ブッキングライブでスキルアップ

IMG_0176のコピーあなたがどんどんカッコよくなれるブッキングライブが、ここにあります。

 

どんどんカッコよくなるには、レベルアップ、スキルアップ、が必要です。

それには、機材、PAオペレーション、照明、これらがしっかりとした環境でライブをやるべきです。

 

ところで、あなたが出演するブッキングライブを選ぶ基準は、なんですか?

ハコのネームバリュー?
値段?
イベント内容?
対バン?
自分たちがスキルアップできるかどうか? 

 
 
 

ハコのネームバリューを求めるのも、いいと思います。 

有名なハコの、高いノルマをクリアできるまで集客できるなら、それは自分たちが頑張ってレベルアップしてきた証です。

こんなすごい会場で、オレたちはライブができるんだ!
こんなに集客できるんだ! 

完成形として、ネームバリューのあるハコでライブをしたらいいと思います。

ブッキングでも30〜40人集められる、ワンマンなら100人近く集められる、そんな状況になったら、いいハコでライブをしましょう。

 
 
 

でも、まず自分たちのレベルアップが先ですね。

自分たちがレベルアップした結果が、ネームバリューのある憧れのライブハウスでのライブです。

 
 
 

では、レベルアップ、スキルアップは、どうしたらいいと思います?

 
 
  

それには、正しい環境で場数を踏んで、経験値を上げることです。 
本番を経験して、人は緊張の中で、スキルアップしていきます。 

  
 
 

場数を踏む、ということは、ライブの回数が必要ということです。

少なくとも年に3〜4回はライブをしたいところだし、できたらもっとだな。

だって、あまり回数が少ないと、色々忘れちゃうでしょ(笑)。 
半年に一回くらいだと、せっかくの経験がリセットされてしまいますよ。 

やった分だけ、頻度が高い分だけ、経験は蓄積されます。

  
 
  

でも回数をこなすということは、あまりノルマの高いところに出続ける訳にはいきませんねぇ。

赤字が続けば、音楽活動どころではないしね…。

  
 
 

じゃあ、値段の安いところならいいのか?

 
 
 

いや、それは、絶対に違う!! 

 
 
 

値段が安い、ノルマがない、というハコの多くは、なぜ安くしたりノルマなしにしたりしているのか? 

それは、そういうユルい条件にしないと、出演者を集められないからですョ。

なぜ集められないか…。

 
 
 

ライブをする意味がないから、です。 
ライブをする価値がないから、です。

 
 
 

適当な機材、素人によるPAオペレーション、ステージ上に立っても全くカッコよくなれない寂しい照明…。 

ボロボロのアンプ、「安いから」という理由で選ばれたノイズだらけの機材、照明は点きっぱなしで色の変化もない…。

しょぼ…。

そんな環境で、あなたは全力のパフォーマンスができますか?

ノルマがないからお客さんも呼ばなくていい、そんな環境のライブで、あなたはお客さんに満足してもらえるように頑張りますか?

 
 
 

「テキトーでいいよ」
そんなあなたの心の声が聞こえてきます。 

  
 
  

例えば、まずくて内装もイマイチなレストランが、あるとします。 

そんなところに、口説きたい女性をデートで連れて行きますか? 
行く、っていう人もいるだろうけど、絶対にモテないよね、そんな人(笑)。

普通の感覚の人なら、そういうレストランは安ければ行くけど、テキトーに済ませたい時にしか利用しないはず。 

デートに、なんて、絶対に使わない!!
ましてや、これから口説こうという相手なら。

  
 
 

ライブは、1回1回が勝負なんですよ。

ある大物プロデューサーが、どんなアーティストをメジャーデビューさせるか、という問いに、

「1回1回のライブで、全力を出せる人」

と答えました。

あなたがメジャーデビューを目指してないとしても、毎回真剣勝負できないなら、レベルアップは見込めないでしょう。

やっつけ仕事のライブで、成長できるとはとても思えない。

 
 
 

スキルとして、機材の使い方や音量の感じ、現場での対応は、経験の中で学んでいかなくてはなりません。 

モニター環境の面でも自分がどうすればいいのか、PAオペレーターとどのようにコミュニケーションを取ればいいのか。 

全ては経験の中で、わかっていくようになります。

テキトーな環境で、それが学べますか?

