カテゴリー別アーカイブ: 未分類

それでもライブでやって行く、って決めたんです。

御徒町JAM SESSIONは規模も小さく、ライブよりもセッションで盛り上がっています。
まぁ、ライブハウスではなく、セッションの箱、って感じかな。
名前がそもそも、だしね!!

ただ、セッションで盛り上がってはいても、オーナーであるアテクシ的には、元々ライブのできる箱をやりたかったのですよ。
無理してノルマを払って集客できずに赤字でライブする、なんてのは自分はまっぴらだったので、身の丈にあったライブができる環境をみんなに提供したかった。

んで、店作って、バンド活動をしている知り合いに、「そんなにライブをたくさんやっているなら、うちでもやってよ」と、何人も何人も声をかけましたとさ。

でも、ライブ活動は相変わらず盛んにやっているにも関わらず、都合がつかないと断られ、無視され、挙句に、「だってお前のところ、ライブハウスじゃないじゃん」とも言われました…。

みんながライブをやるところは、規模もうちより大きく、ライブハウスとして広く知られ、場合によっては老舗の有名店だったりします。

 
 
 

わかります。
ブランドなのよね、大事なのは。

「オレ、こんなところでライブやってます」っていうのが欲しいのよね。
狭いライブバーでライブやっても、カッコつかない…。

正直、すごく悔しいです。

人気のラーメン屋に並んでいる人と同じ。
みんなが並んでるから、自分も並ぶ、的な。
どうせ味なんかわかってないくせに(笑)。

 
 
 

JAM SESSIONを贔屓にしてくれている人はよく知っていると思いますが、機材も音も、ライブハウスに引けはとりませんよ。
小規模でも立派なライブを!というオーナーの思いを、存分に注いだ店なのだ。

でも、ブランドとか、みんながやってるからとか、そんなことが大事な人にとっては、うちは全くもって価値のない、ショボイ箱でしかない訳ですよ…。

 
 
 

単純に商売の話をすれば、儲かる部分だけやればいいんであって、ライブの部分は捨てちゃってもいいのよね。
無理して売り上げのつかない部分をやり続ける必要なんて、ないはずなんです。

 
 
 

が、やはり、初志を忘れられない!
身の丈にあったライブができる環境を、必要としている人は必ずいる。
だから、それでもライブでやって行く、って決めたんです。

今までも、自分で使ってみて確かめることができる人には、ちゃんと評価をされてはいます(そもそも使ってくれない人には全くわからないことなんだけど)。

現役のメジャーアーティストも、「ここはもっとライブをやった方がいい」と言ってくれました。
うちでライブをやった半月後に、武道館でライブ、なんて人もいました(その意味が、わかるかい?)。

 
 

そして、数々の有名人がJAM SESSIONのステージに立っています。

今までそんなのはあまり発表しないで来ていましたが、うちの店のことを本当に使う価値があるのか疑問に思っている人もいると思うので(笑)、この際発表しときますわ。

 
 
 

 五十嵐”Angie.”久勝(NOVELA)
 梅原”PAUL”達也(44MAGNUM)
 永川トシオ(NOVELA/GERARD)
 小畑ポンプ(すかんち)
 木暮”shake”武彦(RED WARRIORS)
 柴崎浩(WANDS)
 白田”RUDY”一秀(PRESENCE/GRAND SLAM)
 反町”YUKI”哲之(REACTION)
 高野哲(MALICE MIZER/ZIGZO)
 高谷”ANNIE”学(BLINDMAN)
 豊島修一(もんた&ブラザーズ)
 永井敏己(DED CHAPLIN/GERARD)
 永井ルイ(乙女のポリシー作曲)
 二井原実(LOUDNESS)
 西田”MARCY”昌史(EARTHSHAKER)
 広瀬”JIMMY”さとし(44MAGNUM)
 福田”Hiroya”洋也(ANTHEM)
 山下昌良(LOUDNESS)
 吉田レオ(MARINO)
 米川英之(C-C-B)
 よんぼ 市川善光(とんぼちゃん)
 和田アキラ(PRISM)

 (敬称略 50音順 しかも無許可)

 
 
  

どうよ!
今までバカにしてた人が、急にうちでライブをやりたくなったりして(笑)。

つか、なんか恨み節みたいな文章で、これ、どうなのかしら…。
でも、思いは伝わったかな。
伝えたいことは、伝えられたかな。

ちなみに、今後も有名な方のライブが決まってますヨン。
まだ発表はできないけど。

なんか、ジャパメタの人に偏っているのは、お許しを(笑)。
あと、有名だけど店主があまり興味のないジャンルの人もいまして、その人のことはよくわからないので割愛してます。
「あの人も来たよね」ってお思いの皆様、すみません。

だって、自分ファーストですもん、アテクシ!!

ライブはショーなんだよ!!

ライブをやる時は、ショーとして観せるんだということを、必ず意識しないといけないと思いますよ。 

だって、観客を入れるんでしょ?
観てもらうんでしょ? 

観てもらう、ってどういうことか、ちゃんと考えてる?

  

店主のポジションで色んな出演者さん見てるけど、観てもらうことを意識しているのか疑問に思う人たちも、結構いたりします。

というか、観てもらう、の定義が、その人と店主とで、違うのかなぁと。

  

もっかい同じこと書いちゃうけど、観てもらうって、どういうことか、ちゃんと考えてる?

誰も観てないスタジオで黙々と練習しているのはつまらないから、誰かに観て欲しい…。

これって、自分のために、お客さんに来てもらうってことですよね? 

おそらく、多くの人が、自分の演奏を観てもらいたいから来て欲しい、ってことでお客さんを呼ぼうとしてると感じます。 

でもそれって、あなたの都合…。

呼ばれた方は、ただ単にそれにお付き合いさせられるだけ…。
かわいそ…(笑)。

  

ショーとしてライブをやる、ということは、観てるお客さんの満足度を考えないとね。

もちろんそれを考えて、とにかく完成度を上げる人、趣向を凝らす人、トークで盛り上げる人、いろいろいますし、そのレベルもさまざまです。

でも、全くお客さんの満足度を考えてない人、考えてても全然足りてない様な人は、ライブを誰のためにやるのか、今一度考えた方がいいんじゃないでしょーかねー。

もちろん自分たちがやりたいからやるんだけど、ライブはショーだし、ショーとしてやるなら観客を最優先させないとね。

観客は何が楽しいのか、どうすれば満足するのか、何をもってまた来たいと思ってくれるのか。

そこを間違えなければ、いいライブができるはずなんだけど。
そして、お客さんも来てくれるはずなんだけど。

  

ライブに誘っても、みんな、都合が悪いとかなんとか、理由つけて来ないとすれば、それはあなたのライブの目的が間違っているから。

と、断言しますヨン!!

