ライブハウスはミュージシャンなんて育てない

TOP1

昨今のライブハウス事情について、最近のライブハウスはミュージシャンを育てない、ミュージシャンに客集めをさせて怠慢だ、客はライブハウスが集めるべきだ、的な話がネット上に書かれていて、それに対する賛否の意見がネットで飛び交ったりもしています。

昔はそんなことはなかった、昔はよかった!
ってことなんでしょうね。

でもね、もう、そういう時代じゃないんですよね。

 

ミュージシャンは溢れている

つまり、「昔」はミュージシャンが不足していた、市場は質の高いミュージシャン現れることを求めていた、誰かが「これから」のミュージシャンを育てる必要があってそれを担っていたのがライブハウスだった、ということですよね。
それは、その時代はそうだった、ということです。

現在はすっかり市場も成熟しきっていて、ミュージシャンも余ってるわ、ミュージシャンになりたい若者も溢れかえってるわ、音楽学校で何でも教えてくれるわ、調べようと思えば何でもネットで調べられる世の中になったわで、「その昔」とは全く状況が違う訳です。

その上ライブハウスだって余っていて、生き残りのために市場の要求に忠実にならざるを得ない。
その結果が、ミュージシャンを育てないし、出演者にノルマを課すし、ということなんですね。

どういうことかというと、まずミュージシャンがライブハウスに育ててもらおうと思っていない、というのが第一。

プロを目指している若い人達は数多ある音楽学校に通ったりしているし、学校に行ってなくても知りたい情報は大体ネットで手に入る。
なんなら、育てると称して上から目線で偉そうに余計なことを言ってくるオッサンは、迷惑だったりもする。

そもそも今現在存在するバンドのほとんどが、プロを目指しているということではなく、社会人が趣味でやっているに過ぎない。
今やバンドと言っても趣味のコピバンがほとんどだし、興行で稼ごうなんていう気もなく、純粋に自己満足でライブハウスで演奏したいだけ。

そういうことなんですよ。

 

趣味でやってるんだから

趣味の人達がライブハウスで演奏することを希望するのは、純粋に自己満足のためだし、お金を払ってでも会場を借りて、身内の前でカッコよく演奏したいだけですよね。
ということは、お金を払って会場を使う、ということがおかしなことでもなんでもなく、市場の要求に事業者側が応えているだけ、な訳ですな。

そう、「お金を払うから演奏させてくれ」「演奏させてあげるからお金を下さい」というのが普通に成り立っているのです。
一部の出演者を除いては、ライブハウス側が集客するのは全くもってムリ。
だって、出演者は「観客にとって何か素敵なこと」をやってくれる訳ではなく、自分たちが楽しみたいだけなのだから。

そこへ来て、ミュージシャンを育てろとか、ノルマを課すなとか、ライブハウス側が集客しないのは怠慢だとかいうのは、全くもっておかしな話なんですよね。
だって、現在のライブハウスのほとんどが、市場の要求に応えてこの形になっただけなんだから。

もちろん、次世代ミュージシャンを育てるべく、色々アドバイスしているブッキングマネージャーとか店長とかは、いまだにいると思いますよ。
それはそれでいていいし、逆にみんながそうである必要もないし、と思います。

今や大多数のライブハウスは、趣味でやってるコピバンの受け皿に過ぎな訳で、ミュージシャンを育てるなんていう発想は、もはや必要とされてませんよね。
そして趣味でやってるコピバンの受け皿だとすれば、集客を出演者側に求める「ノルマ制」で、いいはずです。

ということで、どうでしょうか(笑)?

Top