  
 
 

ちなみに、経験値の高い人は、音作りが速いです。
経験的に音色や音量を、よく理解しています。

だからPA調整の時間が短くでき、リハで本当に必要なことに時間をかけられます。

経験値が低いと、機材トラブルで音が出なかったりします。
これは時間の無駄です。

また経験値の低い人は、自分にとって必要な音を聞き分けるスキルが欠けているので、モニターが聞き取りづらく、調整に時間がかかります。

これも時間の無駄です。
これでリハが押したりします。

でもこれ、本当に多いんです。

ちゃんとPAオペレートしてもらえる環境で、オペレーターと話し合いながら調整する、という経験が必要です。

そうすることで、リハが速くなっていきます。

あとは、自分の音量でビビッて緊張してしまい、いつも通りに演奏できないというのもあります。

音量にビビる、というのはよくあることで、手が震えたりしているのをよく見かけます。

大きな音量で演奏する、というのは、経験が必要なんです。
お部屋とは、違うんです。

 
 
 

だから、ちゃんとした環境で、どんどんライブをやって欲しいんです。 

ちゃんと経験してないと、いつまでも同じレベルのままです。

 
 ブッキングアイコン
 

ノルマが高いと続けられない。 
安いだけのハコだとやる意味がない。 

 
 
    

レベルアップ、スキルアップして、カッコよくなりたいバンドマン。 

そんな人たちのために、JAM SESSIONのブッキングライブはあります。 

  
 
 

全ては、カッコよくなるために用意されています。 

機材、PAオペレーション、照明、これらがしっかりとした環境。 

Marshall JCM2000、JC-120、Ampeg、Hartkeなど、楽器演奏者にはいつも驚かれています。
「え、こんなに小さいハコなのに、こんなに機材が充実してるの??」

PAオペレーションだって、手抜きなしです。
今どのような状態で、なぜそういう風に聞こえているのか、オペレーターと出演者とでちゃんと話し合って詰めています。

ボーカルが埋もれないように、ギターソロがちゃんと聞こえるようにと、丁寧に説明をしています。

「演者が爆音出したいって言ってんだから、お客さんにどう聴こえてもカンケーない」みたいなオペレーションはしません。
(ボーカルが聴こえないライブ、よくありますね、他の店ですけど。)

ミキサーだって、32chのデジタルです。
ホールレベルのオペレーションができるものです。

照明も灯数20以上、オートチェースや効果を使って、きらびやかに演出しています。
ステージに立つ演者をカッコよく彩る、そのために惜しみなく投資してます。

ステージに立つなら、かっこよく見えた方がいいでしょ??
キラキラ、したいでしょ??

 
 
 

そして、繰り返し使える価格設定。 

当店がいただくのは17,000〜20,000円の機材代のみ、そして演奏時間40分。

よくあるノルマ30,000〜50,000円で演奏時間30分、みたいな条件だと、半年に1回くらいしかやりたくないなぁ…(苦笑) 。

だから、価格を抑えてあります。
何回もやって、経験して、レベルアップして行って欲しい、その想いから。

どんどんカッコよくなるためにはどんなブッキングライブがいいのか、よく考えて選んでもらいたいところです。

カッコよくなる必要のない人は、特に考える必要はありません。
すでにカッコいい人とか…。

 
 ブッキングアイコン
 

そして、カッコよくなったら、何が起こるのか!

カッコよくなったら、会社の同僚とか気になる女子社員とかを、ライブに誘っちゃおう!!

「え、こんなことやってたんですか?カッコいい!!!」
「課長、仕事してる時と全然違いますね!!!」
「仕事も趣味も頑張ってるって、ステキです!!!」

って、言われちゃいます(笑)。

それもこれも、スキルアップした結果です。
経験の中から、あなたが掴んだ成果です。

カッコいいところ、見せましょうよ。

 
 
 

ちなみに、当店は全体的に清潔感があって、ちょっとオシャレで、トイレが綺麗で、店員の態度がいいです(笑)。

ライブハウス慣れしてない女子社員も、安心して誘えます。

暗くて、黒くて、汚くて、タバコ臭くて、トイレは最悪で、店員は地獄の住人かというくらい態度悪い、っていうライブハウスもたくさんあります。

こういうライブハウスで、ライブやりたいですか?

そんなところに女子社員を誘ったら、翌日から口をきいてもらえなくなると思います(笑)。

現在の募集は下記の日程です。 

2017年7月8日(土)
 ジャンルは、最初に決まった組に合わせます。
 3組まで募集します。
 入店から終了までは、11:30〜16:30くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で17,000円です。
 時間帯が早めなので、機材費が安くなっています。

2017年7月16日(日)
 ジャンルは、ジャズ、ファンク、R&B、ソウルなどのブラックミュージック系か、ポップスです。
 現在1組の出演が決まっています。
 あと2〜3組募集します。
 入店から終了までは、15:00〜20:00くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で20,000円です。

2017年7月29日(土)
 ジャンルは、ジャズ、ファンク、R&B、ソウルなどのブラックミュージック系か、ポップスです。
 現在1組の出演が決まっています。
 あと1〜2組募集します。
 入店から終了までは、17:00〜22:00くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で20,000円です。

2017年8月19日(土)
 ジャンルは、最初に決まった組に合わせます。
 3組まで募集します。
 入店から終了までは、11:30〜16:30くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で17,000円です。
 時間帯が早めなので、機材費が安くなっています。

2017年8月27日(日)
 ジャンルは、最初に決まった組に合わせます。
 3〜4組募集します。
 入店から終了までは、15:00〜20:00くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で20,000円です。

2017年9月1日(土)
 ジャンルは、アコースティック系、少人数編成、ポップス系などです。
 現在1組の出演が決まっています。
 あと1〜2組募集します。
 入店から終了までは、11:30〜16:30くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で17,000円です。
 時間帯が早めなので、機材費が安くなっています。