「誘ったんだけど、みんな都合悪くて」ってセリフ、よく聞きます。

でも、あなたも、先方が断るための理由をつけてるだけだって、気づいてるんでしょ(笑)?
忙しいんじゃなくて、そのライブに来たくないから、用事を作ってるんです。 

なぜなら、楽しくもないのにお金と時間を取られるのは、誰だって嫌だからねぇ。

  

だからさ、観に来る人が楽しく感じることを、やればいいじゃないですか。
実に簡単なことですよ。

来てよかったと思ってもらうために、あなたは何ができますか?

そっから考えましょ。

  

でね、すぐにゴールにはたどり着かんよね。
いろいろ試して、失敗しながら答えを見つけていくんです。

みんなそれを経験して、やっと集客してんの。

もうね、明日から、いや今日から、自分のためにライブやる、っていう考えを捨てましょう。

観客のために何ができるか、ですよ。

  

とはいえ、自己満足のためにしかライブをやらない、と決めている人もいるので、まぁ、それはそれでいっかと…(苦笑)。

お客さん来なくっても、気にしないんだもんね?

あれですよ、カラオケと一緒の人…。
対バンの人が見てるだけで、観客がいる気分を味わうっていうやつ。

さーせん、それでもいいです、結局何をやるのも自由っす(笑)!

モテ系バンドマンになるための5カ条

バンドをやり始めたきっかけは、モテたいから。

ほとんどの人が、そう言います(笑)。

まぁね、確かにね、ロックスターはモテモテだわな!

そんなロックスターになりそびれるべく、なりそびれたあなた。
今からでも、ちょいモテ目指そうではありませんか。

  

モテる、って、誰に?

ここはひとつ、会社の女子社員にモテるってことで、ターゲットを絞ろう! 

だって、見ず知らずの人があなたのバンドマン姿を見て「素敵だわ」ってなる確率は、1/天文学的数字、なのだから。

狙えるとすれば、あなたをすでに知っている人、ですよ。

で、妻でも娘でもなく、他人としての候補は、まぁ、会社の女子社員だわなぁ。

  

会社で、あなたはいつもビジネスマン風な訳ですよ(もちろん作業着の人もカジュアルな人もいるだろうけど)。

でもバンドやってる時は違うんだから、そりゃギャップ萌えっつー訳(笑)。

これが1つ目、ギャプで攻めろ!!

会社では見せない、あなたのプライベート。
カッコいい!!ってね。

あ、カッコよくないとダメなので、見た目を考えましょう。

ステージに上がるなら、休日のお父さん風は絶対にNG

少なくとも、細身のズボン、テカテカ光る系のシャツ、な感じかな。

ステージ衣装を、ちゃんとしましょうね。
カッコいいヤツ。

   

で、2つ目、余裕の演奏。

もちろん一番大事なのは、演奏のクオリティ。
たどたどしく演奏してても、カッコ悪い。

余裕を持って、間違えずに弾き切る実力は、少なくとも身につけるべし。

 演奏中にステージ上から客席を見渡せるくらい余裕があるのが、カッコいいね!

   

3つ目、選曲。

選曲は、聴く人のことを考えろと、口を酸っぱくして言っとる店主です!!

自分がやりたいもの、ではなく、聴く人が聴きたいだろうものを選びなさいよ。

会社の女子社員、呼んだんでしょ?
女子たちが、何を聴きたいか、ですよ。

ディープパープルひたすらやっても、喜ぶ女子社員は少なかろうて。
流行りもんですよ、若い女子社員を喜ばすなら。

ただし、まずはお局さん攻略から、という考えの策略家なら、お局さんが青春時代を捧げたセックスピストルズで攻めるのも、ありだ!

お局さんを手なづけてから、配下の女子社員たちを取り込もう!!

  

 4つ目、MCは大事にね!

 MCであなたが何を語るか、で、モテ度は大幅に変わって来ますぞ!

 MCは苦手なので、つってだんまりは、若くて可愛いキャラなら許されるが、おっさんはちゃんと喋れ!!

 笑いを取るか、素敵なことを言うか、気の利いたことを言うか、しましょう。

 MCは、好感度を上げるには絶好の場!

モテ系バンドマンになるんだったら、外せないんじゃ。
なる気ないなら、黙っててオケー!

   

5つ目、お礼の仕方で運命が分かれる。

演奏終了後、来てくれた女子社員に挨拶しますよね?

ギトギトした顔でニヤニヤ笑いながら、ありがと~!と、興奮気味に言うと、アレっす。

落ち着いた感じで、スマートにありがとうを伝えよう。

余裕の笑みを浮かべて、紳士な感じでお礼を言うと、ステキ!って、なるかもね。

サプライズで何か小さなプレゼントをすると、それが効果があったりもします。
お菓子とか、ハンドタオルとか、キーホルダーとか。

  

とは言え、まずは女子社員をライブに誘うところから始めないとな。

普段から女子社員といい関係を築いてないと、誘えないか(苦笑)。
つか、普段からいい関係を築いていれば、すでにモテ系とのウワサも。

まぁ、あれですわ、モテ系バンドマン目指して、5カ条やりましょうや。

  1 ギャップで攻めろ

  2 余裕の演奏

  3 聴く人のことを考えて選曲

  4 MCは大事にね

  5 スマートにお礼を

ちなみに、効果の程は、知らん。
健闘を祈る!

音楽サークル的な手法で集客する

集客を増やす云々ブログで言ってますが、アテクシ的にいいと思う方法があるんですよ。

それが、音楽サークル的集客。

的、っていうか、音楽サークルやっちゃえばいいんじゃないの?

 

アテクシ、2000年から社会人向けの音楽サークルを主催してるんすよ。
で、先日17周年でした。

やってるのは、主にセッション会です。
その他に飲み会、バーベキュー、カラオケ、ライブ、合宿などなど、色々やったなぁ…。

音楽サークルって、音楽をネタに、まぁいつものメンバーで集まって飲んで楽しもうよ、くらいな感じ。

 

こういうのって、会社に行って働いて帰りに同僚と飲んで、たまに学生時代の仲間に会って飲んで、くらいしかない生活から脱却するのに、ちょうどいいっすよね。

趣味で、集まるのよ。

音楽はあくまでネタであって、メインは友達を作って楽しむこと。
そこから結婚したカップルもたくさん生まれたしね、うちのサークルは。

 

それとは別で、サークルと名乗ってはいないけど、いつも同じようなメンツでブッキングライブを企画している人って、いるんですよね。

うちの店でも何組かそいういう人たちがいて、年に数回うちでブッキングライブをやっています。

なんか、サークル的って言うか、実質サークルな感じで。

これに対して仲間内で云々って批判的な言い方する人もいるけど、店主的にはむしろそれって一つの理想形じゃないかと思うのですよ。

もっと緩やかに、ただ単に同じような人たちを誘ってブッキングライブに出演させているイベンターも知っています。

そうすると毎回同じような人たちが出演者だったり、お客さんだったりで、来てくれる。

仲間に会いたくて出演するし、観に来る訳よね。

 

うちで定期イベントやってる人にも、そういう感じがいいんじゃないかって、提案もしています。

そうすればある時は出演者だったり、ある時はお客さんだったりして、いつも同じメンツが来てくれるでしょ。

それって、仲間に会いに来る訳ですよ。
仲間に会って、飲む。

それが楽しみ。

 

それは、一つの正解だ!!
と、断言する!!

