アコギの人の心得

ライブに挑むにあたり、アコギの人が覚えておくべきこと。

アコギの人問題、これ、ものすごく問題です(苦笑)。
エレアコを持ってくる人がいますが、とにかくバンド慣れ、機材慣れしてない人が多いんですね。
一人で家で弾き語りして楽しめるからか、どこかの店で機材を使うということに慣れていなくて、残念ながらものすごくマナーの悪い人が多いのが、このアコギ系の人たちなんです。

 

シールドは自分のものを持って来ましょう

まずアコギ系の人たちに限っては、自分のシールドを持って来ない人が圧倒的に多いんですね。
結線してアンプとかPAから音を出す、という発想があまりない。
だから、必要な機材であるはずのシールドすら持って来ない…。
他のパートの人は、普通に皆さんご自分のシールドを持ってきます。

この、シールドを持って来ないということが、問題を引き起こします。

通常はライブハウスでエレアコを使う場合は、アンプやPAにつないで音を出します。
アコギ系しかやらない様なものすごく小さいハコなら、それこそおもちゃみたいなアンプやPAなので、壊してもいい、くらいな感覚でどう扱っても構わないから(本当はダメですよ)、そんなに問題は起きないし、ハコ側も気にしていません。

でも、ちゃんとしたライブハウスだと、アンプやPAはとても出力が上がっています。
ここに、機材の扱いがわからない人が適当なことをやると、スピーカーを飛ばしたりなど、問題を引き起こすことになるんです。

どういうことかというと、

 自分のシールドを持って来ない
       ↓
 自分の演奏が終わる
       ↓
 自分のシールドじゃないから
 PAに確認することなく
 いち早くギターからシールドを抜きたがる

ということが起きます…。
これ、スピーカーを飛ばす機材破損コースです。

自分のシールドを持って来ていれば、普通はそんなことはしないんです。
自分のじゃないから、シールドをいち早く抜きたがる。
そして、経験としてせいぜい小規模の機材のハコでしか演奏してないから、PAさんにちゃんと確認してからじゃないとシールドを抜いちゃいけないということが、全然わかってないんです。

わかりますかね?
アコースティック専門を名乗っている小規模のハコって、そのおもちゃみたいなレベルのPAシステムを利用者がどう扱おうと、ハコ側も気にしていません。
だから、演奏が終わっていきなりシールドを抜く様な迷惑利用者に対して、何のリアクションもないんです。

そんな状況なので、アコギ系の人の中には、それでいいと思っている人が少なからずいるんですね。

そして同じ人が、何度注意しても、何回も何回も何回もこれをやるんですよ(苦笑)。
習慣て、怖い…。

 

シールドは、絶対に持ってきましょうね。
そして、仮に忘れてしまったとしても、機材の扱いは慎重に行いましょう。

演奏終了後にいきなりシールドを抜いても大丈夫なのは、機材のしょぼい店の場合のみです(本当はダメですよ)。
普通のライブハウスの音量だと、大事故の原因になります。
自分の演奏が終わってシールドを抜きたい場合は、必ずPAさんに、抜いてもいいのかの確認を取ってからにして下さい。
これは絶対に守らなくてはならないことです。

繰り返します。

アコギの人は、自分のシールドを絶対に持ってきて下さい。
そしてシールドを抜く時は、必ずPAさんに確認を取って下さい。

Top