ライブは観てもらうものでしょ

アマチュアミュージシャンにとってライブは、日頃の練習成果の発表の場であり、基本、自己満足のためにやっているものと思います。
おそらくライブをやる多くの人が、自分の演奏を観てもらいたいから来て欲しい、ってことでお客さんを呼ぼうとしてますよね。

でもそれって、あなたの都合…。

もし観に来てくれたお客さんが、ただ単にあなたの都合で呼ばれてそれにお付き合いさせられるだけなんだとしたら、かわいそうです(笑)。

 

本来ライブっていうのは、ショーですよね!
ライブはショーなんだから、観に来てくれる人のために、できる範囲でクオリティの高いものを提供するべきなんですよ。
もちろんそれを考えて、とにかく演奏の完成度を上げる人、趣向を凝らす人、トークで盛り上げる人、色々いますし、そのレベルも様々です。

でも、見ていて、マジ、自己満足だけで完結しちゃっているバンドさんがあまりにも多いなぁと感じるんです。
全くお客さんの満足度を考えてないとか、考えてても全然足りてないとか。

みなさん今一度、ライブを誰のためにやるのか、考えた方がいいんじゃないでしょうか。
もちろん自分たちがやりたいからやるんだけど、ライブはショーなんだし、ショーとしてやるからには観客を最優先させないといけないと思うんですよ。

観客は何が楽しいのか、どうすれば満足するのか、何をもってまた来たいと思ってくれるのか。

もちろんアマチュアのコピバンは自己満足が一番の目的だと思うし、それはそれでいいと思ってますよ。
自分が好きな曲、自分が憧れるアーティストの曲、を、ただ演奏したいだけ、で、いいとは思います。

バンドを組んだ経緯は、それで全く問題ない。

ただ、ライブをやる、そして来てくれた人にお金を払わせる、のであれば、ライブが本来はショーであることを、忘れないで欲しいと思うんです。

ステージに立つんですよね?
観てもらうんですよね?
お金取るんですよね?

だったら、自己満足で完結した発表会レベルじゃ、ダメなんじゃないの?
観ていて、楽しいと思わせるステージングって、必要だと思うんです。

ライブに誘っても、みんな都合が悪いとかなんとか理由つけて来ないとすれば、それはあなたのライブの目的が間違っているから、と断言します!!
つまり、あなたの自己満足のためだけに誘っているのか、観客が観たいと思えるものを提供できるから来てくれてと誘っているのか、の違いです。

「誘ったんだけど、みんな都合悪くて」ってセリフ、よく聞きます。

でも、あなたも、先方が断るための理由をつけてるだけだって、気づいてますよね(笑)?
忙しいんじゃなくて、そのライブに来たくないから、用事を作ってるんです。 

なぜなら、楽しくもないものにお金と時間を取られるのは、誰だって嫌だからです。
あなたもそうでしょうし、店主もそうですし、みんなそうなんです。

 

観てもらう前提で選曲を

例えばコンセプトもなしに、ただ雑多にメンバーそれぞれのやりたい曲を寄せ集めてやっているだけ、っていうのは、ホント、観ていてつまらないです。
演奏が下手なのは仕方ないとしても、観客が何なら観たいと思ってくれるのかということを完全に無視なのは、よくないですね。
あと、MCも何も考えてなくて、ヘラヘラグダグダやっているのも論外です。

もちろん、ステージに慣れていかないと色々余裕もないだろうし、徐々によくしていくしかないんだけど、それにしても、観客のことを全く考えないで自己満足で完結するというのを何回も繰り返しているだけというのは、よくないと思いますよ。

観客のことを全く考えていない様なつまらないバンドは、集客でも苦戦するはずです。
だって、次も観たいって思わせられないんだもん。

観ていて楽しいバンド、次もまた観たいって思うバンドがどんなものなのか、個人的な意見ではありますが、書かせていただきます。

 

どういうバンドなら観てもらえるのか

まず、コンセプトがはっきりしているバンド。
誰かのコピバンではあっても、もうリスペクトとかが感じられるくらいの人たち。
上手いとか、似ているとか、そのアーティストの良さを知ってもらいたいという熱意とか、ね。
モノマネはモノマネで、とても楽しい!

逆に、楽曲を自分たちのカラーに仕上げているバンドもいいと思います。
いろんなアーティストの曲で構わないんだけど、それを見事に統一したカラーでカバーしている、とかね。

そして、衣装は、とても大事。
統一感のない衣装(衣装とも言えない普段着)のバンドがとても多いですが、ホント、ショーであることを全く考えていない結果だよな…。

何かのコピバンなら、そのオリジナルのアーティストを想像させる様な格好をするべき。
色の統一でもいいし、少なくともテイストを合わせて欲しいもんです。

ユニ◯ロファッションみたいなのは、本当に良くないと思います(笑)。

ショーなんだから、見た目は大事ですよ!
お金取るんでしょ?
せめて、「ハレの場」に出るだけの格好はして欲しい。

 

MCはとても大事

そして、MCはとても大事。

アマチュアのコピバンなら、できればMCで笑いを取るべきかと。
本物のアーティストさんなら、カッコつけてMCやっていいと思います。
でも、コピバンでカッコつけるのは、どうかと…(苦笑)。
しっかりとご本家のコピーをしてカッコつけてるのは場合によっては様になりますが、基本、コピバンのカッコつけは寒いです(笑)。

まぁ、笑いが取れないにしても、MCがちゃんとしているバンドの方がいいですね。

この他、アマチュアのコピバンでも、とてもいいと思った例を述べます。

まず、演奏時に、フォーメーションとか決めのポーズとかが、あるバンド。
ショーであることをちゃんと意識していて、そのポーズの時に観客はみんな一斉に写真を撮るんですよ(笑)。
フォトジェニック!
今で言うところの、インスタ映えなバンド。

そして、曲の一部を、替え歌にしていたり別の曲をわざと混ぜたりして、予想外の変化を提供して観客を楽しませよう、っていう意識がちゃんとあるバンド。
予想外の展開というのは、観ていて本当に楽しい!

そして、MC等で、ちゃんと笑いを取ろうとネタを用意しているバンド。
単純に、ライブに参加できていることを楽しめます。
あえてマジな感じのカッコつけMCが、ものすごく笑いを誘う、とかね。
お笑い芸人「ぺこぱ」みたいな感じで(笑)。

あと、すごいと思ったのが、MCの台本を全部書いている人。
何組かそういう人たちを見ましたが、これ、すごくいいです。
そこまでやれば、グダグダMCになることは絶対にないですね。

そして、観客みんなが参加できる「フリ」「踊り」が決まっているバンド、というのも聞いたことがあります。
曲によってはフリがあって、それに参加する事が楽しいんだ、というのを観客の立場の人から聞きました(コピバンではないですが…)。

これらは、観てくれている人のことを考えればこそ、ですよ。
ライブは、ショーである、これ、皆さんちゃんと理解して考えて欲しいです。

 

カツラとかの小物も大事

んでね、最後に。

えっと、ドン・◯ホーテあたりで買ってきた1,000円くらいのカツラは、あれはマジでやめた方がいいです(笑)。
クオリティの低いものなら、被らない方がマシ。

カツラは、5,000円くらいの予算をみて欲しいです。

あ、これらは全て、アマチュアのコピバンの話ですからね。
未来のロックスター、みたいな人達のことは、全く想定しておりません。

Top