 

じゃそんな客は音楽を聴きに来ているのか、と聞かれれば、それはちょっと違うと…。

別に、いいじゃないっすか。
仲間に会う、それが目的で。

音楽の部分だけで勝負する??
コピバンで??

ほぼ意味ないっす…。

趣味のバンドって、正直言ってレベル云々とかって世界じゃないっしょ。
まぁ、ホント、ちょっとアレ(笑)なバンドもたくさんいるし、音楽の部分で勝負なんてする必要ないです。

もちろんどっかの知らないブッキングに出るなら、レベルがある程度ないと集客できないけどね。
だから、レベルが要求されるバンド活動があるのも、事実。

でも、サークル的なパッケージでイベントをやれば、レベルとか関係なくなる。

音楽の部分は、サカナですよ。
それをネタに、仲間で集まるだけ。

 

それで、いいじゃない。

 

ということで、いつも同じようなメンツで集まってブッキングやる、っていうの、どうですか?

音楽サークル的集客。

でね、そういうのやる時は、必ず打ち上げをやってね!!
みんな、そういうの目的で集まる様になるから。

その当日が無理でも、日を改めて打ち上げ的なイベントはやるべし。

大事なのは、人間的なつながりですよ。
仲間内で、いいんです。

4年間の紆余曲折と 店を救ったたった1つのこと

そうです。
もうすぐ4周年なんすよ、うちの店。

過去の記録によると、4年前の7月16日に開店したそうな。

これまで、ホンット、色々あったなぁ…。

 

一般的にみなさんご存知ないかもしれないけど、開業した飲食店のうち1年以内の破綻は35%、2年以内の破綻は50%、3年以内の破綻は70%、10年以内の破綻は90%なのよ。

厳しいっすね!!!

でも、4年続いているうちは、3年時点での30%以内の成功側に残ってるのですよ。
これって、なんだかホッとする。

もちろん10年時点で90%が破綻する訳だから、まだまだ安心はしてられないですが。

 

あ、うち、飲食店です。
ライブバーなので、完全に飲食店なんですよ。
許認可も実態も。

だから、食べ物出してるでしょ?

でね、うちの店のことじゃないけど、「ライブハウスが飲食店として営業している」ことに批判的なものをブログ界隈で見かけました(笑)。

ライブハウスでも「飲食店」として許可を得て営業しているのは、ごく普通のことなのにね。

だって、許認可にはカテゴリーがあって、設備の条件とかで選べるものが変わってくるんだから。

で、飲食店であっても、料理を出さなければならないとかいう決まりはないです。
だから、飲食店で認可されてるライブハウスで料理が出ないのは、普通のこと。

でね、飲食店で許可を得ているくせにライブハウスが料理を出さないのは、なんちゃら、っていう批判をしたいらしんだけど、実態は、料理できる厨房を備えてなくても飲食店としては許可されるのよ。

ま、うちの店のことじゃないけど。

 

話はそれたが、これまで紆余曲折がありましたよ、ってことを述べたいです。

なぜって?

それは、知ってもらって、同情されたいから(笑)。

 

以前にブログでも述べたし、色んなところで同じ話してるから、店主の前からのファンのみなさんはとっくにご存知だとは思いますが、新たにファンになったあなたのために、また話します。

うちの店ね、開業当初はセッションをやるつもりがなかったんですよ。
名前が JAM SESSION なのに、セッションやらないとか…(笑)。

まぁ、やらないんじゃなくて、土日にセッションイベントやって、平日はライブだけ、って考えてたんです。

でもね、「日本人は音楽を聴きたいとは思っていない」問題のために、それは上手くいかなかった…。

平日は、クオリティの高いステージングをやっているダイニングバー、っていうことでやりたかったの。
お客さんは、ステージを楽しみながら飲食を楽しむ、みたいなのを想像して。

でも、「知らない奴のライブなんか観たくない」って、結構はっきりと色んな人に言われましてねぇ…。

そっかぁ、自分が演奏したいんであって、人の演奏は観たくないんだね…。
これが、The 日本人。

 

ってことで、一昨年くらいから方向転換。
平日はなるべくセッションで埋める様にしました。

それまでは、本当に経営が苦しかった…。
家賃払えない、給料払えない、生活費ない…みたいな。

色んな支払いためまくって、督促状もたくさん来てたなぁ。
店の電気止められたこともあったし(笑)。 

考えてみれば、それが3年以内に破綻する70%の話なのか…こわっ!!! 

 

まぁ、でも生き残ったわ…。

去年くらいから平日の稼働率をグ〜ンとあげて、売り上げも順調に上がり、調子いいですわ。

ニーズにちゃんと応えたことで、生き残れましたよ。
みんな、セッションしたいのね!
任せとけぃ!!

つことで、うちは今後もセッションの場を提供し続けることで、生き残っていけるのでしょう。

このまま事故とか事件が起こらなければ、おそらく10年後も存続していると思います(笑)。
何か起きちゃったらヤバイけど…。

 

でね、うちね、「セッションハウス」ってよく言われるんですよ。
まぁ、セッションを最もよくやっているので、セッションの店ですわなぁ。

でね、「セッションハウスでこれだけの機材を揃えているところは、他にはない」って言われます。

褒められてます(笑)。

まあね!!!

だって、ライバルはライブハウスだと思っているから、機材は頑張ってますよ!!

みんな、喜んでくれてるのかなぁ??
喜んでくれてると嬉しいんだけど、あまり気にしてないのかなぁ??

あ、故障が多いので、不満を持っている人もたくさんいるとは思うけど(苦笑)。

 

故障はねぇ、ほんとすんません。
マジでお金かかるのよ、修理とか入れ替えとか。

特にうちは真空管の機材とか多いので、かなりお金かかります。

なので、もっとお客さんからボッタクらなければ、ちゃんと修理できません。
だから、故障したまま放置の機材があったりします。

なので、うちは今後もっとボッタクることを考えていこうと思います!!!

それもこれも、みんなのため。
って、ゼッテー違うだろ(笑)。

ボッタクらなくていい様に、みなさん、頻繁にうちの店で遊んでね!!
まだまだ余裕のない感じで、頑張ってます。

来年くらいにはベンツでも買える様になりたいです。

頼むよ、みんな!!