2017年9月24日(日)
 ジャンルは、最初に決まった組に合わせます。
 3〜4組募集します。
 入店から終了までは、15:00〜20:00くらいを想定しています。
 機材費は演奏時間40分で20,000円です。

複数日程で希望を出していただいて構いません。
他の希望者がいれば、その日程で出演していただきます。
複数日程希望したからといって、全てに出演しなければならないということではありません。

また別日程でも、先に音源をいただければ、こちらで対バンを探してブッキングいたします。
ブッキング希望の旨ご連絡下さい。

出演希望の申し込みはこちらから
↓    ↓    ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

バンド名 (必須)

バンドのジャンル(複数選択可) (必須)
 
 ロック HR/HM ポップス 歌もの インスト系 ジャズ/フュージョン ファンク/ソウル/R&B アコースティック 弾き語り 洋楽 昭和歌謡 コピー/カバー アーティスト限定コピー オリジナル 7人以上 歌のみ(オケ) 歌のみ(アカペラ)

希望日をどうぞ(複数可)
その他メッセージ

 

<流れ>
既に日程が出ているものに関しては、どの日程で参加希望かをお伝えいただきます。
枠が空いていれば出演を決定いたします。
バンド名、ホームページ等をお教えいただきます。
出演バンドが揃ったら、出順などを決定いたします。
この決定は遅くとも開催2週間前までにはしたいと思いますが、どうしても他の出演が決まらない場合は中止になることもあります。
その後、前日までにセットリストを、ネット経由で提出していただきます。
セットリストはこちらにあります。

%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

店の機材などはこちらを参照して下さい。
なおバンドのメンバーが多い場合や、パート構成が変則的な場合、マイクを多く必要とする場合など、不可能であったり調整が必要だったりすることがありますので、事前にお知らせ下さい。
大型キャビネットやドラムセットの持ち込みは、お断りいたします。

まだ日程が出ておらず、今後のブッキングライブに出演希望ということでしたら、音源をいただき、バンド名、ホームページ等をお教えいただき、こちらから日程の提案をさせていただきます。
都合が合う様でしたら、その後は、先に記載した<流れ>の通りにお願いいたします。

出演の条件

演奏時間40分(転換別)の場合は機材使用費20,000円がかかります。
ブッキングイベント自体の時間帯が早い時は、機材費が安くなります。

しっかりと機材使用費をいただくので、チケットノルマはございません(機材使用費がノルマの代わりみたいなものです)。

観に来ていただくお客様は2,000円(1ドリンク付き)で入店していただき、お客様を呼んでいただければ5名までは1名につき500円のチャージバック、6名以降は1名につき1,500円のチャージバックをいたします。

ライブ当日は、ご自身のリハの時間10分前までに入店していただきます。
全組のリハが終了し、開場前までの時間に説明、打ち合わせ、機材使用費の支払いをお願いいたします。
この時間帯には、出演の全員が店にいる様にして下さい。
荷物の片付けなどもあるので、絶対に外出しないで下さい。
開場後は、必ずしも店内にいる必要はありません。

タイムスケジュールはイベントごとに異なりますが、だいたいのものを下に例示しておきます。

<使用時間の例1> (3組の場合)
  11:30 入店

  11:45〜12:05 2バンド目リハーサル
  12:05〜12:25 3バンド目リハーサル
  12:25〜12:45 1バンド目リハーサル

  13:00 開場

  13:30〜14:10 1バンド目演奏
  14:20〜15:00 2バンド目演奏
  15:10〜15:50 3バンド目演奏

  16:30 完パケ

<使用時間の例2> (3組の場合)
  15:00 入店

  15:15〜15:35 2バンド目リハーサル
  15:35〜15:55 3バンド目リハーサル
  15:55〜16:15 1バンド目リハーサル

  16:30 開場

  17:00〜17:40 1バンド目演奏
  17:50〜18:30 2バンド目演奏
  18:40〜19:20 3バンド目演奏

  20:00 完パケ

<使用時間の例3> (3組の場合)
  17:00 入店

  17:15〜17:35 2バンド目リハーサル
  17:35〜17:55 3バンド目リハーサル
  17:55〜18:15 1バンド目リハーサル

  18:30 開場

  19:00〜19:40 1バンド目演奏
  19:50〜20:30 2バンド目演奏
  20:40〜21:20 3バンド目演奏

  22:00 完パケ

 

出演希望の申し込みはこちらから
↓    ↓    ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

バンド名 (必須)

バンドのジャンル(複数選択可) (必須)
 
 ロック HR/HM ポップス 歌もの インスト系 ジャズ/フュージョン ファンク/ソウル/R&B アコースティック 弾き語り 洋楽 昭和歌謡 コピー/カバー アーティスト限定コピー オリジナル 7人以上 歌のみ(オケ) 歌のみ(アカペラ)

希望日をどうぞ(複数可)
その他メッセージ

Top