人は、自分がイベントを入れてやらないとやっていけない様な店で、感謝されることを望んでいるんだなぁ、と、わかったんです。

上手くいっている店を、あからさまに悪くいう人もいます。
その人は、自分よりも格下の経営者・店長に、「〇〇さんがいないとやっていけないよ」って泣きつかれるのが、好きみたいです。

何れにしても、マウントが取れる店、がその人たちのお好み、なんですな。
特別扱いしてくれて、わがまま言っても通るしね。

 

今までそういった類の人がうちでイベントをやってくれていたのは、うちが上手くいってないだろう、という風に見えていたからなんですな(笑)。
それがいつの間にか上手くいく様になって、その人たちにとっては「生意気な店」になってしまったのでしょう。

それは一つの、卒業なんですね。
ダメな店レーダーみたいな人がいなくなるってことは、それだけうちの店が成長したということです。

 

創業当初、ふらりと来たお客さんに、言われたんです。

「俺は人気のない店が好きなんだよ、人気が出て混んで来たらもう来ないからね」

とね。
まぁその人は1回しか来なかったですけど、そういう人って、いるんです。
判官びいきなのか、感謝されたいのか、格下を相手すると気分がいいのか…。

 

じゃぁ、人気が出てから来る様な人はどうなのよ、ってのもありますよね。
人気のないうちは見向きもしなかったくせに、人気店になったら通い始めやがって!!って。

自分の店が上手くいってない時は、人気が出てから来やがったら追い返してやる、くらいにまだ来ぬ見込み客を恨んでたけど、今現時点で、特に人気店だから来ている、っていう風にも感じていないので、今のところそれはどうでもいいや(笑)。

人気店だから来る、っていう人たちはまた別の人種だよね。
うちがメディアでとり上がられたりすれば、そういう人たちが来る様になるんでしょう。

まぁ、そういうやつらは、追い返してやるけどな(笑)!!