オリジナル曲ってどうなのよ

オリジナル曲って、本当にダメなの??
っていうテーマです。

こういう意見を聞いたことがあるのよ、親しい人から。

「オリジナルなんて聴く気がしない、やっぱりみんなが知っている様な有名な曲じゃないと」

ってね。
あ、アマチュアのライブを観るならって、ことなんだけど。

 

そしてこんなブログ記事もありました。

知らんヤツの知らんバンドのコピーのライブならまだしも、よくわからんオッサンがヤバいオリジナル曲をやるのをただただ見せられるという精神衛生上非常に悪い状況。

っての。
アテクシじゃないからね、外部の誰か。

 

アマチュアのオリジナル曲には、価値がない。
そういう意見です。

まぁ、わからなくもない。

が、アテクシは、ライブやるならむしろオリジナル曲の方に価値を感じるんですよ。

 

前述した人たちと、アテクシの様な人間との違いは、これまでもこのブログで述べてきましたが、有名ミュージシャンのライブなら聴きたいのか、それとも音楽自体を楽しもうとしているのか、ってことなのでは?

つまり、ブランドバック以外は興味がないのか、カバンが好きで「本当にいいもの」なら欲しいと思うのか。

みたいなね。
前者は、ブランドバッグじゃないならせめてコピー商品を、みたいな(笑)。

もちろん異論反論もあるだろうけど、そういう部分があったりするのかなぁと。

 

オリジナルの何がいいのか、っていうことをまず述べます。

まずワシは、基本的にライブをやっている人を、アーティスト、っていう位置付けで観てます。
表現者、ですな。
表現者だと、いろいろだけど、ここではアーティストとイコールだとさせてくれ、便宜上。

音楽やってるなら、その魂を見せてくれよ!!
ってな感じ。

そういう観点からすると、人の曲やってても意味ないというか、まずアーティストではないわな。
あくまでも、この場合のワシの観点だと、っていう話。
便宜上な。

まぁ、素人の発表の場という意味では全くコピバンのライブを否定するものじゃないけど、自分でお金を払ってまで、どうしても観に行きたいとすれば、表現者のライブですわ。

もちろんコピバンでも、ボーカルがすげー上手いバンドとか、完コピのトリビュートバンドとか、独自のアレンジが世界観を持っているバンドとかだと、実際に観てて楽しめますけどね。

あと、コピーでもショーとして成り立つ素晴らしいバンドがあるのは確かで、そういうのには価値を感じます。
そういうバンドには、実際にうちの店でショーをやってもらってるし、やらないかと打診したりね(笑)。

でもそれよりもむしろ、アテクシの場合は知らないすげーいい曲を聴くと、「え、これ作ったの?すげー!!」ってなるの。

 

知らない素晴らしい作品に出会うのが、嬉しいんですよ。
純粋に。

知らねーオッサンがやってても、いいものはいい。
ブランドバッグじゃなくても、価値を感じるのです。

だから、いい曲に出会えた時は得した気分だし、その人の他の作品も知りたくなる。

んでも、よくあるのが、結局誰かの有名な曲だったってパターン(笑)。
ワシがその曲知らんだけだった、みたいな…。

まぁ、余談だけどね。

 

その反面、オリジナル曲は嫌だっていう意見も、わかるっちゃあわかります。

素人が作ったものなので、全体的に駄作である確率は高いわな。
そりゃ、当たり前だ。

「初めてオリジナル曲作りました」とか言って演っちゃってるの観て、ほんとヒドイわって思うことはかなりあります(苦笑)。
まぁこの場合、たいがい歌唱力と演奏力もヒドイというおまけ付きですが。

 

ある記事を読んだんだけど、ジュディマリのギタリストさん、今、エマージェンザっていうアマチュア向けのバンドコンテストに出てて、勝ち進んでるそうです。

アマチュアじゃないのにそれってズルくね?って思ったんだけど、現在メジャーレーベルとアーティスト契約していなければ、出られるそうな。

でも、メジャーレーベルとの契約がなくても、演奏や制作の現場でガチのプロとして活躍している人ですよ。
そりゃいい曲持ってんだろ。

でね、その人が言うには、他の出場者に価値を感じない、と。
所詮はアマチュア、作品にプロのダメ出しなんかも入らないので、完成度が低いと。

う〜ん、わかります!!

プロにならないとわからない領域、あるよね。
現場で揉まれたり、先輩とかプロデューサーにダメ出しされたり、クライアントに突き返されたり、それを乗り越えないと価値ある完成品なんて作れない!!

アマチュアがやってるのは、所詮は「ごっこ」なんですよ。

もちろんその中にキラリと光るものがあったり、本当に素晴らしいものがあったりもするんだけど、やっぱり世間全体に浸透させるには、力が足りないことが多いんだろうなぁ。
だから、アマチュア止まりなのよ。

 

結局アテクシが好きなのは、完成度の高いオリジナル、ってことで(笑)。

他の人は、どうなんでしょうか?
みなさん、オリジナル曲、いいと思うのか、思わないのか。

もちろん完成度の問題なのかも知れないけど。

完成度関係なく、オリジナルは嫌だって言う人は、ブランドバッグが欲しいだけの人と認定します。
音楽自体が好きなのではない。
ブランドが好きなだけなのだ。

 

でね、こんなお話がありました。

オリジナルのバンドをずっとやっているけど、集客できない、と。
コピバンの人たちは集客しているから、一緒に対バンしてなんとか全体の観客数を稼いでいる、みたいな。

これって、まぁ仮説ですけど、訴求する相手を間違えてませんか?
つまり、聴かせる相手を、かなり間違えている気がするんですよ…。

ブランドバッグが好きで、カバンの価値自体には興味がない。
無名ブランドのものなんか「ケッ」ってな感じで、コピー商品ならまだ我慢できる。
みたいな人たちに、聴いてもらおうとしてない?

ってね。

実態はわからないけどね。

で、コピーバンドの人たちの集客って交換条件集客が多かったりするし、でもオリジナルの人たちが自分たちをアーティストと思っているならそういう集客はやらないだろうし、ってのも思っちゃう。

交換条件集客って、オレお前のライブ観に行ってあげたからオレのライブ観に来てね、っていうヤツね。
コピバンはアーティストじゃないのでファンがいるというのはかなり稀なケースだろうから、バンドやってるお友達を誘って誘われて、っていうシステムを利用しますよね。

アーティストが、そんなことはやらんだろ…やるかも知れないけど。
やるとすれば、お互いにリスペクトがあって、交換条件とかじゃなくお互いに観に行くっていう感じかな。
それが集客のメインになることは、まずない。

そもそも音楽を聴きたいと思っている訳じゃない人たち(ブランドバッグが好きな人たちね)と、交換条件集客で義理で来ている人たちと、そんな人たちしかいない中で、オリジナルって…。

きっと会場の皆さんは「オリジナルなんて聴きたくない」ていう雰囲気なのではないかと。

オリジナルの人たちは、ファンをつけることを考えないとね。
ファンとは、純粋に音楽を消費する人です。
バンドやってる人、じゃなくて。

そうなってくると、音楽を聴きたいと思っている人たちとの接触を図らなければ!!
どうしたらいいかはわからんが(苦笑)、少なくともコピバンと対バンってのはあまり意味がないのかな?…と。

解決方法は、知りません。
誰か、教えて下ちい!!

 

結論、オリジナル曲がダメなんじゃなくて、訴求する相手の問題なのでは。
結論になってないけど。

 

えー、これは個人発信のブログであるがゆえ、筆者の偏った情報や価値観で書かれている可能性があり、完成度が低いかもです。

プロの編集者によるダメ出しがないので、色々と甘い。

って、アマチュアのオリジナル曲と同じ構造だよ、オイ(笑)。

ライブするなら知っておきたいこと その2

意外と知られてない、というか、みんなわからずにやってる、ライブでのこと。
 
常識っちゃぁ常識なんだけど、知らない人も多いので、少しずつここで公開していきます。
 
ライブでのマナーとか、やらなければいけないこととか、やってはいけないこととか、こうした方がいいこととか。

 

まぁその中でも、今回は禁止事項について、もっとよく知っておこうよ。

やっちゃうと、大変なことになったりもするし、わかってないとまずいことはちゃんと知っておきましょう。

 

まず、ボーカルさんで、マイクを叩いて「音が出ません」とか言っちゃう人。

マイクは打楽器ではありません、絶対に叩かないでください。
みんながやると壊れます。

怒られることもあります。
当たり前です。

PAには準備があります。

順に音を出していくので、声を出して音が確認できなかったら自分の番が来るまで待つか、普通に大声でPAさんに呼びかけて下さい。

音が出るかどうかの確認は、叩くのではなく、舌打ちみたいにして音を出してみるか、「あーあー」っていうか、息を吹きかける(これダメって言われちった)か、マイクのグリル(網になってる部分)をガリガリ引っ掻く(これもダメなんだと)か、どれかです。

叩く人は、わかってない人。
機材を大事にしない、ライブハウスの敵です(笑)。

 

あとまたボーカルさんですけど、歌ってない時にマイクを持ったまま手を下ろして、モニターに向けちゃう人。

手を下ろしているだけで、マイクはフットモニターに向いてしまいます。

ハウります。
ピ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ、っていう、アレね。

歌わないんだったら、マイクを持つな!
マイクを持っていたいなら、上に向けておけ!!

 

鍵盤さんで、自分の出番が終わったらすぐさまコードを抜いたり、電源落としたりする人いますが、絶対に禁止です。

うちはそれでスピーカー飛ばされました。
もちろん弁償です。

下手したら営業補償まで要求されます。
その日のライブが中止になったら10万円単位ですよ。
翌日以降のイベントも飛んだら、数十万…。

ブチッ!!!!
って、なるじゃない。

あれでスピーカーが壊れます。

終わったら、PAさんに抜いていいか、電源落としていいか、確認をとりましょう。

PAさんの方を見れば、何かしらのコンタクトを取ろうとしているかも知れません。
こっちを見てくれていない様なら、何か別の作業で忙しいはずです。
待ちましょう。

 

アコギも同様です。

自分の演奏が終わったらすぐさまコードを抜いちゃって、ブチッ!!!

アコギ系は中高年世代が多く、この人たちは機材の扱いが分かっていない人が本当に多い。
そして何度注意しても、なかなか覚えてもらえない人が…。

ちゃんとPAさんに、抜いていいかどうか確認をとりましょう。
まぁ若い頃はちゃんとしたPA機材なんて存在してなかったろうから、知る機会がなかったのはわかりますがね。

 

あと、何を勘違いしているのか、コップに入ったビールをステージに持ち込んで、普通に真空管の高級アンプの上に置く人…。

カッコイイとか思ってるのかしら。

もう、バカです。

それこぼしたら、アンプ壊れますよ?
つか、感電の危険すらある。
壊れたら弁償だし、ライブ中止なら営業補償ですよ。

高級アンプ壊しただけで普通に20万とか。

実際に置く人がいて、まさかまさかのびっくりクリビツです!!!
いい歳のオッサンだったんだけど、これまで、何を学んできたのか。
つか、今までよく、わからないままで生きてこられたな、と。

 

まぁ上記のものと重複するけど、基本ステージ上は水物禁止です。
つまり、飲み物を持ち込むなよ、と。

だって、電気使う機材が多いんだから。
こぼれたら、壊れるでしょ。

ステージドリンクは、持ち込んでいいのですよ。
でも、絶対にフタ付きのものだけです。
こぼれない様にしないとね。

ステージ上に飲み物タバコ持ち込み自由、っていうライブハウスもあるけど、レアケースです。
あるとしても、なんかアウトローが集まるハコだよね、そういう所って(笑)。

良い子は、やってはいけません。
良識ある大人も、やってはいけません。
つか、普通のライブハウスは、禁止だという前提で臨みましょう。

 

あとね、携帯電話をアンプ類の上に置く人。

これね、最近の問題です。
昔は携帯電話なんてなかったからね。

何が問題かっていうと、アンプの上に置いてある携帯に電話かかってきちゃうと、アンプがその電波を拾ってすげーノイズが出ちゃうのですよ。

ガガガガガガガガガガ…

みんな、え、え、何????
ってなるの。

わかってない人もいるので、知っておきたまえ。

 

以上、禁止事項で思いついたヤツです。

そんなの誰も教えてくれなかった、って思うかも知れないけど、常識だから誰もが知っている前提で、あえて言及はされなかったかもね。

でも、どこかで必ず言われているし、だからこそ多くの人がちゃんと知っている訳だし。
ネットで調べると、いろいろ出て来るかもね。

ライブにあと10人集客を増やそう

いいバンド、ありますよ。
観てて、あ〜このバンド、やり方変えればもっと集客できるのになぁ、とか思ったり。

もったいない!!

逆に、イマイチなバンドだけど(苦笑)、ここをなんとかするだけでお客さんが来ない原因を減らせるのになぁ、とかね。

 

ライブの集客目標30人!50人!100人!
っていうよりも、今よりも10人多く集客しようよ、っていう方が現実的かなと思いまして。

なので、今よりもあと10人多く、ライブに集客できるように考えましょう。

 

現状10人だったら、20人に増やせると。
現状5人だったら、15人に増やせると。

15人くらいだったら、例えばうちのブッキングでペイできるくらいのレベルです。

逆にすでに30人くらい集客できてる場合は、ここで述べるようなことは今更感満載かも。

 

やれることはたくさんあって、その中からできそうなことをピックアップしてやっていただければと思います。

簡単にできそうなことで、かつ効果が大きく期待できそうなことを先にやると、成果を実感できていいんじゃないかな。

 

そもそも、なんでお前にえらそーにそんなこと語られないといけないんだよ、ってお思いのあなた。

さーせん、アテクシ大したことない人間ですが、いつも言ってる通り、ハコのあるじとしてずっとおりますと、いろいろ見えるんです。

集客できてる人がなんで集客できるのか、集客できない人がなんで集客できないのか、その理由が見えるのよ!!

まぁ、マーケティングの基本の通り、とも言うかも。

 

もうね、箇条書きにして羅列していきます。

観ている人のために演奏しよう
 →自分本位の選曲は絶対にダメ
  観ている人が喜びそうな選曲を
  脈絡ない選曲にお客さんは満足しない
  メンバーそれぞれのやりたい曲ってのが脈絡なくなる原因
  オリジナルがダメとかそんなことは絶対にない

下手なボーカルは差し替えろ
 →ボーカルが下手なバンドほど観ていてキツイものはない
  下手な奴は辞めさせるかタンバリン振らせとけ
  下手でもせめてイケメンかかわい子ちゃんにしとこうよ

MCでは笑いを取れ
 →カッコつけても様にならないならせめて笑いを取れや
  グダグダMCは絶対に禁止
  恥ずかしそうにニタニタMCやってると逮捕するぞ

ステージ衣装を着よう
 →休日のお父さんみたいな格好はマジでアウト
  ダサオタ系の服装はもう死刑です
  できることならメンバーでコンセプトを揃える

会場に来てくれたお客さんに声をかけよう
 →自分たちを観に来てくれたなら知り合いじゃなくても絶対に声をかけろ
  対バンのお客さんでもそこにいるなら「ありがとうございます」くらい言え
  声をかけられると次に来てくれる可能性がグンと上がります
  できれば2度目以降の人は名前で呼んであげてね
  これは承認欲求を満たすという心理テクニックです
  名前を呼ばれるとみんな嬉しいのだ

告知の時は詳細をちゃんと伝える
 →詳細は調べておいてくださいだと誰も調べない
  場所と地図のリンクと出番の時間は必須
  自分たちがどんなことをやるのかも詳しく
  告知を見る側の労力をなるべく省いてやる

個別に連絡を取ってライブを観に来てくれるようにお願いする
 →SNSに告知して終わりじゃそりゃ来ないわ
  個人的な繋がりを感じるから観に来てくれる

打ち上げには行け
 →演奏して終わりとか今時の若者かよオイ
  打ち上げに行ってお客さんと交流しとけ
  音楽じゃない部分も活用することが必要
  打ち上げが目的でライブ観に来てくれるお客さんもいる
  それでいいじゃない
  プロじゃないんだから音楽だけで勝負するとかありえないだろ

アー写を用意しよう
 →これは受け売り
  よくわからんがアー写はあった方がいいらしい

バンドロゴを用意しよう
 →これも受け売り
  バンドロゴがあった方が本気度アピールできるのかな(笑)

バンドのコンセプトを今一度考えてみよう
 →どういうバンドなのか
  誰に観てもらいたいのか
  何を伝えたいのか
  どういう世界観を表現したいのか
  これはマーケティングの基本じゃ
  コンセプトが定まらないとアピールする相手も決まらない
  逆にアピールする相手を決めてからコンセプトを固めても良い

 

どっすか?

身もふたもないのもあるけど(笑)、これ、マジだから。
これらをなんとかすると、集客あと10人狙えるね。

やってみたらすぐに効果出るものも、ありますよ。
頑張って集客伸ばしてください!!

 

だがしかし、まぁ、ボーカル差し替えはハードル高いわな、人間関係的に。
しかも、リーダーがボーカルだったりしてね(笑)。 

くれぐれも、集客増やすつもりがそもそもないなら、別にやらなくていいですからね。
「ボーカル差し替えろ」って言われた、ひどい!!
みたいなの、マジで勘弁して下さい。

そのボーカルさんとバンドやること自体が目的なら、いいじゃないですか。
集客伸ばす必要ないなら、別にいっすよ。

それに、「できること」をやればいいんだから。
全部やれ、とか、集客あと10人伸ばさないバンドは許さない、とか、マジねーし。

ホント、被害妄想勘弁してね!!
お願い、お願い、お願い!!!!

「もっと言ってやって下さい」と頼まれる変な話

今回は変な話です。

ええ、変な話なんですよ(笑)。

 

まぁアテクシ店主は、土日祝日のライブの時にPAやっとるんですわ。

最近は「店員」としてはほぼ働いてないので、PA、兼、経営者、っつー感じ。
店主なのに、営業中はほとんど店にいないので、よくお客さんに怒られてます。

みんな、ワシに会いたいのね。
人気者は大変だゎ。

あ、でも、営業時間以外には結構いるのよ、ほぼ毎日出勤しとる。

 

でね、ライブする側の人間の一部にはスゲー嫌がられるっぽいんですけど、ちゃんとアドバイスするPAさんなのよ、ワシ。

そこは音を下げて下さい、そこは音を上げて下さい、そこは高音を削って下さい、低音をカットした方がよく聞こえてきますよ、的なアドバイスするのね。

だって、外音(そとおと)、つまりお客さんが聴いている音はバランス取れてた方がいいに決まってるっしょ。
その方が自分たちの演奏をちゃんと聴いてもらえるしね。

カッコ良く見せたいなら、ちゃんと演奏が伝わる形にした方がいいですよね、当然。

で、モニターが聞こえないっていうんだったら、音質を変えねて、とか。
例えばベースってね、低音ばかり出すと、聞こえづらくなるのですよ。

んで、やっぱり中には「いちいちうるせーんだよ」みたいな態度の人もいます。
残念ながら。

まぁ、「お金払って出演してるオレはお客さまなんだぞ、オレのやりたい様にやらせろぃ」的なアレっす。

 

でね、とても多いのが、自分のモニターする音が聞こえないからっていうのもあるだろうけど、自分の音を気持ちよく聞きたい、的な理由で爆音出しちゃう人。

自分の音を気持ちよく聞くって、ライブじゃ無理だから…。
そんなん、部屋でやってろ。

 

まぁ、そんなことをグチグチ言うためにこれ書いてないので、割愛。

 

で、音量下げて下さい、的なアドバイスした時によく言われるのが「よく言ってくれました、コイツいつもそうなんですよ」っていう他のメンバーからの返し(笑)。

バンドメンバーからも、いつもうるさいと思われてたんですなぁ…。
でも、言われても改めないんでしょうなぁ、この人。

そこで、ライブという場でPAさんから客観的な意見が出ると、「ほら、やっぱりそうだろ」って、なる訳ですわ。

まぁ、こちらはそれで食ってるんだから、説得力あると思うのよ。
プロの正しい意見、という風にとっていただける。

「もっと言ってやって下さい」とか、バンドメンバーにお願いされたりします(笑)。

 

ね、変でしょ!!!

 

こういうことが、本当に多いんですよ。

みんながうるせーなーと思ってるのに、改めない人がいる。
なんか、笑える!!!

 

例えば、よく言われてますけど、ボーカルさんの音量をPAで上げるのには限界があるから、楽器隊は音量を落としましょうね、ってのありますよね。

中音(なかおと)、つまりモニターがよく聞こえないのは、誰かが音を出しすぎているからなんですよ。

ボーカルさんのモニターが聞こえない原因も、誰か1人の爆音だったりします。

誰かが爆音出してるから、他の楽器隊の誰かが自分の音を聞き取りづらくて、自分の音量を上げる。
そしたら「なんだ、自分の音が聞こえづらくなったぞ」つってまた音量を上げる人が出てくる。

そうして、全員が爆音を出して、結局誰もモニターが聞こえなくなる…。

ボーカルさんのモニターなんて、早い段階で一切聞こえなくなるっす。
つか、ボーカルさんの外音も、もう聞こえないっす!!

あの〜、音量でかいとモニター聞こえないの、当たり前っすよ。
人間の耳の限界超えたら、そりゃ聞こえんわぃ…。

 

だから、武道館クラスで演奏するのは、かなり難しい訳ですよ。
本当に実力者じゃないと、できない。

大会場でやるには必然的に音量がでかくなる、そうするとモニターしづらくなる、そうなると自分の音を聞き分ける能力が高くないと演奏できない、っつー訳。

 

ということで、不必要な爆音、やめようね!

そしたらPAさん的にもバランスを取り易いし、演奏者もモニターをし易くなるのですよ。

少なくともあなた以外のメンバーは、あなたに音量を下げたもらった方が助かるのね(笑)、わかるかしら?

 

でね、SNSで書き込まれてたんですけど、PAさんがアドバイスしてくれるハコは少ないそうな。

具体的には「そこは削った方がいい」的なことを言ってくれるところが少ない、そしてそれを言ってくれるのはありがたい、とのことです。

それに対するコメントで、「いちいち何か言ってくるPAのことなんて、無視」的なのもありました(笑)。

出たー、この人メンドクサイ「お客さま」だ!!

 

他のハコの事情は知りませんが、やっぱり「出演者=お客さま」という考えで、メンドクサイ地雷は踏まない、っていうことなのかなとは思ってます。

が、そこら辺、匿名でいいので誰か真相を教えて欲しいっす(笑)。

 

でね、人のアドバイスは、聞いた方がいいと思いますよ。

バンドのメンバーは、そりゃあまりにもバランス悪いだろってことで、音を下げろと言っている訳。
1人の爆音のために、多分いつもモニターもしづらいんだろうね。

それを聞かない、って、なんじゃそりゃ(笑)。
現代人ならではなのか、それとも勝手なヤツは古今東西いるのか…。

PAから言われなくても、メンバーの意見を聞いてやって下さいよ。
まぁ、PAから言われても改めない様な幼稚なタイプよりは、だいぶマシだけど(笑)。

 

あー、でもワシも思い出した。

バンドやってる時、みんなで入るスタジオ練習でいつも爆音出してるメンバーがいたのです。
まぁアマチュア志向だし、こっちも本気じゃないし(←オイ)、やりたい様にやらせておけ、と。

でもライブの時にPAさんに「もっと下げて下さい」って言われてて、「え?オレの音でかい?」とかぬかしてやがるから、「いつもうるせーよ」ってボソッと言ってやったのょ(笑)。

まぁPAさんに「もっと言ってやって下さい」とかは言わなかったけど、言ってくれてよかったとは思いますた。

溜飲?
下げましたが、ナニか??

 

あっ、もしかしてっ、皆さんも普段の練習では言わないのかな?
メンドクサイことになるのを避けるために、やりたい様にやらせておく?

少なくともワシの場合は、そうだった。
相手は別にメンドクサイタイプの人間ではなかったので、揉めたりすることはあり得なかったけど、波風立ててまでは言いたくなかったのですよ。

で、PAさんが代弁してくれて、ありがたかった、的な(笑)。
「よく言ってくれました」と!

 

以上、賛否色々出てきそうな、変な話でした(笑)。

ライブするのを止めてもらえないだろうか っていうアレ問題

話題のブログ「動員の少ないバンドはライブするのを止めてもらえないだろうか」に、ライブハウスオーナーが答えてみた、を受けて、小さなハコのオーナーであるワシも、自分の意見をちょこっとだけ書いてみる。 

  

海保けんたろーさんという方が、ご自身のブログの中で「動員の少ないバンドはライブするのを止めてもらえないだろうか」ということをおっしゃっていて、それが物議を醸して、ご本人はブログで改めて釈明することになったっぽい。 

まぁ、言いたいことはわかります。 
意見として、そういうものが出てきても不思議ではないという内容です。 

ご本人が反省している通り、タイトルが攻めすぎましたなぁ。 
これ、敵作りそうな言葉だもんね(笑)。 

   

これがホットな話題だった時に、GROWLYっていうライブハウスの社長さんが、アンサーブログを書いたのでした。 

そのタイトルが、一番上に書いた、「話題のブログ『動員の少ないバンドはライブするのを止めてもらえないだろうか』に、ライブハウスオーナーが答えてみた」です。 

   

それぞれの記事に関しては、めんどくさいかもしんないけど、各自読んでくだせい。 
それか、話題になったから、もうみんな読んでるかな?? 

  

ライブハウス云々を語る人たちは、それぞれが日本のライブ文化を向上させたいという気持ちなんだろうね。 
みんな、ご自身の文章の中でそういう風に書いてる。 

ワシもハコを運営する立場だから、いろいろ調べていて、いろんな文章を読んでおりますよ。 

で、よく出てくるのが、下手な奴はライブすんな、的な意見。 

今回の海保さんの意見は「下手」をどうのこうの言っている訳ではなく、「集客できないなら」ってことだけど、まぁ同じ様な方向性なのかな、論としては。 

  

みなさんおっしゃってることの真意は、ダメなバンドがライブやってるから、ライブイベントの価値が下がり、ライブハウスに行った人間が幻滅して、もう二度とライブになんか行きたくないって思ってしまい、ちゃんとしているバンドも一緒くたにされて迷惑を被る、というもの。 

   

海保さんも、この流れです、多分。 

  

日本のライブシーンを盛り上げるには、質の高いものだけを提供しようよ、っていう、むしろポジティブなもの、のはずだった…。 

だが、ダメな奴はライブするな、下手な奴はライブするな、って、強烈な言葉が世間をざわつかせる(笑)。 

  

で、アンサーブログでGROWLYの社長さんは、まぁ、海保さんの言葉足らずのところを突っ込みつつ、概ね同意しながら、細かいところを明確にしようとしています。 

別に、真っ向から反対意見を言ってる訳ではないです。 

  

ただ、海保さんがハコの運営云々と言及しているところには、ハコの事情がわかってないよね、って感じで突っ込んでます。 

同じくハコやってる側の人間としては、GROWLYの社長、さすが!!って、思う訳です。 

   

要は、木を見て森を見ず、みたいなことでは話はいい形ではまとまらないですってこと。 
自分視点だけで物事を見ていると、問題は解決しないよね。 

  

つまり、海保さん的な、ハコの運営がわからない(だろう)人の意見は、ハコの運営をしている人間からすると、偏っている様に感じる訳。 

まぁ、ハコを運営したことない人間がハコを論じると、ちょっとおかしなことになるってのは、ここのブログでだいぶ前に書いた内容でも、論じますた。 

    

で、ワシ的にも海保さんに突っ込ませていただきます。 
さーせん。 

別に攻撃の意図は全くないです。 
海保さんだけではなく、いろいろ論じている人の多くに向けてです。 

  

まず、市場の原理を無視するな。 
ということ。 

  

これ、かなり大事!! 

  

ライブハウスのノルマ問題もそうですけど、それで需要があるんだから、供給して経済活動をするのは当たり前。 

ライブをやりたい人がいるんです。 

そこにノルマがあってもやりたい。 
集客できなくてもやりたい。
集客するつもりがなくても、やりたい。 

  

これは、需給バランスが成り立っているものなので、否定すること自体がおかしな話だろ。 

  

ノルマをやめろとか、下手はライブをするなとかっていうのは、 

「オレはお前のところのラーメンが嫌いなんだよ、もう売るな!!」 
「あそこのラーメンはまずいって言ってんだよ、なんでお前食いに行くんだよ!!」 

とか言ってんのと、同じレベル。 

  

もう、言いがかりレベルだな。 
まぁ海保さんに関しては、もっとソフトな言い方だから、言いがかりとは思わないけどね。

  

ラーメン売ったっていいじゃん。 
それを欲しいって言って、買う人がいるんだから。 

  

カラオケに、お金払って入って歌う人も、否定する?? 

お金払って入って、歌いたいんだよ。 
何がダメかね?? 

  

論じると長くなりますが、前に書いたブログで概ね書いているので興味あったら読んでくだせい。 

  

まぁ、とにかく、ライブハウスの件数も、今のライブハウスの現状も、全てが理由があってそうなっている訳ですよ。 

合理性があるから、そこに落ち着いている訳。 

それを、自分視点だけで考えて、あれをやめろ、お前らはやるな、これをやれ、的な話は無理がありますなぁ。 

  

木を見たんだったら、森も一緒に見ろよ!ってことす。 

  

そして、次のこともかなり大事です。 

GROWLYの社長は知ってらっしゃるかは知らんが、日本人はそもそも文化が違うので、外国のライブハウスの様にはならんよ、と。 

まぁ、外国かどうかは知らんが、皆さんのおっしゃる理想郷はちょっと無理なんじゃないかと。 

  

とにかく日本人は、音楽を聴きたいとは思っていない文化です。 

その内容に関しては、店主のかつてのブログで書いておるので、重複を避けます。 

  

あーでも怖いなぁ。 

過去ブログ読まないで、言葉尻とって難癖つけてくるヤツがぜってー出てくる気がする…(苦笑)。 

  

少し補足しとくけど、要は、欧米系の外国人とかって「音楽が鳴っている」環境を楽しみたいっていう文化なのに対して、日本人の場合は、うるさいのは嫌だから近づかないっていう人が多いってことです。 

過去のブログでも触れてますが、生演奏自体を聴きたい訳じゃないんですよ、日本人の場合。 
有名ミュージシャンのライブなら、高い金払って行きたがりますが。 

  

外国人は、生演奏ってだけで、楽しもうとするんですよ。 
有名人じゃなくても、生で演奏されていること自体が、楽しみ。 

  

そういう意味で、日本人は音楽を聴きたいとは思っていない文化ですよ、と。 

  

以上の2点が、ワシの言いたいこと!! 

  

  

大事な2点、改めて。 

   市場原理を無視するな 

  日本人は音楽を聴きたいと思っていない 

  

  

ここだけ読んで勘違いしようとしている人、マジで頼むから、必ずかつてのブログ読んでね! 
めんどくさい人、キライ…。

つか、「日本人は音楽を聴きたいと思っていない」に関しては、改めて長文を書きたいと思っているけどね。 

  

で、海保さん他、同じ様な意見の皆さまに言いたいのは、一部の人たちにライブをさせなかったからといって、何かが変わるということもないと思います、ってこと。 

だって、「ライブするのを止めてもらえないだろうか」の対象のバンドが「いわゆる」ライブハウスに出なくなっても、形態の違う他のハコから「じゃうちに出ますか?」って話になるし。 

確かにライブハウスに出るのを止めてくれたかも知れないけど、違う形で生のパフォーマンスはする訳ですよ、どこかで。 

出たいという需要がある限り、誰かがその場を供給しますよ、自由経済なんだから。 

  

で、その今までのライブハウスとは違う形態のものが、今後のライブの中心的な「場」になって行ったりね。 

だって、みんながそっちに出る様になれば、そっちの経済が潤うんだから、それが既存の「ライブハウス」に取って代わって、実質的なライブハウスになっていく可能性は高いでしょ、市場の原理として。 

  

逆に、ライブハウスという供給があるんだから、新たな「海保さんたちが納得しない様な」バンドが現れて、ライブをするというのもあると思いますよ。 

ハコ側だって、生き残りのために新たな出演者を発掘するだろうし。 

  

そもそも海保さんの意見の通りになって、ライブハウスの件数が減ったら、サービスは向上するどころか、絶対に悪化するだろ(笑)。 

  

そんなの当たり前の話です。 

供給が減れば、供給側の競争もなくなる。 
サービス良くする理由がなくなる。 

  

まぁ、そういうことも全て考えた上で意見をされた方が、明らかに建設的で現実的だと思いますよ。 

海保さんだけの話じゃないっす。 

自分視点でしかものを見ていない片手落ちの残念な理論展開が、ブログ界隈には多い気がします。 
まぁブログってのは個人的なものだから、仕方ないけどね。

  

木を見たら、森も見ようね! 

  

で、まとめると、ハコ側が出演者の調整をすればいいだけの話ですよ。 
と、思うのですよ。

うちはいいアーティストしか出さない、でもいいし、この日はいいアーティストしか出さない、でもいいし。 

  

そもそも多くのハコが、すでに色々考えてブッキングしているはずだと思うのよね。 

人気バンドばかりじゃないブッキングがあるとすれば、それは、人気バンドとそうでないバンドを、バランス取るために織り交ぜてる可能性もあると思いますよ。 

  

だって、収容人数には限りがあるんだから、偏ったら機会損失になるしね。 

例えば200人規模のハコが、150人呼べるバンドを2つも3つも入れるケースって、あんまりないだろ。 

だから必ずしも、ノルマ達成できるバンドばかりが出演すべきだ、という話にはならんのだ。 

  

ライブハウスってのは、経済活動なんだよ。 
一部の人を納得させるためだけに存在しているんじゃないっす。
主に、自身の利益のためにビジネスをやっております。 

すんませんが、あなたの理想郷は、他者に期待しないで、あなたの手で作って下さいませ。 

  

あ、ちなみに、うちはライブハウスじゃなくて、ライブバーです。 
小規模なので、海保さんのおっしゃってるライブハウスにはカテゴライズされませんです。 

  

よって、集客できなくても、出演してオッケー(笑)!! 

  

が、全く集客するつもりのないバンドさんだと、「なんでこの人たち、ライブやるのかなぁ?」って思ったりもします(笑)。 

まぁ、カラオケと一緒な感じなのかな、とも思ったりするんですが。 
一応誰かの観てるところで、やりたい的な!